スポーツ

2016年2月28日 (日)

お暇を与へられ

2月25日(木)は、お暇を与へられ、一人で宜野座村へ行ってきました。

用件は、阪神と日本ハムの練習試合観戦です。

Img_8687

試合前のキャッチボール中、西岡選手のもとに中田選手が近づき、なにやら雑談をしている模様。

Img_8689

Img_8690

開始直前には金本監督と栗山監督ががっちりと握手。

Img_8692

この日の先発メンバーは、1番西岡、2番大和、3番鳥谷、4番ゴメス・・・そして投手が岩田と、開幕をにらんだようなオーダー。

Img_8691

なかでもこの日の注目は、この日初お目見えの新人、高山選手。

Img_8699

大和選手。

Img_8703

ゴメス選手。

Img_8717

中田選手は超特大のファールを放ちました。

Img_8720

西岡選手。

Img_8729

鳥谷選手。

Img_8747

期待の北条選手。

Img_8714

Img_8756

そして、注目の高山選手。この日はヒット1本でした。

9回表の日本ハムの攻撃が終わって3-1。この時点で阪神の勝利は確定していましたが、申し合わせにより9回裏の阪神の攻撃も行うことに。私は混雑を避けるために早めに球場をあとにしましたが、結果は7-1だったそうです。

高山選手をはじめ、江越選手、横田選手、陽川選手、北条選手など楽しみな若手がたくさんいます。シーズン中は大暴れしてほしいものです。






| | コメント (0)

2014年6月 1日 (日)

第85回都市対抗野球九州地区予選

今日は「第85回都市対抗野球九州地区予選」を浦添球場に見に行きました。対戦カードは、沖縄電力(浦添市)対西部ガス(福岡市)。

Pap_0108_4

今まで、高校野球県大会などは見に行ったことがありますが、社会人野球は初めて。今までなぜ行かなかったかといえば、そういう機会があまりなかったことと、選手をほとんど知らないこと。それがなぜ今回見に行ったのかと言えば、九州大会を見る機会などめったにないことと、2006年に、千葉ロッテに入団した大嶺祐太投手と八重山商工で活躍した金城長靖選手、2008年に浦添商業が全国ベスト4になったときのエース、伊波翔悟投手がいるから。金城選手はスイッチヒッターで、内野の他に大嶺投手がピンチを招くとリリーフで登板するようなセンスあふれる選手でした。

Sn3s0114_3

Sn3s0117

試合は、その金城選手のヒットをきっかけに沖縄電力が先制し、次の回も追加点を挙げるも、その後同点とされ、逆転され、沖縄電力が逆転するも、また同点に追いつかれ・・・。

Sn3s0136

試合開始直後から再び雨が降り出し、傘やレジャーシートなどを持ってはいたもののかなり濡れ、できることなら早く終わってほしかったのですが、6回を終わって2時間半を超えるという長丁場。でも、1点を争う展開に帰るに帰れません。

Sn3s0127_4

Sn3s0132_3

試合はその後、沖縄電力が6回に2点、8回にも2点を追加し、リードを広げると盛り上がりも最高潮に。スタンドは飲めや歌えの大騒ぎ(ウソです)。あ、でも実際に歌ってました、選手の応援歌を替え歌で。(でも、あんまり上手じゃなかったような・・・?ま、でもそれはご愛嬌ということで)

勝ったから言う訳じゃありませんが、初めての社会人野球、とても楽しめました。沖縄電力の選手の皆さんには、全国制覇を目指して頑張ってほしいと思います。


| | コメント (0)

2013年12月 3日 (火)

NAHAマラソン

12月1日は、第29回那覇マラソンが開催され、応援団の重鎮である(?)どんちゃんも応援に駆けつけました。

今年は、昨年の雨とうって変わり、晴天のいい天気。20℃を越す気温となり、ランナーにとっては若干暑かったようですが、応援団にとってはこれくらいの方が応援しやすい。

Sn3s0234

これは先頭集団。八重瀬町のマックスバリュ前です。11~12キロくらいの地点でしょうか。この頃は応援団も歩道できちんと応援していたのですが、

Sn3s0237

やがてどんどん乗り出していき、一応前列にいた私たちは後列に。

Sn3s0242

八重瀬でチームのほぼ全員が通過したあとは、糸満の32キロくらいに移動。ピンクの背中は、私たちが住むマンションの前管理員だった人です。

Sn3s0248

そして、一昨年、一緒に記念撮影をした、某タクシー会社勤務のUさんと再会し、また記念撮影。そのほか、私が入院した際のリハビリスタッフだった I さんや、以前毎月おじゃましていたファーマーズマーケットのMさんなど、1年に1回くらいしか会えない人との再会も果たしました。そして、最終ランナーが通過し、撤収作業の最中にリタイアして歩道をとぼとぼと歩いてきたとぅじさんの元同僚のTさん。私がごひいきにしているカレー屋さんのお兄さんは、八重瀬町で向こうから声をかけてきたのですが、糸満でも会って驚いていました。

2カ所での応援ということでほぼ一日拘束され結構難儀ではあるのですが、こうした人たちとの貴重な再会の場ともなって、楽しい思いもしています。


| | コメント (0)

2013年7月10日 (水)

オリオンナイターの夜

昨日は、阪神タイガース初の沖縄での公式戦観戦に行ってきました。

那覇へ向かう国道は大渋滞、球場にほど近い駐車場に車を止めて歩きましたが、試合開始には間に合わず。

Sn3s1379

これまで、甲子園へは何度か行ったことがあり、勝利の六甲颪を歌ったこともありますが、ここ数年は球場へ足を運ぶどころか、阪神の成績の悪さも手伝ってテレビ観戦もろくにしないこともありました。しかし、愛猫にトラッキーと名付けるほどのこの私が、地元沖縄での試合を見ないわけにはいきません。

Sn3s1381

相手はここ数年、分の悪い中日。しかし、ローテーションを考えれば第一戦は能見投手だろうと読んで、この日の観戦に決めたのです。

Sn3s1383

ここは沖縄、しかし阪神ファンはどこでも熱い。

Sn3s1393

キャパの関係上、甲子園と同じボリュームというわけにはいきませんが、負けず劣らずの応援が展開され、トランペットの人は「おじー自慢のオリオンビール」を演奏します。

Sn3s1396

阪神は序盤からリードし、終始阪神ペースで試合が進み、いよいよラッキーセブン。

Sn3s1409
お隣にいた母娘にもジェット風船を分けてあげ、勝利への願いを込めて大空へ飛ばします。写真を掲載してませんが、お隣の娘さんも会心の笑み。

Sn3s1416

試合は多少ヒヤヒヤする場面もあったものの、6対2で阪神の完勝。勝利の六甲颪のとき、トラッキーが登場。

Sn3s1417
トラッキーのアクロバットも見られ、スタンドから大声援。

Sn3s1418
普段は10時には寝る品行方正な私。この日は12時半頃の就寝となってしまいましたが、こんな気持ちのいい夜、たまにはいいよね。

Sn3s1419

ちなみに、今日もここまで5-0とリード。中日ファンの皆さんには申し訳ないですが、今日もいただきます。










| | コメント (0)

2013年2月11日 (月)

名護市営球場に行ってきたで~

昨日2月10日は、名護市営球場に、日本ハム対阪神の練習試合を見に行ってきました。この試合には、阪神の藤浪選手と日本ハムの大谷選手という二人のゴールデンルーキーが出ると噂されていました。数年前、日本ハムの中田選手がルーキー時代に阪神との練習試合に出場した際、道路が大渋滞し、試合に間に合わなかったとぅじさんのお友達がいました。今回も普通に出かけたらそんなことになるだろうと試合開始2時間前の到着を目指して家を出ましたが、名護市で大渋滞に巻き込まれ結局到着は1時間前。おまけに、入場料内野席500円などとなっていて、一体どこからこんな汚い商売を覚えてきたんだ!と怒りモードでしたが、外野席は無料でしたのでしっぽを振りながら外野に行きました。

Sn3s0938_2

写真は、キャッチボールをする日本ハム中田選手。

Sn3s0941
同じく阪神マートン選手。

Sn3s0945_2

試合中、ダッシュを繰り返すマートン選手とコンラッド選手。

試合は、序盤で阪神が6-0とリードしましたが、7回裏、日本ハムが稲葉選手の2ランホームランで2点を返しました。私たちは渋滞を避けるためこの回で球場を後にしたため結果は知りませんが、8回にも阪神が追加点を挙げたようです。

Sn3s0948

名護は日本ハムの本拠地ですが、公式戦を彷彿とさせる応援団がやってきた阪神に対し、日本ハムはくまのプーさんみたいな着ぐるみを着たおじさん(もしかしたら「お兄さん」かも知れない!)が1人いただけで、ちょっと寂しい感じがしました。しかもなぜに着ぐるみ?? そして、噂されたゴールデンルーキーも私たちがいた間姿も見せず。まあ、キャンプもまだ序盤で体も満足にできあがっていない時期、無理をさせて出場させてもいいことないかも知れません。

去年の成績は、パリーグ優勝の日本ハムに対して、セリーグ5位だった阪神。昨オフ、大幅に新しい血を入れた阪神、去年は巨人に大きく差をつけられましたが今年は期待ができそうです。10月頃においしいお酒を飲ませてくれたらうれしいです、和田監督。

ところで、名護市に入ってからの大渋滞は、球場に近づくにつれて解消され、名護勤務時代にも経験したことのない大渋滞は、一体なんだったんだろう。

| | コメント (0)

2012年8月14日 (火)

頼んだぞ! 浦商!!

オリンピックが終わったばかりですが、今は甲子園が熱い! ここを本拠地にする某プロ球団は冷めきっていますが、高校野球は最高潮です。

Sn3s0563

そんな中、我が浦添市の雄、浦添商業が、優勝候補と言われた愛工大明電を撃破しました。毎回、試合ごとに強くなっていく印象を受ける浦添商業。

Sn3s0541

今までの沖縄県勢の優勝はすべて那覇市の学校。今年こそ、優勝の大旗が白河の関ならぬ、安謝川を越えて浦添市に入ってほしいものです。

| | コメント (0)

2010年10月17日 (日)

バレーボールドリームチームを観に行きました

 今日は、浦添市の市制40周年記念事業としての「ママさんバレーボールINうらそえ」というイベントの、ドリームチーム対浦添市選抜チームの対戦を観に行ってきました。

Photo

ドリームチームのメンバーは、大林、中田といった有名どころに加え、ヨーコゼッターランドや江上など、ちょっとでもバレーに関心があった人なら放っておけない顔ぶれ。

P1010080

ヨーコゼッターランドさんが、子どもたちにバレーを教えているところです。

P1010123

私たちが高校時代の全日本のメンバーであった江上さんがメンバーに選ばれていることも嬉しい限り(22番の選手です)。44番は落合真理さん、17番は山下美弥子さん。

P1010122

ママさんチームとの対戦は3試合あったのですが、いずれもストレートでドリームチームの勝ち。現役を引退して何年も経つとは言っても、さすがは世界を舞台に活躍した人たちではあります。

P1010141

私のような背の低い人間は、180cm以上もある大林さんのような人を見ただけでも感動なのですが、ライトにいたはずの大林さんがレフトからスパイクを決めたり、目にもとまらぬ早さのクイックを決めたり、ほんとにさすが、さすが、感動の連続でした。

試合が終わってから、ミーハーな私は選手が出てくるところを待ちました。

P1010163

私たちが幼少の頃、大人気の主力選手だった大古さんです。

P1010165

東洋の魔女といわれた頃に活躍されたという河西昌枝さん。62年の世界選手権優勝、東京オリンピック金メダルという、全メンバーの中で一番輝かしい実績をお持ちの方なのですが、大変申し訳ない、存じ上げません。この方も試合に出るのか?と少し不安になりましたが、見てるだけでした。

P1010170

「写真はいいけど、サインはしません。タッチもダメです」などと係の人から注意を受けましたが、大林さんは入り口に一番近いところにいた少女にサインをしていました。これは私に手を振っている??(としか思えない!)

P1010169

そして中田さん。

P1010168

江上さん。江上さんは私たちが高校生のころの全日本のメンバーで、江上、三屋、広瀬という主力は同級生にも人気がありました。ちなみに私は、拾って拾って拾いまくる健気な広瀬さんの大ファンでした。

P1010164

2mを超える齋藤さん。男子なので、ちょっとだけしか試合に出ませんでしたが、見事なバックアタックを決めました。こんな人と話しているだけで首が疲れそうです。身長もでかいが、顔もでかい。ほっとっいてんか!

P1010173

帰りのバスでは、大林さんだけが窓を開けて手を振るサービス。大林さんの前には中田さん、江上さんの顔が。

ドリームチームのメンバーはそのときどきで若干変更があり、中垣内さんや前述の広瀬さんが加わることもあるそうです。次は、ぜひ顔ぶれを若干変えてまた沖縄に来てほしいものです。

| | コメント (0)

2010年4月 4日 (日)

祝! 興南高校優勝!

春の高校野球、優勝旗が3度沖縄へ渡ることになりました!
興南高校の皆さん、本当におめでとう!
今日の沖縄の新聞はすごいことになっています。
P1010376
トップの2面カラーだけでなく、
P1010378
スポーツ欄も。
P1010380
社会面に加え、
P1010379
広告まで。なんと8ページも使われています。県民の喜びがいかに大きいかおわかりになることと思います。
興南高校と言えば、元阪神タイガースの仲田投手の出身校であり、一時期興南旋風を巻き起こしたこともありますが、ここ数年は甲子園では期待はずれなことが多く、今回も正直、あまり期待はしていませんでした。
しかし、今大会屈指の左腕と呼ばれる島袋投手と、たたみかける打線が一戦ごとに強くなっていき、とうとう頂点を勝ち取りました。島袋投手がプロを目指すのかどうかはわかりませんが、もしプロへ、ということになれば、島袋投手の出身地に近い宜野座村をキャンプ地に選んでいただければよいかと。

東京出身の私は、東京への思いも若干ありはしますが、高校野球となれば別。人生の半分以上を沖縄で過ごしているのですから、沖縄への思いは格別です。それよりも、今の政治的なことも考えつつ、日本の首都(=権力)と2度戦って2度とも勝利した、ということにも想いがあります。もちろん、選手たちにはそんなことまったく関係ないことでしょうけど。

最後にどんちゃん家を代表してショパン様から祝辞です。
P1010375
まあ、よう頑張ったな。ゆっくり休んでまた夏頑張れよ。

相変わらず横柄なショパンですみません・・・。

では最後に私から。昔、首里にお城が出来る前は、沖縄の中心は浦添だったと言われています。那覇の高校が3度優勝旗を運んできたのですから、今度はそろそろ浦添にも・・・。ね。わかってますね、浦添商業諸君!

| | コメント (0)

2010年3月28日 (日)

人生初のボクシング観戦

Boxing_2
今日は、とぅじさんが以前職場で一緒だった方が出場するボクシングの試合を観に行ってきました。
Boxing2
元同僚というのはこの方。小谷将寿さん。顔だけ見ると、目も合わせたくないようなコワさ(笑)。現在は西部スーパーフェザー級チャンピオンで、この日のメインです。通算成績は6勝(5KO)1敗。
このような方と同じ職場だったって、とぅじさんは一体どんな仕事をしていたんでしょう?
プロレスは20年ほど前に一度だけ新日本プロレスを観に行ったことがあるのですが、ボクシングはと言えば、高校生などの部活なども含めて初めての観戦。
P1010329
やっと出てきました。
P1010330
対戦相手は、タイのライト級3位、ファーサンハン・ポーラースア選手。
P1010333
倒し屋の異名を持つ小谷選手は、試合開始早々から飛ばしすぎではないかと思うくらいの猛ラッシュ。
P1010339
1Rで2度ダウンを奪うと、2R開始早々に相手をマットに沈めました。

相手選手は、ダウンした際に頭を打ったようで、ピクリとも動きません。
P1010340
リング上には担架が運ばれ皆心配そうな表情。
P1010341
この2試合前の選手も担架で運び出される結果となり、改めてボクシングが危険なスポーツであることを認識しました。
P1010343
運ばれた2選手の体調も気がかりではありますが、何はともあれ、小谷選手が勝ってよかったです。そのことは素直におめでとう、と言いたいです。

余談ですが、私が新日本プロレスを観に行ったのは1989年2月25日。この3日前に長州力選手にボコボコにされた猪木選手が、「一から出直す」となんと第一試合に出場したのでした。遅刻には定評があった(どんなんやねん?)Aさんは、この日も余裕で遅れたために猪木の試合を観られなかったという残念な結果になったのでした。

| | コメント (0)

2010年3月15日 (月)

川藤さん

先週と今日、NHKの番組に元阪神タイガースの川藤幸三さんが出ていました。
川藤さんと言えば、給料が半分になっても野球を続けたい、というほど野球を愛した人。
Photo
実働18年で合計安打は211本、本塁打16本、打率.236、打点108と、ちょっとした選手なら1年で達成してしまう程度の成績しか残していません。でも、記録よりも記憶に残る名選手だったと言えるでしょう。これほどファンから愛された選手もそうたくさんはいないのでは。
そんな川藤さんが、もう数年前のことですが宜野座村の阪神タイガースキャンプの視察に訪れていたのです。
サインもらいたい、写真も撮りたい、でも顔がコワイ・・・。
躊躇していると、ちょっと年配の女性に気軽にサインに応じていたのです。
P1010242
もらいました。強面な印象とは裏腹に、非常にダンディにサインをしてくださいました。

さらには、
Photo_2
トラボルタという愛称で呼ばれた中田良弘さん。
歴代36位(2002年現在)の33勝、18連勝は球団記録。
P1010243_2
いただきました。
中田さんは見た目同様、とってもダンディな方でした。
そして。
Photo_3
俊足好打の外野手として活躍した加藤博一さん。

P1010244
いただきました。
プロ野球ニュースなどで明るい語り口で人気だった加藤さん。
取材の合間、ちょっと休憩のため飲食ブースに立ち寄ったところを「加藤さんですよね?」と話しかけると、嬉しそうに返事をしていただき、サインにも応じていただきました。数年前病気のため他界されたことが残念でなりません。

私は内気なので、現役選手は練習でヘトヘトになっているだろうからサインは断られるだろう、と最初っから諦めてしまっていますが、取材で来ているOBなどにはどうにか声がかけられるのです。
加藤さんのサインなどは本当に貴重なものとなりました。キャンプは終わったばかりですが、来年はサイン収集に出かけてみたいと思います。

| | コメント (0)