« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月24日 (火)

志の輔らくご in NIPPON

 1月23日、志の輔らくごがありました。

Sn3s1430

タイトルは、「志の輔らくご in NIPPON」。例年であれば師匠はこの時期、東京渋谷で一ヶ月間のパルコ公演の真っ最中ですが、今年からの3年間、パルコの建て替え工事のため、その期間を地方巡業にあててくださったのです。「一ヶ月もの間、東京から出られないのもつらいが、一ヶ月で12都市を回るのもつらい。楽な仕事などないのだ」とぼやいておられた師匠。
 

Sn3s1432

ちなみに例年の公演では、前座でお弟子さんが二席、その後師匠が新作落語を一席、休憩を挟んで人情物の古典落語一席、というのがこれまでの通例でしたが、今回は三席すべてが師匠。途中、出囃子で三味線を弾いている方が舞台に立ち一曲披露、そして休憩後には太神楽曲芸の鏡味初音さんがゲスト出演し曲芸の披露と、演芸場で見ているかのような気分にさせてくれました。

Img467

この日の三席について、題目と物語を少しだけご紹介しましょう。

一席目【質屋暦】
 世は大隈重信の時代。旧暦から新暦に変わるため、12月4日から年が改まるということに端を発した質屋をめぐるどたばた劇。12月3日までの利息計算で質草を引き取りに質屋を訪ねる客。しかし質屋は、「年末(12月31日)までの利息を用意しなければだめだ」と突っぱねる。金がないなら女房を質草に入れてでも、というのが男というものじゃないのか、と店主に言われ客がとった行動とは・・・。

二席目【モモリン】
 街で人気沸騰中のゆるキャラ、「モモリン」。あるイベントの開始前、モモリンの控え室を訪ねていた市長、モモリンの中に入っている青年の到着を待つ間、ついももりんのかぶり物をかぶってしまう。イベントの開始が近づき、かぶり物をとろうとするが、なんとチャックが噛んでしまい取れない。アトリエに来てくれないと取れないと業者に言われ、仕方なくそのまま市長がステージに上がるが、モモリンには「モモリンフラッシュ」というバク転の得意技があった。モモリンフラッシュを一目見たいと観客の声援は高まるばかり・・・。
 土地の買収交渉で唯一首を縦に振らない地主黒田は、モモリンの大ファン。モモリンとして奮闘する市長の姿を見て思わず口にした言葉は・・・。抱腹絶倒の新作落語。
 
 この噺の枕でくまモンの話題に触れ、師匠の熊本公演の際に楽屋に訪ねてきたくまモンに「会うのは2回目だよね。覚えている?」と聞いたら首をかしげられ、「いろいろと大人の事情があるのだな」と思ったことや、園遊会に参加したくまモンに皇后陛下が「お一人で・・・」と尋ねられたという有名な逸話を披露、会場は爆笑の渦につつまれました。

実は、ももりんという実在のキャラクターが福島市にいるそうです。

Sn3s1434

三席目【紺屋高尾】 
 染め物職人の久蔵は、先輩につれて行かれた吉原で、最高位の花魁道中、高尾太夫を偶然見かけ、一目惚れしてしまう。高尾に再び会うには、15両ほどの金が必要だと言われ、久蔵は必死に働き、18両ものお金を貯めることができた。親方に「あと2両ほど貯めて20両になったならば、この店をお前に譲る」と言われるが、久蔵は「高尾に会いにいくために15両を使いたい」と言い出す。しかし、金を持っていてもただの職人では高尾には相手にされない。そこで、町の有力者に仲介してもらい、久蔵は「若旦那」だということにし、若旦那なりの振る舞いや言葉使いを指南される。「行っても会えないこともある。というより、まず会えないが、私や親方を恨まないでほしい」と言われ、それを受け入れて再び吉原を訪ねる・・・。

 吉原という処は、今でいうところの「風俗街」などというものとは全く違う格式の高いところだったそうです。そして、日本全国から遊女が集まるためある程度統一した言葉として作られたのが「~ざんす」「~ざます」という言葉なのだそうです。

Sn3s1433

平日18:30の開演ということでお弟子さんの立川シーサー(藤木勇人)さんから、19:00からでないと・・・と意見されたそうですが、終演が21:30だったことを考えると18:30開演も理解できます。師匠の落語三席+ゲストでたっぷり3時間、大いに笑わせてもらいました。

最後に、モモリンにはまった人の感想。「モモリンのキャラクターグッズが出たら必ず買うのに」。

|

2017年1月 3日 (火)

「この世界の片隅に」を観てきました

昨日は今ちまたで話題となっている映画「この世界の片隅に」を観てきました。いつもよりも早く、上映開始30分前に会場に着くと、チケット購入&入場のための人で行列ができていました。以前、この同じ会場で立ち見が出たこともあるのだそうです。

Img464

戦争当時の広島県で暮らす北條すずが主人公。すずの声優を勤めるのは、「あまちゃん」でブレイクした女優、のんさん。音楽は坂本龍一さんに見いだされた個性的なシンガー&ピアニスト、コトリンゴさん。二人のほのぼのとした優しい声が、主人公のすずのキャラクターともぴったりマッチしていて、とても好感が持てました。主題歌の「悲しくてやりきれない」は、コトリンゴさんの「picnic album 1」に収録されていますが、映画で使われたものはストリングスを中心に再録音したものです。控えめでシンプルなアレンジと抑揚をつけた演奏が、より心に響きます。私たちは、彼女のふわふわした歌声と、不思議ちゃん的な雰囲気が大好きです。

Sn3s1395

この映画は戦争当時のことが描かれていて、意図として「反戦平和」というものはあるのでしょうが、そういうことや戦争の悲惨さばかりを描くのではなく、そんな時代にあっても希望を失わずに強く明るく生きる主人公を描いていることで、さほど重くなることもなく観ることができました。もちろん登場人物も何人か戦死はしてしまうのですが。

Sn3s1392


Sn3s1394

また、アメリカの映画あたりによく見られる兵士を英雄視するとか、兵士の友情を描くとか、そういうこともありません。あくまでも、普通に暮らしている人たちの日常に焦点が当てられているのです。

Img465

ネタバレになってしまうのであまり詳しくは書けませんが、この映画はエンドロールが終わって会場の照明が点くまでぜひ客席で観て頂きたいと思います。

この映画は原作も含めて綿密な取材が行われているそうで、よりリアルな日常が描かれています。そして、アニメの質がすごく高くきれいでした。細部までこだわって創っているのだと感じました。映画離れが言われて久しいですが、いい映画にはこんなにも人が集まるのだということを証明してくれました。上映する映画館が徐々に増え続けていると聞きます。もっともっと、たくさんの人に観ていただきたい。そんな映画です。

| | コメント (0)

謹賀新年

2017年が明けました。おめでとうございます。

昨年は、夜明け前に初詣を済ませ、中城城趾から初日の出を拝み、帰りに渋滞に巻き込まれて朝のお雑煮がだいぶ遅い時間となってしまいました。

Sn3s1386

なので、今年は自宅から初日の出を拝むこととしました。7:26の写真です。

Sn3s1383

そして、おつゆめいっぱいのお雑煮。どんちゃん作。具材は、れんこん、さといも、しいたけ、にんじん、鶏肉、ごぼう、だいこんです。出汁は、かつお、しいたけ、こんぶの3種ミックス。

Sn3s1389

Sn3s1390

そして、初詣は中城村にある成田山福泉寺。

Img_0688

Img_0694

Img_0695

夜は、お楽しみのウィーンフィルニューイヤーコンサートを鑑賞しながらのおせち料理。史上最年少で登場の指揮者、グスターボ・ドゥダメルさん、とても落ち着いてリラックスしている様子でコンサートそのものも楽しめました。すぐ上の写真、「ALWAYS 三丁目の夕日」に出ていた堤真一さんが怒り狂って髪の毛が逆立っているときの様子にそっくりです。

昨年は私的には京都の桜と夏の富士山に接することができ充実はしていましたが、全体的に激動の一年となりました。今年は平穏な一年となりますように。





| | コメント (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »