« コンサート紀行⑧~桜坂劇場編 | トップページ | コンサート紀行⑩~溝口肇(2016.4.8) »

2017年7月 5日 (水)

コンサート紀行⑨~DAVID LINDLEY(2005.4.27)

アメリカウエストコーストロックの巨人、Jackson Browne氏の盟友として多くのアルバムで演奏してきたDavid Lindley氏。

Sn3s1780

↑コンサート用ポスター。直筆サイン入りです。

Browne氏のみならず、Bruce Springsteen氏やRod Stewart氏などのさまざま人のアルバムでもバックを勤め、印象的な演奏を残しています。

52

ギターのみならず、フィドルその他ありとあらゆる弦楽器を操るLindley氏は、スライドギターの名手でもあります。Browne氏の“Running on empty”のスライドギターのソロは、私の中で「最もかっこいいギターソロ」の一つになっています。

そんなDindley氏の沖縄でのライブが実現したのは、2005年4月27日。場所は、当時那覇市の松山にあったクラブDセット。

アコースティックギターなどをヒザの上に置き、スライドギターのように弾く独特の奏法に目を奪われます。ギターのみならず、ハイトーンのボーカルまで聴かせてくれました。アンコールでは、「納豆、納豆、下さーい」などというヘンテコな(?)歌まで披露してくれました。

55

ライブ終了後は、サイン会をしてくれました。

56

持参したCDジャケットにサインを入れてくださいました。

Sn3s1781

日本語タイトルは「化けもの」というヘンなタイトルですが、このアルバムジャケットにもサインを入れていただきました。

Lindley氏とアルバム作りをしなくなってからBrowne氏のアルバムが面白くなくなったと思っている私。また盟友復活で素敵なアルバムを届けてほしいものです。

|

« コンサート紀行⑧~桜坂劇場編 | トップページ | コンサート紀行⑩~溝口肇(2016.4.8) »

趣味」カテゴリの記事