« 2016年を彩ったアルバムたち | トップページ | コンサート紀行⑦~GIPSY KINGS(2000.5.3) »

2017年7月 2日 (日)

あれから10年

7月2日は、忘れもしない、「あの日」から10年を迎えます。

あの日、何があったかと言うと・・・。くも膜下出血で緊急入院したのです。突然後頭部に激痛が走り、直後激しいおう吐。そのまま救急車で運び込まれ、気が付いたときは集中治療室の中。運び込まれてから2日後のことでした。

一般病棟に移れたのは10日~2週間ほど後のことだったでしょうか。順調に回復・・・と思われたところに、今度は水頭症を発症。水頭症は、脳に水がたまり、記憶障害や失禁などの症状を引き起こすために、日常生活に大きな支障をもたらします。そのため、その水を胃に流す「シャント」という機械を埋め込まれました。胃カメラをやると、脳にたまった水を胃に流すための管を見ることができます。

40日ほどで退院し自宅で静養していたところ、物がうまくつかめずに落とすことが続きました。検査入院ということで病院へ行くと、一回目の手術の際クリッピングという処置をしていた動脈瘤がふくらんできて神経を刺激しているとのこと。すぐさま琉球大学の先生を呼んでの再手術の計画が組まれました。再破裂をしないよう、手術までトイレでふんばったりしないよう、注意を受けました。

070823_63

退院直後の生々しい傷が残る頭。

070823_64

お腹にも、シャントを埋め込んだ手術の際にできた傷が。

Sn3s1779

今も、頭の右側には、開頭手術をしたときの傷が残り、

Sn3s1777

左側にはシャントのふくらみがはっきりと確認できます。

発症した人の4人に2人が亡くなり、4人に1人は後遺症が残り、後遺症もなく生き残れるのは4人に1人だと先生から聞きました。「運がよかったんだよ」。先生がそう言いました。実際、入院中にくも膜下出血で亡くなった方の死亡広告を何度か見かけました。

今も血圧管理で定期的な通院が欠かせませんが、何よりも、後遺症もなく何不自由ない日常生活が送れていることに感謝です。そして、病院の先生や看護士さん、リハビリスタッフのみなさん、家族、三ヶ月にも及ぶ病休期間中のみならず勤務再開後も勤務負担軽減にも協力してくれた職場の皆さんにも本当に感謝します。(今、ふっと思い出したのですが、病気を発症する直前、友人のS君(このあとに出てきます)と一緒に行った玉泉洞内の「身代わり地蔵」なるところに手を合わせて祈願したのです。お礼には行っていませんが、こちらにも感謝・・・。)

余談ですが、最初の入院中に東京からお見舞いに来てくれたS君。モノレール古島駅から浦添総合病院まで歩いてきたそうです。どうして徒歩で?

その答えが「直線だから近いと思った」って、あんたね~。じゃあ、那覇から名護まで歩いてごらん、直線だし。

Photo

これが、噂のS君(右側)。この頃、まだ歩行器を使わなければ歩けませんでした。わざわざ、東京から飛行機賃をかけて来てくれたS君。友情にも感謝です。

|

« 2016年を彩ったアルバムたち | トップページ | コンサート紀行⑦~GIPSY KINGS(2000.5.3) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年を彩ったアルバムたち | トップページ | コンサート紀行⑦~GIPSY KINGS(2000.5.3) »