« 志の輔らくご in NIPPON | トップページ | 聖クララ教会新春文化コンサート »

2017年2月 4日 (土)

映画「カタブイ」を観てきました

今日は、桜坂劇場に「カタブイ」を観に行ってきました。

「カタブイ」とは標準語で書くと「片降り」、天気雨やスコールのことを指します。

Img468

監督は、スペイン系スイス人のダニエルロペスさん。この映画は、ドイツや台湾で喝采を浴び、スイスではロングラン上映が行われたほど反響が大きいそうです。

今日が上映初日で、監督の舞台挨拶と、映画に出演しているマルチーズロックのもりとさんとサックスのあかねさんと2人でのライブがあるということで出かけることにしました。

Sn3s1472

上映開始30分前に着くと、すでに長蛇の列が。会場は満席でした。

Img469

映画の内容に少し触れると、音楽、空手、彫刻、琉球舞踊といった世界で活躍される方々が、日常や沖縄の文化などについて語るドキュメンタリーです。神道と祖先崇拝が混在している様子や、お盆の様子から沖縄の人の死生観、基地の重圧などに苦しめられながらも、沖縄の人々が前向きに生きている姿が捉えられ、それは人々の生きる上でのヒントになりうるものだと感じました。そしてそれは、外国出身の監督だからこそ着目できたことではないかと思います。もりとさんのおじいさん(故人)が、「てぃんさぐの花」を歌うシーンで一緒に口ずさむ声が客席から聞こえたり、上映が終わったあと拍手が起きたり、何から何まで異例な映画でした。

Sn3s1474

ズームを使っていないので、何がなんだかわからない写真ですが、監督が舞台あいさつをしているところです。今日2月4日は、監督のお子さんの誕生日だそうで、満2才だそうです。

Sn3s1477

そして、ライブが終わったあと、マルチーズロックのもりとさんとあかねさんがCDへサインしてくださいました。初めてもりとさんとお会いしたときは、「なんてコワイ顔の人」と思ったのですが、よく見るととても優しい目をしていて、ステージ上とは違ってとてもシャイな印象を受けました。ちなみに今朝の「旅サラダ」で俳優のモロ師岡さんが、もりとさんのお店「生活の柄」を訪ねるシーンが放送されました。師岡さんともりとさんのセッション、とても楽しそうでした。

|

« 志の輔らくご in NIPPON | トップページ | 聖クララ教会新春文化コンサート »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 志の輔らくご in NIPPON | トップページ | 聖クララ教会新春文化コンサート »