« ブッキシュ落語会 | トップページ | 東京散策(早稲田・甘泉園&カラバッジョ展) »

2016年3月21日 (月)

やんばる散策

昨日、3月20日は、やんばるへ出かけてきました。大きな目的は、1月に訪ねてみたものの結局探せなかった本部町山里の「山ガー」を探すこと。なぜだか名護中心部に向かう国道58号は大渋滞で、お昼の時間が若干遅れました。

お昼は私の先輩が経営するおそばやさん「やまや」にお邪魔し、本部町の伊豆味に、クメノサクラというものが咲いているらしいからいってごらん、と言われ、詳しい場所もわからないのにいってみることにしました。このあたりだろうと曲がってみた角に「クメノサクラ」と書かれた案内板が。

Img_8991

Sn3s1242

すると、沖縄の寒緋桜のどぎついピンク色とは違う、淡いピンク色をした桜が咲いているではありませんか。

Img_8998

Img_9002

なんでも、終戦間もない頃、この集落にこのクメノサクラが持ち込まれ集落で植えられていたそうですが、衣食住にも事欠く時代でほぼ消滅状態となってしまったそうです。そして数年前にクメノサクラを復活させようとの話が持ち上がり、寒緋桜を台木にして接ぎ木したのだそうです。まだまだ木も小さく、花の数も多くはありません。しかし、もう少し年月が経てばきっと華やかな世界を見せてくれるに違いありません。

Sn3s1254


そして、1月に探せなかった山里のヤマガー探しに再チャレンジします。この場所に畜舎があり、そこで作業をしている方にお聞きすると、この奥に湧水があるとのこと、さっそく奥へ行ってみます。

Sn3s1253

奥に青いネットが見え、どうやらそこのようです。

Sn3s1251

Sn3s1250

Img_9004

ありました。聞いていたような「飲めるほど清らか・・・」な感じはしませんでしたが、それでも冷たい水が豊富に湧き出ていました。今も農業用水などに利用されているようです。

Img_9011

本来の目的を達成した私たちは、今帰仁村諸志にある諸志売店となりにできた(というよりも、諸志売店内に飲食スペースができたという方がより近い感じかも知れません)というカフェに行ってみました。諸志売店はこの軒先の暖簾が前から気になっていた場所。個人的には、この白地のものよりも、以前かかっていた紫地に白い字で書かれた暖簾が好きです。

Sn3s1260

店内はお食事がメインのようですが、コーヒーの類もあるのでそれだけでも大丈夫です。

Img_9014

Sn3s1258

店内は、レトロな雰囲気が漂いいい感じです。ちなみに、一つ上の写真の左側にくまモンのような人形がありますが、これはくまモンではなく、あぐー(沖縄在来の黒豚)のぬいぐるみなんだそうです。

Img_9016

名護市へ戻る途中、あいあいファームという廃校を再利用した施設に行ってみました。

Sn3s1263

Sn3s1265

Sn3s1271

Sn3s1270

Sn3s1267

Sn3s1264

ここは、有機農産物などを作ったり、パンやソーセージ、豆腐作りなどが体験できる複合的な宿泊施設。カフェやレストラン、直売所もあります。ちょっと疲れたら、ここに立ち寄って外のテーブルに座ってアイスなどを食べれば癒されること間違いなしです。

この日はいいところをいくつも発見しました。とても有意義な一日でした。










|

« ブッキシュ落語会 | トップページ | 東京散策(早稲田・甘泉園&カラバッジョ展) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブッキシュ落語会 | トップページ | 東京散策(早稲田・甘泉園&カラバッジョ展) »