« 金澤翔子の世界展 | トップページ | マルチーズロックライブ! »

2016年10月 1日 (土)

映画「ロングトレイル」を観てきました

映画「ロングトレイル(原題: “A walk in the woods”)」を観てきました。

Img455

主演はロバートレッドフォードで、ユーモア溢れる旅エッセイで知られる作家のビルブライソンの実話を元に映画化されたのだそうです。

Img456

あるとき、ロバートレッドフォード演じるビルは北米有数のアパラチアントレイルの縦断を思いつき計画しますが、踏破できるのは挑戦者の約10%といわれる全長3500kmにも及ぶ壮絶なトレイルに奥さんは猛反対。ちゃんとした相棒が同行するなら、という条件が付けられ、見つけてきた相棒は、過去に様々なトラブルを起こしてきたいわくつきの旧友。当然奥さんは反対しますが、二人は奥さんの心配をよそに旅立ってしまいます。

道中、一人旅の女性と合流しますが、この女性が鬱陶しいからと別行動するための方策を企てたり、町のコインランドリーで見かけた女性に声をかけたことでその夫が怒り狂って宿泊先まで押しかけたり、とにかく波乱の連続。そして、足を踏み外して道から転落し、這い上がることができず死を覚悟する。このときに交わされる言葉と、酒をやめたと言っていた相棒が、酒を隠し持っていた理由を語りながら酒をこぼして捨てるシーンでの言葉が印象的でした。

Img457

大人の男どうしの会話、子供に意味を聞かれても説明しづらい部分も多々ありましたが、大自然を背景に心温まる人間模様が描かれ、味わい深いいい映画だったと思います。
二人のチャレンジは成功するのか。ラストシーンは感動的でした。

旅は人生と同じ。ベストをつくせばそれでいい。

しかし、ロバートレッドフォードってもう80歳になるのですね。驚きです。

※アパラチアントレイルとは・・・・

米国三大トレイルの一つで総距離は3500km。アップダウンを繰り返しながら全14州を半年かけて縦走する(九州から北海道まで、町で物資を補給しながら里山~高山地帯をひたすら歩き続けるイメージ)。(映画チラシより)

それにしても、3500kmを半年で、ということになると、毎日歩き続けたとしても一日20kmほどは移動しないといけないのです。それも平坦な道ではないのですから、その大変さは想像を絶するものだと思います。

|

« 金澤翔子の世界展 | トップページ | マルチーズロックライブ! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金澤翔子の世界展 | トップページ | マルチーズロックライブ! »