« 宮古島の旅 | トップページ | やんばる散策 »

2016年3月20日 (日)

ブッキシュ落語会

昨日3月19日は、西原町にあるブッキッシュで北山亭メンソーレさんの落語会が開かれました。

この日の演目は一席めが「金明竹」(錦明竹と表記することもあるそうです)、二席めが「新聞記事」という2つの古典落語。

Img_8987

一席めの演目は別の演目を考えていたそうですが、12歳の若い女性がお客さんとして来ていたために、マクラの途中で演目を代えたそうです。このマクラでは、今帰仁村の東側と西側ではアクセントが違うという話をされていました。例えば、「消しゴム」。これは普通のアクセントでは平坦なアクセントにしかならないのですが、西側諸国の方は「け(↗)し」と「け」が強く上がるのだそうです。これは小中学校の頃は近いエリアの子供たちしかいないために気づかないそうですが、広いエリアの生徒が集まる高校になると、お前のアクセントはおかしい、ということになるそうです。私が名護市で勤務していた頃、いわゆる「名護なまり」というのを聞いたことがありますが、それに近いアクセントという気がしました。

Img_8988

二席めのマクラでは、寿限無のことを話されていました。今のオチは、名前が長すぎてたんこぶが引っ込んでしまったというのが普通ですが、本来は、寿限無~が溺れてしまったので友人が助けを求めに行くが、名前が長すぎて溺れたことを伝えるのに時間がかかり、結果的に溺れ死んでしまうというものなのだそうです。それは、子供が長生きできるようにとあれやこれやと言葉をくっつけて長い名前をつけてしまったがために、いざというときにそれが仇となって命を落とす結果になってしまった。物事はほどほどに、という皮肉・教訓のようなものが込められているのだそうです。また、古典落語では「死」というものが軽い感じで語られることが多く、それは、今ほど寿命が長くなかった頃はもっと死というものが身近なものであったためではないか、とも話されていました。

前回の落語会のときの「矢立」もそうですが、落語から学ぶことはとても多いですね。

|

« 宮古島の旅 | トップページ | やんばる散策 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮古島の旅 | トップページ | やんばる散策 »