« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月29日 (火)

福島・東京の旅③

前日に東京に戻ってきた私たち。池袋のサンシャインシティプリンスホテルを9時頃チェックアウトし、まずは明治神宮の清正井を目指します。

Img_3749

加藤清正が掘ったと言われるこの井戸、数年前のパワースポットブームで拝観に整理券が必要だったり、午前中で整理券がなくなると言われたり大変な時期があったようですが、事前に問い合わせると「今は長くても10分ほどお待ちいただくだけでご覧いただけます」とのこと。

Img_3762

Img_3772

いよいよ、数年来の念願だった清正の井戸を見ることができました。都会の真ん中に、こんなにも清らかな水がこんこんと湧き出ていました。

Img_3773

すぐそばに警備の方が立っていて、「湧き口の中に手を入れないで」「飲まないで」などと注意をしていました。

Img_3787

その後、本殿でお参りを済ませ戻ろうとすると、結婚式の行列に出会いました。なにか私たちも幸せのお裾分けをいただいたような得した気分に。

2日前の満腹を未だに引きずっている私、お昼はここで軽く日本そば。

Img_3793

Sn3s0578


Sn3s0580

Img_3794


Sn3s0582

Img_3796

明治神宮を後にした私たちが目指したのは歌舞伎座。落語などの日本の伝統文化に興味がある私も歌舞伎は未知の世界。そもそも、銀座の近くで働いていたこともあるのに、歌舞伎座の存在自体知らなかったのです。そこにあるお茶屋さんにぜひ行きたいととぅじさんが言い出したため、時間もあるのでせっかくだから行こう、ということになりました。どうでしょう、このとぅじさんの満足げな笑顔。ちなみに、この日は夜の演目に「玉三郎」の名前が書かれていました。

Sn3s0587

有楽町駅前ではマリオネットとバイオリンのパフォーマンスをしている人たちにも出会いました。

こうして、いつもより長い3泊4日の旅が終わりを告げました。





| | コメント (0)

2015年9月28日 (月)

福島・東京の旅②

翌19日は、福島への墓参りの日です。

Img_3672

大宮9:42発の郡山行きに乗ります。

Sn3s0504

Sn3s0491

まず、新白河へ行き、そこから車を借りていざ本宮へ。

Sn3s0507

Sn3s0508

その前に、ラーメンが有名な白河で白河ラーメンを、ということになり、これまた有名な「とら食堂」に行きますが1時間待ちと言われ、「要屋」さんへ。チャーシューワンタンを頼んだところ、ごらんのとおりのすっごいボリューム。

「大切な食べ物を残すことはなりませぬ」という母のありがたい教えを忠実に守り、どうにか完食した私。これがのちのち大変なことになるとはつゆ知らず・・・。

お墓参りを済ませて本日の宿泊場所、会津の芦ノ牧温泉「新湯」さんへ向かいます。

Img_3683

Img_3685

Img_3688

Img_3699

ホテル街からは少し離れた静かな環境にあるお宿。

Img_3692

お風呂のあと、お待ちかねの夕食。しかーし!私は昼のラーメンが影響し、ほとんど食べられません。馬刺も残し、お鍋は全く手をつけられず。お昼の「母の教え」はどこへやら。大半の料理を手つかずのまま、すごすごと部屋へ戻るヘタレな私なのでした。

Img_3695

そして朝ご飯。夜中に目が覚めたとき「どうしよう、お腹空いてない・・・」と思ったものの、どうにか食べるができまずは一安心といったところです。

Sn3s0524

宿を出てから、まずは猫が働く駅、ばす駅長のいる芦ノ牧温泉駅へ。去年会ったときは「もう会うこともないのかも・・・」と思い悲しくなったのですが、今年も無事に会うことができました。でも、ばす駅長、高齢でしかも目もほとんど見えないとのこと、写真・ビデオの撮影、さらに触ることも禁止されているため、もちろん何もありません。

ばす駅長に別れを告げ一路、ずっと前から行きたかった大内宿を目指します。芦ノ牧温泉から大内までは会津鉄道沿いに南下し、湯野上温泉駅付近から行くのが一般的でわかりやすいそうですが、ここは行楽シーズンは大変混雑するとのこと。それよりもちょっと遠回りになりますが、少し北上して、大内こぶしラインを通るとスムーズとの情報を得てそのルートを通ると、まったく混雑もなく、スムーズに到着することができました。

Img_3715

Sn3s0536

Img_3721

駐車場も比較的空いていたので空いているのかと思いきや、この混雑。シルバーウィークまっただ中なのですから、これくらい混んでいないと困ります。

Img_3725

Img_3724

ここで、ねぎでそばを食べるねぎそばを食する予定でしたが、あいにくまだ空腹の状態にならず、残念ながらお餅だけを食べることにします。このお餅がつきたててとてもやわらかくとにかくおいしい。

Img_3729


Img_3733

食後、白河までの遠い道のりがあるため、少し早めに駅に向けて出発することに。

帰り道、湯野上温泉駅方面へ向かうと、ものすごい渋滞。駐車場に車を止めるまで1時間以上はかかるだろうと思われるような大大渋滞を横目に、観光を終えた私たちは下郷経由で新白河駅を目指しました。



| | コメント (0)

2015年9月27日 (日)

福島・東京の旅①

先日の18~21日、福島への墓参のため上京しました。

Img_3640

この日は朝から津波注意報が出ていて、「海に近い那覇空港は大丈夫なのか?」と心配しましたが、那覇空港の混雑で少し東京の到着が遅れただけですみました。

Img_3650

飛行機が遅れたため、遅い昼食となりました。まずは赤坂にあるドイツ・オーストリア料理の店、ノイエスへ。

Img_3643_2

Img_3649

こちらでは、私の祖国であるオーストリア(ウソです)のシュニッツェルとザッハトルテをいただきました。ザッハトルテに付くホイップクリームは日持ちしないため、送っていただくものには付いていないのですが、お店で食べる分には大丈夫です。

Img_3657

ノイエスからホテルまではゆっくりと歩いても10分もかからないほど。赤坂というと賑やかなイメージしかありませんが、メインストリートをはずれると古い町並みが残っていていい雰囲気です。ちなみに、これは「さんぷんざか」と読むそうで、「さんぶ」は間違いだそうです。ここは、急な坂で車賃を銀さんぷん(今の百円程度)割り増ししたのがいわれだでそうで、「さんぶ」と読むと四分の三両となってしまうため誤りなのだとか。

ホテルにチェックイン後は、有楽町駅にSUICAや翌日の新幹線の切符を引き取りに行き、銀座で買い物をしたあと、四谷にあるチェコ料理のお店「だあしゑんか」に行きました。

Img_3667

Sn3s0482

店内は、チェコの雑貨や絵本が並べられ、好きな人にはたまりません。

Sn3s0483

前世がチェコ人だった(本当か?)とぅじさんも、来ただけで満足そう。

Img_3660

Img_3663

Img_3664

こちらでは、ビール大国チェコを代表するビール2種、前菜盛り合わせ、グラーシュをいただきました。グラーシュは、ビーフシチューのような濃厚な味、これにしっとりとしたパン、クレドリーキがつけばもう完璧。

帰りの電車の中には、「安保法案反対」のプラカードを持った人が乗っていました。賛否はともかく、この日の深夜に参議院本会議で可決されたのです。

こうして、食べることに関しては満足、満足の滞在初日なのでした。








| | コメント (0)

2015年9月23日 (水)

石垣島のお昼ご飯

先日の14~16日、2泊3日で石垣島に行ってきました。新空港ができて初の訪問です。

島の北部を活動範囲に割り当てられた私たち。明石(あかいし)という集落まで行きました。ここは、観光客も多く訪れる「明石食堂」が有名なのですが、この日はあいにく定休日。

Sn3s0456

近くを探してみると、こんな看板を見つけました。お店の名前は「baraque」。サンドウィッチなどがあるとのことで行ってみました。

Sn3s0455

民家の駐車場に、移動パーラーのような車が一台。そこでなにやら調理等をしている女性が一人。

Sn3s0452

Sn3s0448

Img387

「カリカリ塩豚のパインミー」というメニューとアイスコーヒーを頼みました。パインミーというのは、ベトナムサンドウィッチなんだそうです。

Sn3s0454

店内は、昔農家の倉庫を改装したものに思え、決しておしゃれな雰囲気はありませんが、サンドウィッチもおいしく、意外にくつろげました。

Sn3s0453

Sn3s0450

お店の前には小川が流れていて、その向こうには広々とした農地が広がります。時間を忘れてのんびりするにはお勧めです。

お代は、サンドウィッチ600円とアイスコーヒー350円で950円です。石垣島の人は100円安くなるそうです。

Sn3s0462

その後、離島桟橋にある沖縄の英雄、具志堅用高さんの銅像を見に行きました。数人ではありますが、列ができるほどの人気。みなさん、銅像と一緒に記念撮影を楽しんでいました。





| | コメント (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »