« 民宿やなぎやさんのこと | トップページ | 長瀞・・・その後(その2) »

2017年9月15日 (金)

長瀞・・・その後

今回長瀞の旅でお世話になった宿の女将さんからいろいろとお土産をいただき、帰宅後の12日は旅の余韻に浸っていました。

Sn3s1920

まずは、7月、8月に放送された「ブラタモリ」を復習。

Sn3s1921

朝食に「おなめ」、

Sn3s1922

トマトジュース。

Sn3s1926

デザートには、秩父鉄道の「SLチョコレートケーキ」(1個160円)。御花畑駅の販売機で在庫を全部買い占め、危うく西武鉄道の特急に乗り遅れるところでした。長瀞駅の売店に売られておらず、尋ねてみると「販売機専用」とのこと。寄居駅と、秩父駅と、御花畑駅の販売機にあるそうです。これは、もっと売れるものと思いますので、あちこちで売ってほしいと思います。

Sn3s1924

買ってきたおみやげの一部です。「秩父B級グルメ みそポテトチップ」、秩父出身の落語家、林家たい平さんの「たい平座布団まん」、

Sn3s1929

五家宝などなど。一つのお店だけで売られていたので購入しました。これは群馬県で製造されたものですが、元々の発祥は埼玉であり、群馬や茨城を発祥とする説もあるとのことです。しかし、これは昔から私が知っている五家宝とは少し違う気がします。

Sn3s1928

そして夕飯。むかごご飯、秩父味噌のみそ汁、鶏ささみのおなめ添え。「むかご」は馴染みがないのですが、山芋の葉の付け根に出来る玉芽で、消化を助け、強精、新陳代謝、細胞の増殖機能の促進、老化防止、肌の若さと保つ-などの効果があるそうです。ちなみに「おなめ」とは、沖縄でいうところの油味噌のようなものでしょうか。簡単に言うと、ナスとショウガが入ったお味噌といったところのようです。蒸したささみと食べるととてもおいしいし、おにぎりの具としてもよく合います。

もうしばらく余韻は続きそうです。

|

« 民宿やなぎやさんのこと | トップページ | 長瀞・・・その後(その2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 民宿やなぎやさんのこと | トップページ | 長瀞・・・その後(その2) »