« 笑福亭鶴瓶落語会 | トップページ | 志の輔らくご »

2014年7月 8日 (火)

粟国島の旅

6月29日~30日、初めてとなる粟国島への旅をしてきました。

1404630851969

この旅をアシストしてくれる電気自動車。

Sn3s0284

宿から見た風景です。左側はすぐ港です。

Sn3s0291

まずは、港のすぐそばにあるシヌルーと呼ばれる湧き水に行きます。案内をしてくれたのは、東区長の仲間さん。

Sn3s0299

このあとは、東ヤマトゥガーに行きます。海がとても美しいです。

Sn3s0300

Sn3s0301

Sn3s0304

1959~1960年に高等弁務官資金により作られたこのカー。貯水タンクこそ壊されてしまっていますが、今もしっかり水が湧いています。

Sn3s0316

Sn3s0315

トゥージと呼ばれる貯水のための水瓶が残されている家にも行きました。人と比べてもかなり大きいです。

Sn3s0319

Sn3s0317

海水淡水化施設にも案内してもらいました。

Sn3s0329

Sn3s0330

宿の夕飯です。質素ですがおいしかったです。

夕飯後、事件が発覚しました。宿泊者の若い女性2人組が夕飯時間を過ぎても戻らないのです。夕方から雷雨となり、どこかで雨宿りしているうちに日が暮れて迷ったのか、標高100mくらいの断崖もあることから転落でもしたのか。どこかでお酒でも飲んでいるならいいけれど、事件・事故にでも巻き込まれてはいないか。宿泊者も巻き込んでの騒ぎとなりました。結局、23時半頃に無事に戻ってきて事なきを得ましたけど。ダイビングショップの人に誘われてお酒を飲みに行っていたらしく、「宿に連絡はしなくてもいい」などと言われたため連絡しなかったそうです。ダイビングショップの人は無責任だとの非難の声もありました。

Sn3s0336

Sn3s0335

Sn3s0337

翌朝、少し早く目が覚めたので集落を散歩してみます。この生き物は見たことがあるようなないような。名前も知っているような知らないような。

Sn3s0339

これは朝ご飯です。さけが二切れなんて経験ありません。

Sn3s0341

食後、民宿波止場の新城ツル子さんから、お水に関する昔の話を伺います。

Sn3s0344

失礼ながらお年を伺うと、「16歳」と言っていました。観光協会の方が「おそらく86歳じゃないか」と言っていましたが、真相は不明。

Sn3s0347

下水道のふたも地域によって違うのでそれを見るのもおもしろいです。粟国はそてつの島なので、そてつがデザインされています。

Sn3s0822_4

これは座間味島のふた。春先にくじらがやってくることから、くじらのデザインです。

Sn3s0361_2

Sn3s0358_2

午前中、有名な「粟国の塩」の工場見学をさせてもらいました。とても手間暇のかかる作業工程、お値段もそれなりになることを実感しました。ちなみに、「質の悪い塩があるから塩分すべてが悪いように言われるがそうではない」ということを教えていただきました。

Sn3s0365_2

出発前、最後の食事です。そば定食。民宿波止場は港から歩いても近いし、3食付いて5000円です。豪華な食事やリゾートライフを希望の方にはお勧めしませんが、ほっこりとした旅をお望みの方はぜひ。

Sn3s0369_2

船の上から民宿波止場の方面を望みます。中央やや右、濃い青の建物の向こう側です。

1泊2日で24時間程度の滞在でしたが、中身の濃い楽しい旅になりました。今回お世話になった皆様大変ありがとうございました。お陰様で大変有意義に過ごすことができました。












|

« 笑福亭鶴瓶落語会 | トップページ | 志の輔らくご »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです~!!
台風、大変でしたね。こちらは勢力が弱まって風ひとつ吹かない朝を迎えました。拍子抜けです(笑)
粟国といえば、粟国の塩ですよね!一時期、宮古島の雪塩と一緒に常備していました。
それにしても湧き水っていつ見てもいいですねぇ…私も見に行きたくなりました。我が家から一番近い佐野の湧き水を見に行こうかしら。
鶴瓶さんの落語に行かれるのですね?!うらやまし~!!私も鶴瓶さんの落語聞いてみたい!

投稿: ゆう | 2014年7月11日 (金) 12時58分

ゆうさんへ
コメントありがとうございます。鶴瓶さんて、ずっと昔は好きではなかったのですが、今では毎週家族に乾杯を見るほどです。あれほどの人気者ですからね、私も楽しみです。なんでも沖縄で落語をやるのは初めてだそうですから。粟国の塩・・・もう少しお待ちいただくと届くかも知れません(?)。

投稿: どんちゃん | 2014年7月12日 (土) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 笑福亭鶴瓶落語会 | トップページ | 志の輔らくご »