音楽

2017年6月18日 (日)

KALAPANA LIVE (2000.7.3)

私がKALAPANAのライブに行ったのは、2000年7月のこと。

Img533

沖縄本島の北部、カヌチャベイリゾートの3周年アニバーサリー企画として、プールサイドでのライブが行われたのです(ただし当日は天候不順のため、会場は変更になりました)。

KALAPANAは70年代にハワイでデビューし、当時、サーフロックと呼ばれ人気を博しました。私は、このバンドのマラニ・ビルユーとマッキーフェアリー二人のボーカルが大好き。マラニは、ビーチに吹くそよ風のような優しい歌声、マッキーは、都会的な甘い歌声。特に私はマッキーのファンでした。

しかしチラシを見てみると、マッキーの姿がない。一抹の不安を覚えながらも会場へ向かいました。

会場に着くと、バンドはちょうどリハーサルの最中。そばにいた日本人スタッフにマッキーのことを尋ねると、なんと、亡くなったとのこたえが。後でわかったことですが、薬物使用で服役中の獄中自殺だったそうです。

Sn3s1759  

 

 一番左がマッキー、右から二人目がマラニ。

ライブでは、サポートメンバーが歌うマッキーの曲を聴いて、涙があふれました。

Sn3s1757

これは、我が家のKALAPANAコレクション。CD11枚、DVD1枚、LPも1枚。

マッキーが歌う私のお気に入りは、“Night bird” “I remember you” “Moon & stars” “The hurt” “Seaside M”です。多くはYou tubeで聴けるので、興味のある方はどうぞ。

Sn3s1758

もう一つ、オススメなのが、マッキーのソロアルバム“romantic story 11:30p.m.”です。多分、日本版は今はもう廃盤になっているかと思いますが、甘いメロディーのいい曲満載です。Amazonで検索しても出て来ないので、ハワイに行っても買えないかな~。

ちなみに、5人で写っている写真の真ん中は日本人のベーシスト、Kenji Sano氏です。Kenji氏は、EXILEのライブツアーでミュージックディレクターも務めているのだそうです。KALAPANAのメンバーの皆さんはお元気なようで、そろそろ新しい音を聴かせてほしいものです。


 

|

2017年3月 5日 (日)

桜坂アサイラム2017

もう2週間も前の話ですが、2月19日はSAKURAZAKA ASYLUMに行ってきました。

Tumblr_ohgte6h7et1vle0fwo1_250

この日見たのは、まず最初に柳下美恵さんの「ピアノ de シネマ」。柳下さんはサイレント映画に音楽をつけるピアニストで、映像を見ながらの即興演奏なのだそうです。サイレント映画には音声という情報源がないので、映像だけが頼りになりますが、そこにピアノが加わるとよりイマジネーションが拡がりをみせます。それにしても、1時間以上の即興演奏は、忍耐力と音楽の技術・知識が相当なければできないことだと思います。

柳下さんのあとは、会場を近くの喫茶店に移して、むぎのライブです。

Sn3s1508

Tumblr_ohgrkqafdu1vle0fwo1_250

Img_0843

開演10分くらい前に喫茶店に着くと、すでにほぼ満員。どうにか一番後ろで見られはしましたが、ちょっと油断してました。むぎは、マルチーズロックのドラマーだった米須さんが、死んでしまった飼い猫のむぎをこの世によみがえらせたものです。

Img_0845

代表曲は、「AとBと」(エイトビートとかけている)や「上がってく音頭」(地球の温度が上昇していることを憂える歌。温度と音頭をかけている)などで、社会的な関心ごとなどを卓越した言葉のセンスで歌うスペシャリストです。木琴がものすごく上手です。興味のあるかたはYou tubeでどうぞ。

Sn3s1550

Sn3s1551

CD(¥1000)と、ステッカー&バッジのセット(¥500)を買っちゃいました。

Sn3s1510

ライブ終了後、記念撮影をしてもらいました。最近、県外でもライブも増えてきているそうで、いつまでこうして記念撮影をしてもらえるか少し不安です。

Sn3s1512

Sn3s15151

劇場向かいの希望が丘公園では、ライブあり、(上の赤い衣装の方は、「さよなら原発、もう戻ってこないでね」というような歌を歌っていました。)

Sn3s15161

出店あり、

Sn3s1518

劇場入口でもライブあり、と大変な賑わいを見せていました。2月の中旬だというのに、さほど寒くもなく、天気も良かったので幸いでした。公園の周辺は、普段の生活で私があまり接することがないであろう風貌の方々が多く、興味深いです。

Sn3s1523

少し間が空いて、次はタテタカコさんのライブです。この日のライブは、画家の足田メロウさんとのコラボで、演奏中にメロウさんが作品を描き、その映像がスクリーンに映し出されます。

Tumblr_ohgrc35pyf1vle0fwo1_250

タテタカコさんは、たびたび桜坂劇場でライブをしていたのは知っていたのですが、どんな音楽をされる方なのか知りませんでした。よく見る写真では、金髪や坊主頭だったので、てっきりパンクロックなお方だと思っていたのですが、実際は、ピアノでの弾き語りをするとても心に染みる音楽でした。You tubeでは「宝石」「卑怯者」「テクテク、イキテク、アルイテク」などが聴け、そのうちこの日のライブでは「宝石」と「テクテク~」を歌ってくれました。聞くところによると、素顔は結構天然らしいのですが、ステージ上の姿は、とても繊細そうな方でした。

Sn3s1524

Img463


ラストは、マルチーズロック+ALKDOのライブでしたが、あいにく開演が遅れたため、最後まで観ることができませんでした。ALKDOのファンもかなり多かったようで、彼らはかなりエキサイトしていましたが、私はALKDOの音楽を全く知らなかったため、少し気後れしてしまったのもまた事実です。

いずれにしても、この日は4組のライブに接することができました。公園だけでもライブ+出店で十分楽しいので、行ったことのない人はぜひ。






| | コメント (0)

2017年2月26日 (日)

聖クララ教会新春文化コンサート

2月18日は、与那原町にある聖クララ教会でのコンサートに行って来ました。

Sn3s1502

聖クララ教会は、貴重な歴史的建造物なのだそうです。

Img_0839


Sn3s1503

Img514

この日の出演は、ヴァイオリンが海勢頭愛さんと新垣好美さん、ピアノが奥平めぐみさん、ソプラノが宮城陽子さん、テノールが城間正さん。

この日のコンサートは、第一部でパッヘルベルのカノンやグノーのアヴェマリアなどおなじみのクラシックが演奏され、第二部ではさくらさくら変奏曲、ロシア民謡の黒い瞳などが演奏されました。私が特に気に入ったのは、モーツァルトの教会ソナタと海勢頭豊さんの海の子守歌。

Sn3s1506

約2時間の教会でのコンサート。心まで美しくなったように感じるのは気のせいでないことを祈ります。

Img_0842

とっぷりと日が暮れた夜空に美しく映える教会をあとにします。

| | コメント (0)

2016年11月11日 (金)

ダウンタウンパレード

 今日は、このところ私の心を鷲づかみにしているアルバムを紹介します。アルバ ムタイトルは「ダウンタウンパレード」。

Img461

演奏は「マルチーズロック」です。このバンドの最大の売りは、もりとさんのしわがれただみ声。それは、たとえて言うならロッドスチュワートのハスキーボイスなどというレベルを超え、永遠の不良少年と言われたブライアンアダムスが、本当に極道の道に進んでしまったような(失礼!)野太い、地を這うような声です。音楽は、民族音楽のようでもあり、ありとあらゆるジャンルを超越した、たとえが非常に難しい、今まで経験したことのないようなものです。マイナー調のダークなメロディが多いのですが、うねるリズムと変幻自在のメロディが聞く者を飽きさせません。ダークなメロディにサックスが絡んでくるところなどはキングクリムゾンのようでもあり、変幻自在のメロディとリズムはジェネシスやイエスのようでもあり。こうしてみると、プログレとも共通するものがあるのかも知れません。今、彼らの音楽を例える言葉を思いつきました。「プログレ風ワールドミュージック」。どうでしょう。まあ、ジャンル分けなど彼らの音楽には全く意味のないことなのですが。
Img463

1曲目の「ダイナマイトピース」は突然、「こんな展開あり?」という意外なメロ ディ展開を見せます。
2曲目の「維新伝心」(「以心伝心」ではない)は、かなり激しい言葉の並ぶ強烈な曲です。かなり政治的なニオイもしますが、私はこの曲が大好きです。「俺は右目でにらまない、俺は左目でにらまない」という歌詞は、思想的に右でも左でもない、という意味なのでしょうか。「ペテンの言葉」「定規ではかった言葉」というのは、ペタペタと、感情のこもらない平坦なしゃべり方をするAさんのことでしょうか。

3曲目の「ソノソーロ」は、哀愁漂う曲。「世界の真ん中で 声をまきちらしてた その声をみんなが聞いていると思ってた」という歌詞は、沖縄の思い・主張が他県の人々の心に響かないもどかしさを歌ったもののような気がします。
7曲目の「モンキーレストラン」はタイトルの意味がよくわからないのですが、「モンキー」とつくからにはいいことではなさそう。ミステリアスな出だしから徐々にヒートアップし、エンディング近くの馬頭琴、サックス、ギターが交代でソロパ ートを演奏し、後に合体する場面はめちゃくちゃかっこいいのです。

Img459

 タイトル曲である「ダウンタウンパレード」は、ゆったりとした明るいメロディの大作。「悲しみの行進はここから始まったけれど」という歌詞は、彼らの活動の拠点である栄町市場には先の大戦で多くの命が失われた「ひめゆり学徒隊」の学校があったことから来ていると、「箆柄暦(ぴらつかこよみ)」に書かれていました。歌詞は少し重い部分もありますが、「前をふさぐ壁なんて乗りこえて行け 愛こそがすべてさと歩いて行こう」と歌う感動的な希望の歌です。「前をふさぐ壁」というのは、政治、世論、そういった沖縄の思いに寄り添えない主張のことでしょうか。先日私たちが観に行った「ロングトレイル」のような、自然と友情をテーマにした映画のエンドロールに流れたら、めちゃくちゃ格好よく感動的だと思います。
 アルバムの最後を飾るのは「あいのうた」。サックスのあかねさんがボーカルをとる曲です。後ろで控えめにコーラスをつけるもりとさんの歌声が、幼い子供を優しく見守るお父さんのようでとても好感が持てます。もりとさんの流れるようなギターも聴きどころ。愛らしいメロディが、ツボにはまると涙が出そうになります。

Img462

 もりとさんの作る曲は、歌詞もメロディも決して脳天気に明るいものでもありません。でも、私が幼少の頃にときどき接することがあった「ちんどん屋」さんのような楽しさ、びっくり箱のようなわくわく感のあるエンターテインメント性に溢れたものです。
 また、もりとさんの詩は、深淵で平和への想いに溢れています。それは時にストレートに、時に比喩を用いながら表現されます。ボブディラン氏にノーベル文学賞が与えられるなら、私はもりとさんに文学賞と平和賞のW受賞を推薦します。

| | コメント (0)

2016年10月11日 (火)

マルチーズロックライブ!

10月10日、桜坂劇場に「マルチーズロック」のライブを観に行きました。

Sn3s1159
今回のライブは、彼らがスペインのイベントに参加するための壮行ライブです。

Sn3s1160

私がマルチーズロックのライブに接するのは3年半ぶり、2回めです。
今回、観に行くことになったのは、前回観て興味を持っただけでなく、とぅじさんが仕事でメンバーの方と接する機会があったことや、とぅじさんのお友達が「もりと」さんの親戚であることが判明したことなどにも後押しされました。
開場前の列に並んでいると、「もりと」さんがビール片手に現れました。赤黒い顔を更に赤くして・・・。すでにご機嫌の様子。

Img459
Sn3s1161

彼らの音楽は、サックス、馬頭琴、ウッドベースという、あまり接する機会のない楽器が加わっており、これらが「もりと」さんのしわがれただみ声をしっかりサポートします。そして、まるでYESやGENESISのように変幻自在なリズム。馬頭琴、サックス、ギターが順番にソロをとり、その後3つの音がハモる部分はぞくぞくするくらいかっこいいのです。これなど、私が好きなIRON MAIDENのギターソロのようでもあります。また、馬頭琴はモンゴルの民族楽器だそうで、この馬頭琴がアジアっぽい雰囲気を醸し出すとともに、ロックっぽい弾き方をするので、これもまためちゃくちゃかっこいいのです。

Img458

彼らの曲は、マイナー調のダークなメロディが多く、(あくまでも私見ですが)天気がいい日の気軽なドライブには適しません(笑)。しかも、詩の内容は深遠なものが多く、聞き流しにも適さないのです。

フォーク、ロック、民族音楽などジャンルを超越し、アジア、ヨーロッパなど国籍も超越した今まで経験したことのないような音楽。「今まで経験したことのないような」というのは、ここ最近の台風情報でもありましたが、あれは幸いにもさほどではなかった。でも、さほどではある(←日本語変です。)のが、このマルチーズロックの音楽です。

またこの日は、「栄町ダンサーズ」と、一世を風靡した「おばぁラッパーズ」がゲスト出演。さながら「栄町オールスターズ」です。

E0151271_11275771
         ↑

左下が「おばぁラッパーズ」、右下が「栄町ダンサーズ」です。

おばぁラッパーズはデビュー10年、なんとレパートリーは2曲なんだそうです。「なんでここまで続けられたかねえ?」「図々しいからじゃない?」こんなステージでのやりとりに観客は大うけでした。ゲストも含めておよそ2時間半のステージ。大満足でした。

マルチーズロックの健闘を祈ります。そして、おばぁたちもますますお元気で!

| | コメント (0)

2015年6月25日 (木)

宮田大チェロリサイタル

昨日6月24日は、パレット市民劇場で宮田大チェロリサイタルが行われ、観に行ってきました。

Img384

宮田さんは、あの世界のオザワに認められた、今最も活躍が注目されるチェリスト。チェロを学んでいるとぅじさんのために、私がチケットをプレゼントしました。

Img_2949

プログラムは、

1.アヴェマリア/カッチーニ・ヴァヴィロフ

2.幻想小曲集/シューマン

3.チェロとピアノのためのソナチネ/コダーイ

4.ル・グラン・タンゴ/ピアソラ

Sn3s0219

第2部

5.チェロソナタ ト短調/ラフマニノフ

今回のプログラムでは、私の知らない曲ばかりでしたが、あまりの艶々したチェロの音にもううっとり。ピアノのジュリアンジョルネさんとの息もぴったり。私は個人的に1と4が気に入りました。

この日のリサイタルでは、宮田大さんが、全曲解説をしてくれるというサービスぶり。

アンコールもなんと3度。久石譲さんの「おくりびと」も演奏され、あまりの美しいメロディが言葉がありません。

そして、終演後にはサイン会が。サインはCD購入者に限るので、これもまた私がプレゼント。

Img385

Img_2954

一人一人に「ありがとうございました」「よろしくお願いします」と声をかけ、握手をされていました。非常に腰の低い人だと思いました。

そしていよいよとぅじさんの順番。

Img_2958

Img_2959

Img_2960

Img_2964

真ん中上のサインが大さんのものです。

クラシックのみならず、ジャズやボサノバ、ポピュラーまでも取り入れた非常にバラエティに富んだ内容で、大さんの無限の才能を観た気がします。

私が以前プレゼントした小澤征爾さん指揮の水戸室内管弦楽団(大さんがソリストとして参加)のDVDも最高でした。今後の大さんの飛躍から目が離せません。

| | コメント (0)

2015年5月31日 (日)

おきなわ PEACE LIVE

Img370_2

昨日は、NHKの公開収録がありました。タイトルは「おきなわ PEACE LIVE」。

出演は、HY、一青窈さん、宮沢和史さん、kiroro、そして、kiroroとHYの仲宗根泉さんのユニット、さんご。この番組は、戦後70年企画としてのもので、平和の尊さや命の大切さを訴えるというものです。

Img_2828

チケット交換前には、人気キャラクターさぁたぁちゃんと記念撮影ができました。さぁたぁちゃんは、サーターサンダギーから生まれた妖精なのだそうです。

この日のライブは、涙、涙でした。一青窈さんの「ハナミズキ」で泣き、kiroroの「best friend」でも想定外の涙が。イントロを聴いた瞬間でした。「未来へ」でも、そして、さんごの「命のリレー」でも・・・。命のリレーは、テレビでちょっと見ていただけでも、「この歌を生で聴いたら絶対泣くな」と思ってはいましたが、オーケストラと小学生の合唱団なんて加えるのは反則です。

Img371

ラストの「ラララ~の部分をお客さん全員で歌ってもらう」と練習までさせられたのですが、肩が震えて歌うどころじゃありませんでした。

宮沢和史さんが、「戦後80年には戦争体験者がいなくなってしまうかも知れないので、戦後70年の今年はとても大切な年」と言っていたことにハッとさせられました。今、やれることをやっておかないと、後生に誇れる未来を残せないかも知れません。

昨日の模様は、沖縄戦終結の日とされる慰霊の日、6月23日の夜に沖縄県域で放送されるそうですが、全国区の人気を誇る人たちのライブでもあるし、是非全国向けにも放送してほしいと思います。

| | コメント (0)

2015年4月13日 (月)

ロックコンサートatタイムスホール

4月12日は、沖縄タイムスホールで「第35回沖縄タイムス出版文化賞特別賞受賞記念コンサート」が開かれ、見に行ってきました。

Img355

職場では「沖縄ロックと言えばどんちゃん」と呼ばれたこともある私。

1_5
足繁くコザに通い、コンサートではスタッフもどきのことをしていた20~30代の頃に比べると、年を重ねたせいか、フットワークの軽さもなくなり、買うCDもロックの比率も下がってきたような気もする今日この頃ですが、まだまだロックスピリットは失っていないつもりです。

この日のステージは超が付くほどの満員。年齢層はそれなりに高く、「もしかして自分が一番年下?」と思うほどでしたが、少しお年を召していてもロックスピリットを失っていない人たちが会場を埋め尽くしているのはうれしい限りです。

Sn3s1016

会場に着くと、入り口にこの方がお出迎え。

Sn3s1017

ひげのかっちゃんです。私は、コザのライブハウスで一番前列で見ていたときに、酔ってステージに乱入したかっちゃんにステージに上げられ、私の履いていた靴にビールを注ぎ飲まされた経験を持っています。

Sn3s1217_2

Sn3s1215_2


Sn3s1203_2

私はかっちゃんのコンディショングリーンでの全盛期を知りません。でも、この人はお客を楽しませることに長けた真のエンターテイナーだと思っています。聞くところによれば、目や足が万全ではなく、満身創痍で昔のように動くこともままならないようですが、まだ73歳とのこと。まだまだ老け込むには早い。いつまでも、ロックレジェンドとしてステージに立ち続けてほしいものです。

Sn3s0004_2

2日後の沖縄タイムスに掲載された当日の写真です。私は、このシーンに一番感動したのです。ステージに立つかっちゃんに、かつての盟友、ギターのシンキさんが近づきました。この二人の存在感。沖縄ロックよ、永遠なれ。

| | コメント (0)

2015年4月 5日 (日)

今日の一枚:THE ONE THAT YOU LOVE/AIR SUPPLY

昨日に続く「今日の一枚」は、Air Supplyの"The one that you love"(邦題:シーサイドラブ)。

41piytsoaol

タイトル曲のシーサイドラブや、Sweet dreams(邦題:スウィートドリームス) やI'll never get enough of you(邦題:あなたのいない朝)、Here I am(邦題:ヒアアイアム)など、若干、邦題の付け方に疑問のある曲もないわけではないのですが、とにかく、当時の彼らは「ペパーミントサウンド」ともてはやされ大人気だったのでした。

LPレコードを持っていた関係でCDを買い直すことは長いことしていなかったのですが、高校時代の一番輝いていた時期に一番輝いていた音楽を見直さなければ、と昨年、買い換えたのでした。このころに聴いていた音楽を超えるような音楽に出会うことがめっきりなくなったと思うのは気のせいでしょうか。ああ、あの頃に戻りたい・・・。

| | コメント (0)

2015年4月 4日 (土)

今日の一枚:リターントゥフォーエバー/スコーピオンズ

もう解散したのだと思っていた、ジャーマンハードロックの雄、スコーピオンズの新作が出るとの情報を得て、早速買い求めました。

51omnuyql__sy355_

タイトルは、RETURN TO FOREVER(邦題:祝杯の蠍団)。

220pxklausmeine

私が、Ian Gillan (Deep Purple)やRob Halford (Judas Priest)と並んで3大ハードロックボーカリストだと思っている、Klaus Meineのカッコイイボーカルも、メロディアスなハードロックも健在。きれいなバラードもあります。

結成50周年だそうです。私が生まれてまもなく誕生したバンド。そんなに長くやっているのに、これほどの完成度の高いアルバムを作ってしまうなんて、もう尊敬以外に言葉はありません。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧