« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月 2日 (日)

切り絵アート展

昨日は、浦添市美術館に「切り絵アート展」を見に行ってきました。

Img515

この日を選んだのは、切り絵作家の蒼山日菜さんを招いてのイベントがあることから。

Img523

ちなみに、蒼山日菜さんとはこの方。

海外在住時に知り合った方から切り絵を教えてもらい興味を持って始めたのだそうです。そして今や、ニューズウィークの「世界が尊敬する100人の日本人」の一人に選ばれたのだそうです。

Img524

これは、日菜さんの代表作、「ヴォルテール」です。ヴォルテールは、1700年代のフランスの哲学者で、彼が残した名言なんだそうです。非常に細かい文字が刻まれています。これを一行半切るのに5時間くらいかかるんだそうです。

日菜さんは、ご自身のオフィシャルサイトで、ヴォルテールについて以下のように綴られています。

【ヴォルテールの書をなぜ切るのか?
作品に魅了されているわけではありません。
彼の人生に惹かれている、尊敬をしております。
現代人に足りない何かが昔の人にはあるんです。そしてボードレール
にもそれが言えます。彼の詩にはあまり興味がありません。
彼の送ってきた人生に興味を持ちました。

現代人に足りない、「自分の意思を貫く」という精神をこの人たちは
兼ね備えています。】

Img525

そして、私が気に入ったのが「クリスマスシーン」。

蝶の中に、クリスマスプレゼントや、トナカイとソリ、雪、クリスマスツリーなど、いろいろなものが表現されています。これほどのものを作り上げる精神力って一体どれほどのものでしょうか。

Img516

私が個人的に気に入ったのはこれ。辰巳雅章さん作「キツネの嫁入り」。この作品にはおまけがあって、右端の下(枠の外)に

Img521

2匹のキツネが描かれているのです。

この転んでいるキツネがとてもかわいくて大好きになりました。ちなみに、残念ながら、この作品の絵葉書にはこの2匹は登場しません。

順路の最後に、別の展示室が用意されていました。ここは酒井敦美さんの作品を集めた展示室です。酒井さんの作品は、順光で見るときと逆光で見るときで絵が変わるのです。

私のお気に入りはこれ。

Img519

タイトル:変わらないもの。

順光では、縁側にお母さんと娘が腰かけていてその向こうには二件の家と山が見えます。これが逆光になると。

Img520

山はなくなって都市化され、景色はすっかり変わってしまいました。向かいの家も改築されたようです。そして、お母さんは年をとり、小さな女の子は立派な大人になっています。でも、相手を見つめる優しいまなざしは変わらない。街並みも年齢も変化するけれど、親子愛は不変、ということなのでしょうか。自分でそう解釈したとき、涙が出そうになりました。

Img_1092

後ろの方は、突然割り込んできた見ず知らずの人(ウソです)。ご本人から許可を頂いていないので、加工させていただきました。

Img522

これは日菜さんからいただいたサインです。

前日送別会だったために、この日は出かけるのも億劫で、「誰か別の人と行ってくれば」なんて言っていたのですが、実際に実物を見ると、奥行きやら困難さやらが伝わってくるので、行って本当によかったと思います。


|

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »