グルメ・クッキング

2018年2月11日 (日)

ネパールカレーと昨日のおでん

先日、昨年末に那覇の首里にできたネパールカレーのお店、「カスタマンダップ」に行きました。

Dsc_0282

家の近所である「浦添店」も比較的新しくて清潔なお店ですが、この首里店も最近オープンしたばかりなので、とても新しく気持ちのいい店です。

Dsc_0280

コースはいくつかあって、カレー1種類にチキンと飲み物が付いたものを頼みました。ちなみに、辛さは、ベリーベリーホット。カレーの種類も、ナンの種類もたくさんあります。浦添のお店の人はさほど日本語が得意でない感じがしましたが、この首里のお店の人は、日本語もとても上手で愛嬌がありました。何よりもどれを食べてもみんなおいしいのでお気に入りです。

お会計のとき、メニューの表紙に書かれたあの目はクマリ(ネパールの生きた女神様)の顔ですか?と聞くと、あっさり、「クマリ? あ~ブッダの顔です」と否定されてしまいました。

そして、先日7日のおでん熱がまだ醒めない我が家の夕飯に昨日、おでんが登場しました。

Dsc_0301

これでも、二人前くらいを別の器に入れているのですが・・・。スーパーで売られている小さなおでんの具材のパックに、たまご、ちくわぶ、じゃがいも、はんぺん、こんにゃく、こんぶ、餅入り巾着、だいこんなどを追加し、出汁も追加しました。

Dsc_0302

血糖値の気になる私は、食べ方も一工夫なので、こんにゃくから最初に食べます。

| | コメント (0)

2018年2月 9日 (金)

おでんや「おふくろ」に行ってきました

2月7日は、那覇市久茂地にあるおでんや、「おふくろ」に行ってきました。

飲み会の名目は「旧暦の忘年会」です。私も相当長く沖縄で生活していますが、旧暦のお正月などを経験することはあっても、旧暦の忘年会などをやったことは記憶にありません。まあ、主催者は、何か理由をつけて飲みたかっただけではないかと推測するのですが・・・。

Dsc_0300

場所は、国道58号にある「リースビル」のすぐ裏手です。

Dsc_0296

さほど広くはない店内は40席ほどあり、18:30の入店時点ではほぼ満杯。

うわ~お星様がいっぱい。shine

Dsc_0297

お店のシステムは、2000円で2時間食べ飲み放題。ただし、ビールは3杯まで。おでん以外にも、サラダやゴーヤーチャンプルー、天ぷらなど、ちょっとしたおつまみがあり種類も豊富。冷めてしまっているものがほとんどですが、この料金で文句は言えません。手前に、小さく握られたおにぎりも見えます。ちなみに、奥におしぼりの上にビールジョッキが置かれていますが、おしぼりをコースター代わりにする、これが沖縄流です。

Dsc_0298

注文した分のおでんが大きな器に盛りつけられて運ばれてくるので、自分が注文した分をとりわけます。私のものは、はんぺん、ちくわぶ、さつまあげ、たまご、じゃがいも。関東出身の私としては、「ちくわぶ」ははずせません。「ちくわぶ」とは、小麦粉のみで作られたちくわに似た食べ物で、星のような形をした棒状のものです。これが、味がしみるととてもおいしいのです。これらは私の定番ですが、だいこんや餅入り巾着なども好きです。

Dsc_0301

ちなみに、これが紀文さんが販売している「ちくわぶ」。調べてみると、関東近県の食材のようで、それ以外の地域ではその存在すら知らない人が多数だとか。そういうものが、ここ沖縄で販売されていることが奇跡のように思えます。

Dsc_0301_2

「おでん、煮物に」と書かれていますが、おでん以外で見たことがない、言ってみればおでんのためのエキスパート。試合の大事な場面で出てきて、せっかくヒットを打ったのに代走を送られてしまう「代打・川藤」のような存在です。(例えとして適切なんだかどうなんだか。)

Dsc_0299

ちなみに、オーダーはこのオーダー表に「正」の字を記入して行います。一回の注文に一つのテーブルで2枚書くと警告1、累積3で退店です。(それはウソですが、1枚にまとめるよう注意は受けました。)沖縄らしく、「チマグ」「テビチ」が最初に当然のごとく書かれています。

そば、うどん、トウモロコシの文字も見えますが、一般的なのでしょうか。我が家では入れません・・・。

私たちが退店した20:30頃になると少し席に余裕が出るようです。19:00~20:00頃は、なかなか席が空かないかも知れません。

噂には聞いていたものの、ずっと訪れる機会がなかった「おふくろ」。今回、参加できなかった者が数名いるため、近々再度ここで開催されるかも知れません。来週は旧正月だし。

ちなみに、残すのは厳禁です。食べられる分だけ注文しましょう。頼んだら責任を持ちましょう。それはよそのお店に行っても同じですよ。

| | コメント (0)

2017年11月11日 (土)

石垣島 食レポ&more

先日は2泊3日で石垣島へ行ってきました。

Sn3s2089

お世話になった宿は、今年オープンしたばかりのWBF石垣島さん。

Sn3s2088

廊下は打ちっ放しの様子がおしゃれです。

Sn3s2066

部屋にはキッチンもあり、長期滞在で外食に飽きてきた人にも最適。

Sn3s2067

「部屋には洗濯機もあるのに干場がない」との口コミもあり、まあそのとおりではありますが、工夫すればどうにかなるのでは。新築だけあってバストイレその他も新しくて清潔で、アメニティも充実していました。

Sn3s2068

朝は軽食のサービスがあります。おにぎり2個、コロッケ1個、鳥のからあげ1個など。

Sn3s2070

ロビーには数種類のドリンクがあり、自由に頂くことができます。(泡盛、サーターアンダギー、ちんすこうもあります。)

Sn3s2061

Sn3s2062

初日の昼は「来夏世」(「くなつゆ」と読むそうです)さんに行きました。このお店はガイドブックにも載っているらしく、観光客が多く訪れていました。

Sn3s2059

メニューは、八重山そばと、じゅーしー、赤米の単品またはセットのみ。

Sn3s2060

私は、「八重山そばセット」をいただきました。セットは、八重山そば(中)とじゅーしーか赤米が付きます。つゆは、かつお系のあっさり出汁でおいしかったです。中の席が一杯だったため、外のテーブルで食事をした私たち。食事を終えて席を立ったところ、食べ物を求めて大きなカラスが舞い降りて来たのには驚きました。

Sn3s2074

翌日の昼は、カレーの「中村屋」さんに行きました。

Sn3s2075


Sn3s2078


Sn3s2079

Sn3s2077

こちらは、数種類のカレーが単品(800円~1100円)か2種類のコンビ(1000円)で選べます。カレーは具材によって辛さが変わります。また、コーヒーやチャイなどの飲み物が付きます。私が注文したのは、ビーフとバターチキンのコンビ。コンビカレーは、2種類のカレーそれぞれ味わえるだけでなく、2種類を混ぜるとまた違った楽しみ方ができます。店内のBGMは、クラシックやレゲエなど、様々な曲がジャンル問わずに流れていました。

Sn3s2081

そして、なかなか試すことができなかった「オニササ」もいだきました。オニササは、ここ知念商会さんが元祖なのだそうです。場所は、八重山農林高校近くにあります。

Sn3s2083

数種類のおにぎりと揚げ物を選んで袋に入れ、棚に置いてあるソースやドレッシングを好みでかけます。私が選んだ揚げ物は、ささみフライです。感想はというと、どちらもそれぞれおいしいので、「別々に食べてもええんちゃう?」
でした。でも当然、組み合わせてもおいしいです。ちなみに、これで200円はお安いと思います。
Sn3s2086

この日の夜は、海人居酒屋源総本店さんに行きました。

Sn3s2085

新鮮なお刺身、特にマグロがおいしかったと思います。

Sn3s2087

お酒は、前日お邪魔した高嶺酒造さんの「於茂登」(おもと)。すっきりとした飲みやすい泡盛です。

Sn3s2092

最終日の昼食は、石垣空港にある「ゆうなキッチン」さんへ。ロビーの飲食スペースはかなり混雑していますが、ここは奥まったところにあって以外と静かです。どちらかと言えば、空港関係者向けの意味合いが強いのかも知れません。

Sn3s2090

豊富なメニューの中から私が選んだのは

Sn3s2093

カツカレー(800円)。この前の日も昼がカレーであったことに、このブログを作成中に思い出しているダメな私。少し、八重山の香辛料、ピパーチを振りかけるとうまさが引き立ちます。

Sn3s2094

搭乗待合室に入る直前、アイスで一息入れます。私が選んだのは、「ミルク」と「げんき クール」です。八重山げんき乳業さんが作っているげんきクールが原料になっており、多分八重山でしか味わえないはず。ヤクルトや、ヨーゴのようなさわやかな乳酸菌飲料です。

Sn3s2064

Sn3s2063

今回の旅では、2日めの夜に飲んだ「於茂登」を作っている高嶺酒造に行きました。こちらは、道ばたにカーがあり、現在使ってはいないそうですが、お水はしっかり湧いているそうです。でも、有名な観光地、川平湾のすぐそばなので、塩分混じりなのだそうです。この日は、集落で「カー拝み」があるとのことで、周囲に葉っぱが巻かれているのだそうです。

Sn3s2072

それと、もう一つ、泡盛「宮の鶴」を作っている仲間酒造さんにも行きました。何か、おしゃれな入口です。私のお気に入りの写真です。

Sn3s2071

私たちが今回お世話になったホテルのすぐ向かいは発掘作業中でした。作業中の方にお聞きすると、この場所は遺跡で、15世紀時代の漆器や人骨などが発見されているとのこと。15世紀といえば、琉球王朝時代、石垣で言えばオヤケアカハチの頃でしょうか。歴史のロマンを感じます。

Sn3s2084

ホテルから徒歩数分のところにあるユーグレナモールでは、市場の向かいに露天があり、ここで売られている某商品が他店よりも断然安い価格で売られていました。

2泊3日の旅は無事に終わりましたが、職場に戻ると、来週はバタバタとしそうな情報が・・・。







| | コメント (0)

2017年9月19日 (火)

フィッシャーマンズクラブに行ってきました

昨日の映画のあと、平和通りにあるフィッシャーマンズクラブに行ってきました。

Sn3s1959

このお店は以前、糸満の漁港近くにありましたが、ここに移転しました。

Sn3s1961

本日のランチメニューは、「敬老の日スペシャル」と称してステーキなどもありましたがそれには目もくれず。

Sn3s1954

キハダマグロの粒マスタードと海鮮サラダ、糸満産美らキャロットのポタージュ、

Sn3s1956

Sn3s1955

糸満産鮮魚のパイ包みと赤海老の特製盛り合わせ(海老が隠れてしまってよく見えませんね)、

そして、デザートと飲み物が付いて1500円(税込み)です。

私は、ここの「粒マスタード」のお刺身が大好きで、自分でソースを作ってみたことがありますが、当然のことながらこのお店のようにはできませんでした。

この日は、近くの席の方たちが若干やかましく少し落ち着けなかったのですが、数年ぶりにこのお店と再会できて、とても幸せでした。

| | コメント (0)

2017年7月 1日 (土)

人間ドック

6月30日は人間ドックでした。ここ数年体重も落ちてきて、薬草茶を愛飲していることもあってか、数値は、GPTもγ-GTPも尿酸も中性脂肪も大幅に改善されてA判定なのですが、血糖値だけがかなり危険な状態に。カレー弁当のご飯はLからSに、パンは薄切りなら4枚、厚切りなら2枚だったものが今は半分に。それなりに努力しているつもりですが、なかなか数値に表れてくれません。

肩を落として家路につく途中で、同じ仕事をしているU君から「友達がやっているので」と紹介された食堂、「青空」に行ってみました。

Sn3s1775

注文したのは「チキン南蛮カレー」(800円)。ここのシステムは、お漬け物やご飯、スープなどはすべて自分で盛りつけします(お代わりも自由)。カレーも、カレー用の皿に、自分が食べられるだけのご飯を盛り、それにご主人がカレーをかけてくれます。自分では小盛りにしたつもりですが、揚げたての大きなチキン南蛮とカレーが載ると多いような気もしないではありませんし、血糖値気にしているのにこんなに大きな揚げ物を食べていいのか、と先生からのお叱りも聞こえてきそう。

場所は、国道58号から学園通りに入り、港川中学校を過ぎた少し先左側です。

| | コメント (0)

2017年5月27日 (土)

ネパールカレー

このところ、私の周辺でネパールの人とネパールのカレー屋さんをよく見かけるようになりました。ここ最近、私が行ったお店を2件紹介します。

Sn3s1649

1件めは宮古島市にある「パリワール」。中心地に近い便利な場所にあります。

Sn3s1648

Sn3s1647

ここのカレーは、なんと言ってもナンがでかい。カレーも種類が豊富で、私は二種類のカレーを頼みました。(何を頼んだか記憶なし)また、「ナンだけ」「ライスだけ」「ナンとライス」という選択や辛さも選べます。

Sn3s1722

そして2件めは、私の家から徒歩10分ほどのところにある「カスタマンダップ」。

61xn60brnl__sx425_

この看板を図柄を見て、エイジアを思い出すのは私だけでしょうね、きっと。

Sn3s1716

こちらでも、2種類のカレーが選べるDセット(1180円)を注文し、

Sn3s1717

海老カレーと

Sn3s1718

バターチキンを注文しました。

Sn3s1719

Sn3s1720

ライスとラッシーもつきます。

こちらも辛さが選べ、私は「very very hot」を注文しましたが、もっと辛くてもいけそうでした。

どちらもとてもおいしいお店なので、時々訪ねたいと思います。って、宮古島はそんなには行けませんが。




| | コメント (0)

2016年2月 7日 (日)

おおみそかと年越しそば

今日2月7日は旧暦の12月29日、おおみそかです。明日は、旧正月。沖縄では今も旧暦が色濃く残っていて、特に旧盆は盛大です。

ということで、とぅじさんが年越し沖縄そばを打ちました。

Sn3s1167

三枚肉とソーキが乗ったおそば。麺はやや太めで、沖縄市の某おそばやさんのよう。そばうち経験のほとんどないとぅじさんですが、できはなかなかのもの。ちなみに、お肉は味付けされたものを買ってきたもの。お肉の味付けからやっていると大変な時間もかかり、高くついてしまいます。少人数の家庭なら、味付け肉を買ってきた方が安上がりで便利。

Sn3s1166

そして、沖縄そばになくてはならないコーレーグース。島とうがらしを泡盛に漬けたもので、好きな人はお刺身などにわさびの代用として使うようです。私は、食堂のカレーなどに使うこともあります。

今晩は、「年の初めはさだまさし」を見てから寝ようと思います。(←やってないっちゅうねん!)

| | コメント (0)

2016年2月 3日 (水)

今日のランチ~るりいろ食堂

今日は、我が職場の「カレー曜日」。いつものお弁当に加え、私のなじみのカレー屋さんが注文対象に加わります。

ところが。

なんと、外勤が入ってしまい、ふてくされながら出かけるハメになったのです。

移動中の車の中でお昼ご飯をどうするかという話し合いをしている最中、同行者の一人が「スープカレーの店はどうですか?」と言ってきました。もちろん、カレーの神を自負する私がこの提案を断るはずがありません。

Sn3s1145

行ったお店は、うるま市石川曙にある「るりいろ食堂」。なんだか、女性が好みそうな名前です。

Sn3s1142

お店は、いわゆる「外人住宅」と呼ばれる建物で、アメリカ軍人などが住んでいた民間住宅です。

Sn3s1144

店内には、Eric Claptonが流れていい感じです。

Sn3s1149

前菜。私が頼んだのは和定食? そんな錯覚を起こしそう。

Sn3s1150

そして、私が頼んだ「クリスピーガーリックチキンカレー」。野菜たっぷりの辛口カレーでなかなかおいしかったです。前菜付きで1100円。

ただ、お店は一人でされているようなので、混んでいればそれなりに時間がかかります。なので、時間に余裕があるときに行く方がいいと思います。

Sn3s1148

お店の外には人なつこい犬がいました。ロープは短いので、飛びかかられる心配はありません。

Sn3s1146

Sn3s1147

お店の前の道から海が見えますが、あまり癒されるような風景でもないのがちょっと残念。

夜はときどきライブもやっているそうです。どんな音楽なんでしょうか。そっちも気になります。






| | コメント (0)

2015年11月26日 (木)

らっきょうコロコロとキーマカレー

Sn3s0866

先日の離島フェアで購入した、私のらっきょうに対する観念を劇的に変えてしまった渡名喜島のらっきょうコロコロ。栽培期間中に農薬を使用していないらっきょうの甘酢漬け。らっきょうそのものもおいしいけれど、甘酢の具合も最高。いくつでも食べてしまうらっきょうなのです。

「ここのらっきょうおいしいですよね」。渡名喜村のブースにいたおばちゃんに私がこう言うと、「筋がすくなくてね。大根もおいしいんですよ」とおばちゃん。土がいいんでしょうか。

「らっきょう買ったからカレー作ろうか?」って、それは順序が逆なんでは?というような会話をして、月曜日はカレー担当の私がカレー🍛を作りました。

その翌日JICAの食堂に行って、何も考えずにキーマカレーを頼みました。

Sn3s0857

できあがったカレーを受け取ってテーブルに持ってきてそこで初めてはっと気づいたのです。

Sn3s0858

しまった、昨日もカレーだったんだ・・・。

でも、食べる場所が違えば、「別物」と考えるようにしています。

ごはん、サラダ、スープ、コーヒー・紅茶は自由で、500円。

らっきょうはないけれど、でもおいしかったです。

そしてまたその翌日、らっきょう付きのカレーを私は食べるのでした。

| | コメント (0)

2015年3月 3日 (火)

春の便りが届きました

今日、春の便りが届きました。

Sn3s0835_2

そのものとは、とちおとめ。いちごです。

Sn3s0836_2

ショパンもエキサイト気味。

Sn3s0837_2

粒が大きく、高級ないちごです。送り主は、「とらにゃんこ生活」のゆうさん。

私たちとゆうさんは、沖縄のたんかんととちおとめの交換トレードを数年前から続けています。

とちおとめは、産地から遠く離れた沖縄ではなかなか手に入れることができません。沖縄で流通しているのは、福岡、佐賀、熊本などのあまおうなどが主です。先日も福島産とちおとめの斡旋の話が舞い込んで来たのですが、結局、「傷みやすいので沖縄への販売はできない」との理由で斡旋そのものがなくなってしまったのです。せっかく、福島の復興に少しでも役に立てば、と思ったのにとても残念に思いました。そんななかでのとちおとめの登場に狂喜乱舞。さっそく箱の半分をいただきました。甘くていい香りがしました。

ゆうさん、ありがとうございました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧