« マブイ落としに行ってきました | トップページ | ナハマラソン »

2015年12月 5日 (土)

エール!を見てきました

先週の土曜日に「エール!」(原題:LA FAMILLE BELIER)を見に行きました。

Img406

この映画は、先日「先生と迷い猫」を見に行った際に予告編が流れ、予告編だけで泣きそうになった作品。上映終了後どれだけ泣きはらした目をしているのか、ハラハラものです。

フランスの田舎町で酪農を営むベリエ家は、長女のポーラ以外は、父も母も弟も耳が聞こえません。家族は、耳の聞こえるポーラの手助けがないと大変です。そんな中、合唱部に入ったポーラはその才能を認められ、オーディションを受けてパリへ行くよう勧められますが、当然家族は大反対。夢を追いたい気持ちと、家族を想う気持ちで葛藤を続けます。ポーラの夢は、そして、恋の行方は・・・。

Img409
私が登場人物で気に入ったのは、この音楽の先生。チリチリ頭でやせこけていて、どう見てもインチキくさい(笑)。しかも、生徒に向かって「これは愛の歌だ。俺を勃たせてみろ」などと、日本では懲戒ものの(?)発言を連発。

Img407

映画でポーラが歌うシーンは吹き替えではなく、本物だそうです。その奇跡的とも言える歌声で主役の座をつかんだポーラことルアンヌ・エメラは、CDデビューし大ヒットを記録したそうです。

Img408
ポーラが耳の聞こえない家族のために、手話を交えて「青春の翼(原題:JE VOLE)」を歌うシーンに涙が溢れました。また、詩の内容がその場面にぴったりくるのです。この曲は国民的シャンソン歌手、ミシェル・サルドゥの曲だそうです(興味がある方は、you tubeで見られますのでそちらをどうぞ)。

フランス映画って、暗いナレーションが入るだるいイメージしかありませんでしたが、この作品はいい意味で裏切ってくれました。家族愛って本当にいいですね。

|

« マブイ落としに行ってきました | トップページ | ナハマラソン »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マブイ落としに行ってきました | トップページ | ナハマラソン »