« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月17日 (日)

東京の旅

6月14~16日は東京へ行ってきました。
任務は森友学園問題の取材です(ウソです)。
Img_6081_2
ANA460便は、定刻の8時に出発、着陸の少し前には富士山も見えました。
Dsc_0819
仕事が始まるまで、日比谷公園で一息入れます。天気がさほど良くもありませんが雨の心配はなく、少しひんやりして気持ちがいいです。
Dscpdc_0003_burst20180614194606270_
仕事の内容は極秘情報が含まれているので公にはできませんが、任務を18時に終え、19時半からは新宿の「世界の山ちゃん」で一杯ひっかけて、いつものワシントンホテルへ。
Dsc_0821
2日目の朝ご飯です。
Dsc_0823
少し時間に余裕があるのでフルーツやヨーグルトもいただきます。
残念ながら、2日目の業務内容も極秘です。
Dsc_0827
2日目の業務も無事に終了、この後は有楽町駅近くのお店で同期会です。その前に、有楽町駅前にある交通会館で北海道の物産を見ていると、「北見の赤いサイロは売り切れている」旨のお知らせが。そういえば冬のオリンピックでブームを巻き起こしたカーリングチームが北見ということでこれが人気になったことを思い出しました。今もブームが続いているようです。人気が長続きしているのはいいことだと思います。
本当はこの日最終便で沖縄に戻る予定でしたが、飛行機の予約が取れず、自腹で延泊することにしました。
Dsc_0831
3日目の朝食。なんだ、前の日と同じやんけ。と思いますが、ミートパスタ、餃子、ベーコン、とんかつなど昨日食べていないものも加わっています。
 
この日は完全フリー。まずは目黒に行きます。とは言っても、前回行った「寄生虫館」への訪問予定はありません。
Dsc_0832
 
Dsc_0858
まず行ったのは、目黒駅から徒歩5分ほどのところにある超高級ホテル目黒雅叙園。
Dsc_0833
その入り口にある、「お七の井戸」。(目黒雅叙園に直接の用がなかったことは残念すぎます。)
この井戸は、その昔、寺小姓の吉三に恋い焦がれたお七が、自宅に放火したことで火刑にされたので、吉三は僧侶となり、念仏行に出かける前にこの井戸でお七の菩提を念じたことから「お七の井戸」と呼ばれる、と書かれています。
Dsc_0836
隙間から井戸を覗くと、水はあるようですが、井戸水なのかどうかはよくわかりません。
Dsc_0838
次に訪れたのは、目黒不動尊龍泉寺。
門をくぐると、早速水の音が聞こえてきます。
奥へ歩を進めると・・・
Dscpdc_0003_burst20180616102601073_
境内へ上がる階段に脇に、「水かけ不動明王」なるものがあり、池と不動明王、二つの湧き口が見えます。
Dsc_0843
 
Dsc_0844
 
Dsc_0845
 
Dscpdc_0003_burst20180616102939094_
不動明王は立派で、カメラを向けるとちゃんとカメラが顔認識をしていたことに驚きました(笑)。
Dsc_0848
先日訪れた麻布同様、こんな都会にもこんな立派な湧水があるのですね。目黒は麻布にもほど近く、あちらと同様、武蔵野台地を水源としているのでしょうか。
Dsc_0853
のべ1時間ほど散策したのち、目黒を後にし、有楽町へ向かいます。
Dsc_0862
昼食後は、前日も訪れた交通会館地下にある「美瑛選果」というアンテナショップへ行きます。
Dsc_0861
Dsc_0860
ここでは、ハスカップアイスクリームをいただきます。ハスカップは、ブルーベリーに似た甘酸っぱい味で、甘いソフトクリームとよく合います。
少し体力・気力が復活したところで、今度は「木村屋」へ。ここでは、義母が大好きなあんぱんを購入。ちなみに、フランス生活が長かった私は(ウソです)前回購入してとてもおいしいと感じたクロワッサンがないので尋ねてみると、「お恥ずかしい話ですが、今日は失敗してしまいまして、店頭には並びません」とのこと。どの程度の失敗なのかはわかりませんが、仕上がりに納得できないものをお客に提供することはできないという強い信念なのでしょう。
これでこの日の予定はすべて終了。帰りの飛行機までまだ相当時間がありますが、ラウンジでくつろぐことにして、早めに空港に向かうため、東銀座駅に向かいます。
20050730_3
と、正面から、DIAMANTESのボーカルで数々のヒット曲を出したアルベルト城間さんが歩いてくるではないですか。ちょっと声をかけ聞いてみると、これからこの近くでライブがある、とのこと。ターボさんの悲劇以来、ディアマンテスにはご無沙汰していますが、お元気でご活躍の様子、安心しました。
Dsc_0865
ラウンジでは、「あの飛行機はトリプルセブン?」などと機体を観察。あれは737だから、あっちは767よね。などと思いを巡らせていました。
Dsc_0866
さて本日のANA1097便飛行機は737ということでバスラウンジからの搭乗。私は、バスラウンジに行くのは今回が初めてです。
ちなみに、隣の搭乗口は北海道の女満別行き。搭乗客の一人が遅れ、飛行機も遅れてしまったようです。
Img_6082
地上係員が、手を振り、深く頭を下げ私たちを見送ってくださいます。私の好きな光景です。この方たちを含め、すべての裏方さんたちがきちんと働いてくださるからこそ、私たちは安全な旅ができるのです。このことに深く感謝!
Img_6083
厚い雲を抜け、離陸から十数分。富士山がまた見えました。
Img_6092
富士山の向かって左半分(愛知県寄り?)には雲がかかっています。
Img_6094
往路も復路もご機嫌伺いをしてくれた富士山に別れを告げ、いざ、沖縄へ。
富士山が見たくて窓際をリクエストした私ですが、トイレが異常に近く、富士山が見えなくなったあたりで限界となり、通路側の方と席を交代していただきました。席を移る際、慌てて飲み物をズボンの上にこぼしてしまったのですが、交代していただいたおかげで落ち着いて乗っていることができました。
 
1097便は定刻ジャストに沖縄に到着、2泊3日の東京の旅が終わりました。
 
 
 

| | コメント (0)

2018年6月11日 (月)

ショパンの誕生日

先日6月9日は、ショパンの14回目の誕生日でした。とは言っても、ショパンは迷い猫だったため、正確な誕生日はわかりません。なので、私とショパンが出会った日が誕生日なのです。
Dsc_0804
毎年恒例の、まぐろでのお祝いです。すでに、一切れを食べ終え、お代わりをおねだり中。
Dsc_0805
よほどおいしいと見え、そばを離れません。見よ、この真剣な眼差しを!!
Dsc_0807
そして、初の試み、全員集合での記念写真です。しかし、写真嫌いで知られるショパンは、カメラを見ません。
Dsc_0808
しかもなんだか、ちょっとブサイクに。なんだかな~。
 

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »