« コンサート紀行⑩~溝口肇(2016.4.8) | トップページ | 取材同行 »

2017年7月 9日 (日)

コンサート紀行⑪~コトリンゴ(2017.7.8)

Img541_2

昨日7月8日は、コトリンゴさんのライブがありました。コトリンゴさんは、坂本龍一さんに見いだされ、超ロングランヒットの映画「この世界の片隅に」の音楽を担当されており、ピアノ・ヴォーカルだけでなく作詞作曲、プロデュースまでこなすという才能あふれる方なのです。

今年の正月、「コトリンゴさんのライブを観に行く」という目標を立てた私たち。東京のライブに出向くことまで考えていましたが、こんなに早く、しかも沖縄で目標が実現するなど考えてもいませんでした。

Img465

私は、彼女の特徴であるふわふわしたヴォーカルと卓越したピアノ、そして不思議ちゃん的なキャラクターが大好き。

Sn3s1787_2

Sn3s1786_2

Sn3s1789


Sn3s1790_2

私はチケット発売初日の3月11日に窓口へ赴き、整理券番号001~002をゲットしました。入場は整理券の番号順なので、席はもちろん最前列。開演前は、関西から一人で来たという筋金入りのファンの男性や、同じく発売初日にチケットを買いに来たという女性たちと並びの席になり、いろいろと情報交換などをして緊張を紛らせます。そしてスタッフがステージ裏に消え、コトリンゴさんの足が少しだけ見えると、まるで変態オヤジのように興奮してしまったのです。

コンサートは、ピアノとヴォーカルのコトリンゴさんと、コトリンゴさんが教官と慕うチェロの徳澤青弦さんのお二人で、まずは映画の冒頭に使われていた“神の御子は今宵しも”でスタート。凛としたピアノと艶々としたチェロの音色にもう涙が出そう。

この日の曲目は、映画のサントラからを中心に、新旧のオリジナル曲も多数披露されました。私は特にサントラの中のボーカル入りの曲「悲しくてやりきれない」「隣組」「みぎてのうた」「たんぽぽ」に感動しました。ピアニカや木琴も披露され多彩な才能にも脱帽ものです。

約2時間の夢のような感動の時間が過ぎ、いよいよもう一つのお楽しみであるサイン会。私は、コンサートなどに行くと、その出演の方々へ敬意を表す意味で作品を購入することにしています。それにサインが付くとなれば逃す手はありません。

Sn3s1796_2

これが今回私が購入した2枚。上が徳澤さんの「カジャラの音楽」、下はコトリンゴさんの「Sweet Nest」。

Sn3s1797_2
そしてこれが徳澤さんのサイン。

Sn3s1798_2


Sn3s1799_2
これがコトリンゴさん。

サインをいただいたあと、「写真を撮らせてもらってもよろしいですか?」とおたずねすると、徳澤さんから「もちろん!」とお答えが。

Sn3s1794_2

そしてこれが撮らせていただいた写真。私の後ろにも多くの人が並んでいたので「サイン中の姿でいいですよ」と言ったのですが、ペンを置いてピースまでしてくださいました。

2週間前、これも数ヶ月前から楽しみしていたライブにのっぴきならない事情で行けなくなってしまった私。今回もまさかそんなことにはならないだろうか、と不安で仕方なかったのですが、終わってみればもう少し不安を味わっていたかったような複雑な気持ちです。人間の感情なんて、勝手なものですね。

今年のもう一つの目標は「小澤征爾さんのコンサートを観に行く」なのですが、年内実現可能でしょうか。

|

« コンサート紀行⑩~溝口肇(2016.4.8) | トップページ | 取材同行 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンサート紀行⑩~溝口肇(2016.4.8) | トップページ | 取材同行 »