« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月22日 (月)

2週間の介護生活

 8月のちょうど半月間、東京に住んでいる母のお世話で上京していました。
母は数年前から認知症を患っており、同居者が脳内出血で倒れて入院したため、兄夫婦のところに身を寄せていたのです。でも、兄夫婦も当然ながら仕事があり、ずっと母につきっきりでいるわけにもいかず、私が介護休暇を取得して上京することになったのです。

上京した日は7月31日。小池都知事が誕生し、九重親方が亡くなられた日です。
 

Sn3s1179
 

Sn3s1181

この日は、新宿のハイアットリージェンシーに泊まりました。

Sn3s1172

なんと、単純に往復する飛行機賃と、こんな高級ホテルに朝食付きで泊まれるホテルパックがほぼ同一料金でした。

Sn3s1173

Sn3s1178

  朝食は、和定食のレストランなら洋食バイキングより静かだろうと思いそうしましたが、関西弁のおっちゃん達の話し声がめっちゃうるさい(笑)。隣のテーブルと話をするのはやめてくれ。ちなみに、この和定食は税サ別で3100円(込みだと3600円超。飲み代でもこんなにかからない(笑))もするそうです。
 

  この日から2週間の介護生活がスタート。介護と言っても母は一人でたいていのことはできるので、食事の準備や買い出しなど身の回りの世話が中心です。

08042

  そして空いた時間に、引っ越してから2年間積まれたままになっている荷物の整理。「どうしてこんなに・・・」と思えるほど服が多く、砂糖、食用油、台所洗剤などがいくつも出てくる。更に、賞味期限が数年前に切れている食品も多数。その中には、私たちが送った沖縄の薬草茶も手つかずでありました。こうした荷物は収納スペースもないため捨てる以外に方法がなく、箱を開けては袋に詰め、段ボールをたたみ、ゴミ庫へ運ぶ、という地味な重労働をひたすら繰り返しました。

0813

 室内で転倒して指を打撲したり、自分が服用している薬と間違えて私の薬を飲んでしまったり、慌てる事態もありはしましたが、なにか問題が起きる度に対処法を考え、いい方向に向かったこともいくつかあります。
 繰り返される同じ会話、ほんの数分前に終わった話を、また初めて尋ねてくるように話かけてくる。「さっき言うたやろ!聞いとけよ!!」というような新喜劇のようなことは私たちでも時折あることですが、連日となるとこれがかなりのストレスでした。
 

08043

08061

  料理の才能もあまりないので食事も同じものになりがちで食事の献立も悪戦苦闘。しかし、母は元々好き嫌いはなく、私の作ったものでも文句を言わずに食べてくれたのは救いです。
Sn3s0003

   晴れた日に富士山が見えると聞いていたもののずっと雲に阻まれて見えませんでしたが、2日間だけ見えました。
 

   滞在中は精神的にかなり疲れ、沖縄に戻る日は早く帰りたいとしか思えませんでした。同居人の姿が見えない理由が日により時間帯によりわからなくなることがあり、理由を言うと毎回初めて聞いたように驚く。そして、それまで住んでいたところから兄の所へ行き、生活環境が激変する。一番不安なのは母であることは明らかであり、その不安を和らげてあげなければいけないのですが、なかなか平静を保つことが難しいことが多々ありました。また、同居人がいないことがわかって、「私いくぶんかぼけてきたのかな」と落ち込み始めると、こっちにまで負の精神状態が伝染してしまうのです。まあ幸か不幸か、落ち込んでいたことも少し経つと忘れてしまうのですが。

Sn3s0042

Img448

 帰りのANAの機内オーディオでスピッツの特集をやっていたので聴いていると、「ロビンソン」で涙が出ました。彼らの曲は、メロディ展開が絶妙でグッとくる箇所があるのです。疲れ切った心を鷲づかみにされた気がしました。

 二十歳で母の元を離れ早三十数年、母と旅行をすることはあっても、母とほぼ二人きりで二週間もの間生活を共にすることなどありませんでした。月日は流れ、私と母を取り巻く環境は大きく変わってしまいました。今後、様々な選択肢がある中で私たちの生活がどういう方向に流れていくのか想像もつきませんが、母の認知症がこれ以上悪化せず、明るくおしゃべりなままの母でいてくれることを祈ります。

| | コメント (0)

2016年8月21日 (日)

上京

7月某日、のっぴきならない事情ができ上京することになりました。

Sn3s1119

利用した飛行機は、スカイマーク528便、沖縄発は午前3:05。タクシーの運転手さんに「空港まで」と行き先を告げると、運転手さんが返答するまでに一瞬間が開いたのを覚えています。

空港ターミナルの売店などはもちろん一つも開いておらず、あちこちに警備員が立っていて「ここから向こうへは立ち入ってはならぬ」と目を光らせています。スカイマークを利用するのも初めて、こんな時間に空港にいることも初めて、初めてづくしの旅です。

Img_9696

折しも、東京は知事選挙の真っ最中。あんなにたくさんの立候補者がいたのに、このスカスカ感はなんなんでしょうか。

Sn3s1151

滞在中は浅草雷門通りにある鰻屋「やっこ」さんでお食事をしました。なんでも、ジョン万次郎や勝海舟が利用したことがあるという老舗で、今では「ナイツ」のお二人もごひいきにされているとか。お値段はそれなりにしますが、柔らかく、しつこくないたれの味は絶妙のうなぎでした。

一週間近くの東京滞在を終え、戻りはANA999便。

Img_9697

羽田発はなんとこれまた22:45。この便には「ギャラクシーフライト」と愛称が付けられており、意味もわかっていない私は「ふふ~ん」という程度のものだったのですが、調べてみるとギャラクシーとは銀河のことで、しかも999便って、この便の愛称を考えた人、ステキすぎます。

Img_9698

沖縄に着き、手荷物受け取り場へ来たときの時間。1:50です。

楽しい旅ではなかったのですが、初物づくしの貴重な旅でした。

| | コメント (0)

2016年8月20日 (土)

入院

6月某日、入院をしました。背中にできたこぶ(肉腫)を摘出するためです。

小さいうちならよかったのに、大きくなりすぎたので全身麻酔で手術する、と言われました。医師は、「こんなの早く取ったらいいのに」と軽く言うのですが、麻酔は例え万に一つであっても事故が起こりうること。なかなか決断ができずにいましたが、医師を信頼して手術をすることにしました。

Sn3s1096

手術前夜の食事です。「最後の晩餐」にならないよう祈って食べました(笑)。

Sn3s1098

病衣に着替えました。前にも書いたことがありますが、イラクのフセイン元大統領にちょっと似てはいないかと自分で思う今日この頃。

Sn3s1093

翌朝。朝食後、手術着に着替えます。

手術はおよそ一時間半。手術台に横になり、麻酔のマスクを口に当てられて意識が遠のいていく瞬間や、名前を呼ばれて目が覚めた瞬間を鮮明に記憶しています。

手術翌日には病院を追い出され、2泊3日の入院生活は無事に終わったのでした。

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »