« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年6月

2016年6月23日 (木)

伊平屋の旅

昨日22日~今日23日は伊平屋村へ行って来ました。用件は、伊平屋観光ホテルの満足度調査です(ウソです)。

Sn3s1066

遠くに伊是名島が見えます。伊是名島を通り過ぎて行くと伊平屋島があります。この日は、波も穏やかで、船に弱い私でも写真を撮る余裕があります。

Sn3s1067

伊平屋観光ホテルに到着しました。

Sn3s1073

建物は古くささは否めません。

Sn3s1074

しかし、水回りは改装されており、

Sn3s1075

Sn3s1076

歯ブラシや、カミソリ、コップ、バスタオル、タオルなどが備え付けられており、サービスは行き届いている感じがしました。

Sn3s1072

夜は、月と満天の星。星の写真は撮れませんでしたが、流れ星一つ、人工衛星を一つ目撃しました。ちなみに、この写真の緑色の光は港の入り口の光です。

Sn3s1077

朝食は7:30からなので6:30まで寝ているつもりでしたが、悲しいことにいつもと同じ5:00に目が覚めてしまいました。なので、私らしくもなく散歩などをしてみました。ちなみにこのとき5:20です。

Sn3s1079


Sn3s1082

朝ご飯です。残念ながら夕飯の写真はありませんが、2食付いて5000円は安いと思います。満足のいく旅だったと思います。









| | コメント (0)

2016年6月21日 (火)

ストロベリームーンと夏至の日の出

昨日は、きれいな月が出ていました。

Sn3s1054

なんでもこの日の月はストロベリームーンというのだそうで(理由は知りません)、このあとのTVニュースで知りました。

Sn3s1057

そして、今日は夏至。朝5:24の様子です。じわじわと明るくなってきました。

Sn3s1060

5:38。

Sn3s1063

ちょっと太陽が顔を出しました。5:40です。

Sn3s1064

5:41。あっという間に明るくなりました。

Img_9483

先日も飛行機からきれいな夕陽を眺めましたが、ここ最近、こんなきれいな風景によく出会います。



| | コメント (0)

2016年6月16日 (木)

ハッピーバースディショパン

と言っても、フレデリックショパンの誕生日というわけではありません。

我が家のアイドル、猫のショパンの誕生会がおこなわれたのです。

ショパンは、沖縄市の銀天街で迷い猫(?)としてふらついていたところを運悪く私に見つかり補導されてしまったのです。それが2004年の6月9日(通称、ロックの日)。迷い猫だったために、出会った日を誕生日と決めて毎年お祝いをしていたのですが、今年のこの日は千葉の検見川神社湧水の水質検査のため(100%ウソです)上京していたので、一週間遅れの誕生会となりました。

Sn3s1039

誕生日のプレゼントは言わずと知れたまぐろのお刺身。

Sn3s1040

待ちきれず、じっとしてはくれないショパン。

Sn3s1041

しつけの厳しい我が家では、テーブルの下にチラシを敷いて、そこで食べるしきたりとなっています。決して、テーブルの上に乗っかってきてそこで食べるとか、人の箸から直接食べるとか、そんなことはしないので、きちんと両手を揃えて待ちかまえています

ショパンもすでに12歳。あと18回は誕生祝いができますかね。

| | コメント (0)

2016年6月13日 (月)

芸術月間

今月は「芸術月間」と勝手に名付けました。

Img447


まず5日は、プラハチェロカルテットのコンサート。有名なオーケストラに参加している方々ではありませんが、若く才能あふれる4人組がクラシックからポピュラーまで幅広い音楽を奏でます。前回のチェコフィルハーモニーストリングカルテットのコンサートでは拍手を先走る人がいて、かすかな音の余韻が残っているのに拍手をしてしまい、実はまだ曲が終わっていないなんてこともありましたが、今回はそんなこともなく余韻が消えるまで皆さんちゃんと聞いていました。

Img445

Sn3s1072

 そして12日は立川志の輔師匠の落語会。志の輔師匠の落語はこの5年ほど、毎年見に行っています。

Sn3s1075

この日の演目は一席目が「猫の皿」。猫のエサ皿として使われているお皿がとんでもないお宝であることを発見した古美術商が、猫の飼い主であるお茶屋に「猫が気に入ったから猫を譲ってほしい」とだまして皿まで手に入れようとする噺。お茶屋の亭主が一枚上手だったというオチ。

Sn3s1076

二席目は「柳田格之進」という噺。万屋源兵衛と碁を打つのが楽しみな武士の柳田格之進。格之進が碁を打ち終わって万屋の離れを立ち去ったあと、離れにあったはずの五十両がなくなり、万屋の番頭に疑いをかけられる。娘を吉原に売り五十両を用立てた格之進は、「疑いが晴れた日にはその首をもらうぞ」と約束する。忘れた頃に五十両が見つかったことから番頭と万屋の首が落とされることに・・・という人情噺。1時間を超える長い噺ではありますが、時間を感じさせることなくどんどんと物語に引き込まれていきました。

Img354

志の輔師匠が沖縄で落語を演じるようになって今年で27年目になること、多い年は年3~4回公演をしていたこと、今回が105回目の公演になること、などをマクラでお話しされていました。聞き終わって感じることは、前座のお弟子さんである志の麿さんは多少聞き取れない部分がありましたが、志の輔師匠の声はささやくような声でもすべて聞き取れたこと。声の大小ではなく、声の出し方やマイクの使い方など様々な要因があるのでしょうね。ところで私、談志師匠はそれほどのファンでもないのです。志の輔師匠が好き。それだけです。
Img446
そして18日はフジコヘミングさんのソロピアノコンサート2016。80歳を超えるヘミングさんの沖縄でのコンサートは、もしかしたら最後になるかも知れない。そんな思いからヘミングさんのファンであるとぅじさんのために私がプレゼントしたのです。S席1枚12000円。二人は行けません・・・(涙)。また、今年の「うたの日コンサート」では小野リサさんが来るとのこと。行くかどうかは決めていませんが・・・。

| | コメント (0)

2016年6月12日 (日)

東京~千葉の旅

先週は、東京と千葉へ行って来ました。用事は、検見川神社の水質検査です(ウソです)。

Img_9444_2

宿泊は、今もっとも旬な(?)東京都庁が真正面に見える新宿ワシントンホテル。ちょっと時間があったので、舛添知事が政治資金で購入したという知事の似顔絵入りのまんじゅうとやらを話題作りで購入したいと思い、庁舎内に行ってみましたが、「そんなものはない!」と冷たくあしらわれました。と言うのはウソで、総合案内の方が忙しい中こんなくだらない問いかけにもきちんと応対してくださいました。

Img_9446

翌朝の食事です。最上階25階のレストランです。

Img_9447

ちょっと、おしゃれな写真風に撮ってみました。

Img_9445

ちなみに、この日の都庁上層階は雲がかかっています。まるで、舛添知事の晴れない疑惑のようで、肝心な部分は雲がかかって見えません。

Img_9451

総武線と京成線を乗り継いで検見川へ。検見川神社は駅から徒歩2~3分のところにあります。

Img_9452

石段を登りきるとすぐ左に御神水がありました。

Img_9454

Img_9457_2

Img_9458

左右の龍の口から冷たい水が湧き出ていて、奥にある石の上からも水が滴り落ちていました。少しだけ飲んでみましたが、本当に冷たくておいしい水でした。

Img_9459

千葉のマンホールのふたもゲットしました。いや、ふたをゲットしたわけではなく、ふたの写真を撮りました。これは、メジロ? ウグイス? なんだかわかりませんが、鳥のデザインです。

Img_9461

検見川の駅は改札が一カ所しかなく、向こうのホームに着いたら線路を渡ってこっちのホームに来ないと出られないのです。なんだか、ちょっとのどかな感じがしてよかったです。

Img_9470

無事に任務を終え(?)羽田空港に到着。今回利用するのはANA1097便。これまで、東京発沖縄行きは、3時台のあとが夜8時で、その中間くらいがあればいいのにな~と思っていたところ、新しく便の設定がされたそうです。3時台の発では早いし、8時発だと家に着いたら日付が変わっていることもあるので、この時間の便はうれしい限りです。

Img_9473

離陸してしばらくすると、きれいな富士山が雲を突き破って姿を現していました。

Img_9477

冬に乗ったときは、雪を被った富士山がものすごくきれいにみえました。そのときは残念ながらカメラを持っていなかったので写真が撮れずじまいでしたが、今回は撮りまくりです。

それからしばらく、音楽を聴いたり機内販売を利用したりグダグダと過ごしていましたが、到着が近づくにつれ美しい光景が飛び込んできました。

Img_9480

夕陽です。この、翼と雲がよりいい感じにしてくれました。

Img_9483
これは私の一番のお気に入り。

Img_9484

この間、19:33~19:36。搭乗客が一人足りないということで出発が若干遅れたのですが、これが定刻の出発だったらこの時間は最終の着陸態勢に入ってシートベルト着用サインが出ていたかも知れず、そうであれば通路側の席だった私はこんなにきれいに写真を撮ることもできなかったかも知れません。なので、結果オーライでした。5分、10分の遅れは定刻のうちです。

思いがけず楽しい旅になりました。





| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »