« やんばる散策 | トップページ | 京都・湧水と桜をめぐる旅(平安神宮の桜編) »

2016年3月27日 (日)

東京散策(早稲田・甘泉園&カラバッジョ展)

先日は上京する用事があり、空き時間で少し東京を巡ってきました。

Img_8900

Img_8901
Img_8902

着いた日は、新宿中村屋でカレー。午後1時を過ぎていたので、空いているだろうと思ったのですが、もうすでに仕事なんかとっくに退職してまーす、というような年齢の方で混雑していました。そしてその後、実家に顔出ししたのです。

Img_8914


Img_8915


Img_8917

翌日は、朝から早稲田大学そばにある甘泉園に行きました。都会の真ん中のあるとは思えない、緑豊かで静かな公園です。

Img_8918


Img_8919

ここに行ったのには理由がありまして、実はこの公園内に湧き水があるのです。神田川方面から入っていくと池の奥に、滝のように流れ出る湧き水がありました。この湧き水が、甘くお茶に適した水だということで「甘泉園」の名前がついたようです。

Img_8924

Img_8921

そして、午後からは国立西洋美術館のカラヴァッジョ展へ。
Img425

メデゥーサ。

Img426

バッカス。

Img430
エマオの晩餐。

「エマオ(Emmaus)は新約聖書ルカの福音書(24章13〜35節)に登場する地名であり、「温かい井戸」という意味がある。

エルサレムから11km離れたところにあり、クレオパともう一人の弟子が旅をしていたときに、復活したイエス・キリストが現れた町である。

イエスは復活後にエマオに途中の道で、クレオパに近づいて、彼らと語りながら歩いた。そして、食事の招待を受けて、感謝してパンを裂いた時にそれが、イエスだと分かったが、その時イエスは見えなくなった。」(wikipediaより。)

Img427

女占い師。

この絵はガイドを聞いていたのでわかったのですが、占い師が手相を占うふりをして男の手から指輪を抜き盗っているのだそうです。

Img429

ナルキッソス。

「ナルキッソスはギリシア神話の中でも著名だが、その話についてはいくつかの説がある。盲目の予言者テイレシアースは占って「己を知らないままでいれば、長生きできるであろう」と予言した。

若さと美しさを兼ね備えていた彼は、ある時アプロディーテーの贈り物を侮辱する。アプロディーテーは怒り、ナルキッソスを愛される相手に所有させることを拒むようにする。彼は女性からだけでなく男性からも愛されており、彼に恋していた者の一人であるアメイニアスは、彼を手に入れられないことに絶望し、自殺する。

森の妖精(ニュンペー)のひとりエーコーが彼に恋をしたが、エーコーはゼウスヘーラーの監視から逃れるのを歌とおしゃべり(別説ではおせじと噂)で助けたためにヘーラーの怒りをかい、自分では口がきけず、他人の言葉を繰り返すことのみを許されていた。エーコーはナルキッソスの言葉を繰り返す以外、何もできなかったので、ナルキッソスは「退屈だ」としてエーコーを見捨てた。エーコーは悲しみのあまり姿を失い、ただ声だけが残って木霊になった。これを見た神に対する侮辱を罰する神ネメシスは、他人を愛せないナルキッソスが、ただ自分だけを愛するようにする。

ネメシスは無情なナルキッソスをムーサの山にある泉によびき寄せる。不吉な予言に近づいているとも知らないナルキッソスが水を飲もうと、水面を見ると、中に美しい少年がいた。もちろんそれはナルキッソス本人だった。ナルキッソスはひと目で恋に落ちた。そしてそのまま水の中の美少年から離れることができなくなり、やせ細って死んだ。また、水面に写った自分に口付けをしようとしてそのまま落ちて水死したという話もある。ナルキッソスが死んだあとそこには水仙の花が咲いていた。この伝承から、スイセンのことを欧米ではナルシス(Narcissus)と呼ぶ。また、ナルシスト(ナルシシズム)という言葉の語源でもある。」(wikipediaより)

Highlight_works05

このカラヴァッジョ展では「法悦のマグダラマリア」が、カラヴァッジョの真筆と認定され世界で初めての公開となったのだとか。しかし、グッズはすでに完売していました。

上野駅に行くと、ガード下でアンデスの音楽を奏でる集団がいました。

Img_8928


Img_8930


Img_8934


Img_8935

グループの方はウィニャイ(Wiñai)という方々。

演奏していた曲を気に入ったので、CDを購入しました。「ライブも来てくださいね」と言われたのですが、残念ながら行けそうにもありません(何しろ遠いので・・・)。このときのライブ映像はこちら。  

       ↓    ↓

https://youtu.be/yS6pXLJ1KME

Img_8937

この演奏をしている向こうに托鉢僧の姿が見えます。静と動。あまりにも好対照な光景です。

Img_8940

その後銀座方面へ出向き、一休みできるところを探すも、どこも一杯。帰りの飛行機の4時間くらい前にすでに空港に来てしまいました。

ANA派の私が、ANAのホテルパックが取れなかったためJALでの往復となり、なんだか敵国アウェイで乗り込んできて応援してくれる人は誰一人いないぞ、的な落ち着かない感がありましたが、いつもと違うターミナルを利用するとまた少し新鮮な感じもします。夜も滑走路もいつも以上に魅力的に感じます。

Img_8943

上空に見える三日月がまたいいですね。

|

« やんばる散策 | トップページ | 京都・湧水と桜をめぐる旅(平安神宮の桜編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やんばる散策 | トップページ | 京都・湧水と桜をめぐる旅(平安神宮の桜編) »