« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

マブイ落としに行ってきました

昨日11月29日は、那覇市のライブハウス、「バンターハウス」で『魂(マブイ )落とし 其の三』の第1回公演が行われました。

Img405

出演者は、大道芸人のたまんちゅ。さんと、私たちがパトロンを務める(?)北山亭 メンソーレさん。ともに今帰仁村出身の同級生です。

Img_8085_2

Img_8089

この公演は、二人がそれぞれの芸を披露するほか、二人のトークや、ビデオ上映な ど、なんでもござれのめくるめくステージです。

Img_8086

Img_8090

Img_8091

まずは、たまんちゅさんの、大道芸。太鼓にボールを落としながらのジ ャグリングは必見です。湿度などによってボールの跳ね返り方が違うので、とても難しいそうです。また、水晶球を使った芸は華麗でした。

メンソーレさんの落語は、「たいこ腹」と いう噺。元々は上方の古典落語だそうです。 お金持ちでもうやりたいことすべてやりつくした感のある伊勢屋の若息子。ほかに やりたいことはことはないかと考え、鍼を思いついて本などで勉強をはじめます。 芸者達を練習台にするちょっと色っぽいシーンでは、「子供がいるんだよっ!途中 でネタを変えるとかできないのかい!」と自分で突っ込みを入れて 笑いを誘います。私たちの目の前に座っている小学校低学年と思われる女の子二人 、笑っているけど、意味分かって笑っていないよね?

最近のメンソーレさんは枕おもしろさに拍車がかかっていて、そういう意味では持 ち時間が短くてちょっと 残念ではありましたが、新しいメンソーレさんの魅力を発見できた催しだったと思います。

| | コメント (0)

2015年11月26日 (木)

らっきょうコロコロとキーマカレー

Sn3s0866

先日の離島フェアで購入した、私のらっきょうに対する観念を劇的に変えてしまった渡名喜島のらっきょうコロコロ。栽培期間中に農薬を使用していないらっきょうの甘酢漬け。らっきょうそのものもおいしいけれど、甘酢の具合も最高。いくつでも食べてしまうらっきょうなのです。

「ここのらっきょうおいしいですよね」。渡名喜村のブースにいたおばちゃんに私がこう言うと、「筋がすくなくてね。大根もおいしいんですよ」とおばちゃん。土がいいんでしょうか。

「らっきょう買ったからカレー作ろうか?」って、それは順序が逆なんでは?というような会話をして、月曜日はカレー担当の私がカレー🍛を作りました。

その翌日JICAの食堂に行って、何も考えずにキーマカレーを頼みました。

Sn3s0857

できあがったカレーを受け取ってテーブルに持ってきてそこで初めてはっと気づいたのです。

Sn3s0858

しまった、昨日もカレーだったんだ・・・。

でも、食べる場所が違えば、「別物」と考えるようにしています。

ごはん、サラダ、スープ、コーヒー・紅茶は自由で、500円。

らっきょうはないけれど、でもおいしかったです。

そしてまたその翌日、らっきょう付きのカレーを私は食べるのでした。

| | コメント (0)

2015年11月23日 (月)

OFFの一日

昨日は、午前中離島フェアに行きました。お目当ては、大東寿司と、渡名喜村の島らっきょう甘酢漬け。らっきょうなんて、嫌いでもないけど好きでもない、と人生50年くらい生きてきたのですが、昨年渡名喜のらっきょうを食べて人生観が変わりました。大げさか・・・。

Sn3s0813

朝の10時から行ったのですが、相変わらずのすごい混雑。お目当ての物をゲットした私たちは早々と会場を後にし、南城市知念へ向かいました。

とぅじさんが用事があって、1時間以上私は用なし。その様子を以下、フォトエッセイ風にまとめてみました。

午後2時前。南城市知念。天気もよく、暑いくらい。

まだ沖縄は夏?そんな錯覚を起こしそうになる。

待ち時間をどうしようかな~と思案にふける。

その場所でテラス席へ行きコーヒーなどを飲みながら、下を行き交う人の様子を眺めたり、遠くに見える久高島を見て、ふぅ~と深呼吸してみる。

Sn3s0826

日差しは強いけど、ここは屋根がある。心地よい風に身体を任せてみる。

お、これは意外と気持ちがいいぞ。

Sn3s0827

車からメモ帳を持ってきて、この3日間のお金の使い道をメモしてみる。

下からハワイアンの甘いメロディーが聞こえてきて、とても気持ちがいい。

時に、サンシンの音も混じっているけど、まあいいか。

Sn3s0823

あまりにヒマなので、雑誌などに使われていそうなおしゃれな写真が撮れないかな~と思ってチャレンジ。

Sn3s0824

どうだろう。

すぐそばで、コロッケさんに似た風貌のインチキくさい人(失礼!)が道行く人の手相を見たり、運気を上げると言って「ばんざーい」とか叫んでいる。コロッケさんに似ているからインチキくさいのか? もし彼が福山雅治さんに似ていたら、同じことをやっていてもそうは感じないのか?

よくわからないけど、お客さんも楽しそう、コロッケさん(?)も楽しそう。だから、まあいいや。

1時間以上もラ・フランス状態(洋なし→用なし)だったのに、時間をもてあますこともなく、トランス状態に突入して「もう今日は何も求めない」くらい満足してしまったのに、更に締めがあった。

Sn3s0830

マンゴーフローズンサンデー。500円。

Sn3s0831

このパーラーはマンゴー農家さんの経営だそうで、多分沖縄県産であろうと思われるマンゴーがたっぷり乗っている。とぅじさんと分け合って(支払いはやっぱり私!)、でも満足。おいしい。

Sn3s0833

駐車場そばにいた人なつっこいにゃんの見送りを受けて、ゆる~い午後を過ごした一日はこうして終わってしまいました。

世界中を見渡すと必ずしも平和とは言えないけれど、とりあえず、ここには平和が溢れていた。

明日はどんな平和と出会えるだろう。

世界のみんなに早く平和が訪れますように。

| | コメント (0)

2015年11月22日 (日)

「護佐丸伝説」を観てきました

昨日は、中城村で行われたプロジェクションマッピング・光と音で蘇る「護佐丸伝説」を中城城跡に観に行ってきました。

Img402

私が師と仰ぐ(?)護佐丸公が居城していた中城城。ここが今回の会場なのですが、実は私、中城城跡を訪ねるのは多分初めて。なので、早めに行ってお城見学から始めます。

Sn3s0775

正門から入ると石積みが美しくとても立派です。

Sn3s0778

門も本当に美しいです。

Sn3s0786

そして、私には絶対に見逃すことができない井戸。

Sn3s0788

急な石段を下りていくと、

Sn3s0791


Sn3s0792

今も清水が湧き出ているウフガー。もう600年近くも水が湧き出ているなんて、とてもすごいことだと思います。

Sn3s0783_3

一の郭から二の郭につながる門の下で自分の影が伸びるのを見つけ、格好つけて撮ってみました。

Sn3s0797

さてステージに行ってみます。三の郭の城壁がスクリーン代わりになるようです。

ステージは、よしもと芸人による寄席・落語、ひとりでできるもんさんのダンス、ji ma maのライブなどが続き、日もとっぷりと暮れた19:30頃からいよいよ、護佐丸伝説の始まりです。

Sn3s0805

北山を撃ち当時の国王、尚巴志の信頼も大きかった護佐丸。しかし、阿麻和利の謀略の前に自ら命を絶ったと言われます。そんな護佐丸の波乱に満ちた人生が、レーザー光線を使った壮大なスケールで描かれます。

この日のイベントは無料、城跡の入場料も半額ということで、とてもお得なイベントでした。

話は飛びますが、今後、この中城城跡では、きゃりーぱみゅぱみゅさんのコンサートや市川海老蔵さんが出演する歌舞伎などの予定があるそうです。

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »