« コンサート紀行⑫~海勢頭豊(2017.07.23) | トップページ | 朝日 »

2017年8月12日 (土)

少年少女合唱祭

8月6日、うるま市民芸術劇場で「第42回少年少女合唱祭」が行われ、足を運びました。沖縄県少年少女合唱連盟に加盟する13の合唱団が一堂に揃うイベントです。

Img548

Img549
第一部は、この日参加している11の合唱団全員による「たいようのサンバ」。明るくはずむような、そしてちょっと郷愁を誘うメロディと美しいコーラスが印象的な曲です。

合同演奏が終わると、各合唱団がそれぞれに発表を行います。

印象に残った曲をあげると

・みやこ少年少女合唱団(低学年の部):「みやこ守君」

奇しくも、前日8月5日は「みやこ守君」の誕生日でした。

・沖縄市ジュニア合唱団:「365日の紙飛行機」

・うるま市少年少女合唱団:チムチムチェリー

・浦添少年少女合唱団:WITH YOU SMILE

過去に2回私を泣かせたこの合唱団を特に注目していました。

Img_02422

これは、昨年10月、たまたま浦添市中央公民館で彼女達と居合わせた際、私たちに隣のトトロの「さんぽ」をプレゼントしてくれたときの写真です。つい、ホロリとしてしまいました。

・北谷少年少女合唱団「夢」:COSMOS

・那覇シティ・ミューゼ少年少女合唱団:茶摘

Img550

第二部は、

・みやこ少年少女合唱団(高学年の部):合唱組曲“海のまほろば”より

・那覇少年少女合唱団:翼をください

・栄光メイツ合唱団:ハレルヤコーラス

・金武町少年少女合唱団:つばめのように

・首里少年少女合唱団:いのちのリレー

・沖縄・名護ジュニアコーラス:だんじゅかりゆし

この合唱団は、今月末に開催される「軽井沢国際合唱フェスティバル子どもユースの部」に、出場枠4団体の中で唯一日本から選ばれたのだそうです。メンバーの多さにまずは圧倒されました。

各合唱団の出演が終わったのち、エンディングに再度合同演奏があり、「たとえば、空」などが披露されました。たとえば、空は初めて聴く曲でしたが、ゆったりとして美しいメロディが印象的でした。

どの合唱団も甲乙付けがたい美しいコーラスを聴かせてくれ、汚れきった私などがコメントする資格などもないのですが、とにかく、感動しっぱなしの合唱祭でした。ただ、「少年少女」とは言っても少年がいなかったり、団員が少なかったりとそれぞれ課題もあるようです。それはともかくとして、今後も美しいコーラスで私たちに感動を届けてほしいものですね。合唱団のみなさん、そして先生方、感動をありがとうございました。みなさんの活躍を心から祈っています。

|

« コンサート紀行⑫~海勢頭豊(2017.07.23) | トップページ | 朝日 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンサート紀行⑫~海勢頭豊(2017.07.23) | トップページ | 朝日 »