« 日露交歓コンサート2015 | トップページ | 「先生と迷い猫」を観てきました »

2015年10月10日 (土)

組踊 銘苅子鑑賞

 10月8日は、国立劇場おきなわに組踊を見に行きました。

これは、組踊研修生の第3回発表会としてのもの。私たちは知人からチケットをいただき、人生初の鑑賞となった次第です。

Img393

Img394

本日の演目は、第一部が琉舞の「作田(つぃくてん)」と「前の浜(めーぬはま)」、第二部が組踊の「銘苅子(めかるしー)」です。

「銘苅子」は、組踊創始者、玉城朝薫(たまぐすくちょうくん)の作で、1756年に演じられた記録があるそうです。

以下、あらすじを記しておきます。

畑仕事の帰り道、農夫の銘苅子は、泉の周辺全体が明るくとてもよい匂いがすることに気づきます。そこで、隠れて様子を見ていると、美しい天女が現れました。天女が髪を洗い出したすきに、銘苅子は羽衣を取ってしまいます。天女は羽衣を取られ、天に帰ることもできないので、仕方なく銘苅子の妻となることを受け入れました。

月日が経って、2人は女の子と男の子に恵まれました。ある日、天女[母]は子どもが歌う子守歌から、羽衣が米蔵の中に隠されていることを知ります。そして天女は、羽衣が見つかったからには天界へ戻らなければならないと決心します。子ども達を寝かしつけ、天女は羽衣を身にまとい、天に昇ります。子ども達は目が覚めて母がいなくなったことを知り、泣き叫びます。

明くる日から、姉弟は毎日母を捜し歩きます。銘苅子は「母はこの世の人ではないから諦めるように」と言います。

そこへ首里(しゅり)王府[琉球王国の都の首里にあった中心的な役所]の使者がやって来ました。使者は「銘苅子の妻である天女が2人の子ども達を残して天に昇ってしまったという噂(うわさ)が首里城まで届いた。それを聞いた王は、姉は城内で養育し、弟は成長したら取り立て、銘苅子には士族の位[王を支える武士の階級]を与えることにした」といいます。それを聞いた銘苅子親子は喜び、家路につきます。(「文化デジタルライブラリー」から)

なお、天女が水浴びをした場所として言い伝えられているのが、宜野湾市にある「森の川」。

Sn3s1673

Sn3s0001

森の川は、沖縄県指定文化財(名勝)に指定されています。

Img_3930

Img_3931

終演後は、出演者の皆さんがお見送りに出てきてくださいました。

帰り道、とぅじさんと作品を振り返って感想などを言い合ったのですが、共通の意見としては、銘苅子役を演じた知花令磨さんがよかった、ということです。

Img395
知花さんを含め、今回の研修生の皆さんが今後どんな成長を見せてくれるのか、素人ながら楽しみにしています。

|

« 日露交歓コンサート2015 | トップページ | 「先生と迷い猫」を観てきました »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日露交歓コンサート2015 | トップページ | 「先生と迷い猫」を観てきました »