« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月28日 (月)

笑福亭鶴瓶落語会in OKINAWA2014

726日は、桜坂劇場に笑福亭鶴瓶落語会を観に行きました。鶴瓶さんが沖縄で落語会をやるのは初めてのことなんだそう。チケット発売日に2時間並んでゲットした席は最前列のど真ん中でした。

Img080

開演時間ちょうどに出てきた鶴瓶さん。なんと、Tシャツと半パンという出で立ち。まずは、「鶴瓶噺」という落語のマクラのようなものが40分。まなぶという本名で予約をしていたのに、まめぶと間違って受け付けされていたために予約がないと騒ぎになったことや、大阪で電話をしているとその横で電話をしていた見ず知らずの女性が「鶴瓶おるで。かわろか」と受話器を差し出したこと、同級生らしき男がタクシーの運転手をしていて、どうやらそうに違いないと後ろから毛を引っ張ったいたずらをして「××やろ?」と言うと「覚えていてくれた~」と感激していたということ、沖縄の国際通りを歩いていると女子高生が「鶴瓶さんですか」と寄ってきたものの、「そうですよ」と言うとあっさり去って行って、サインを求めるわけでもなく写真撮影を頼まれるわけでもなく、あっさりしていてなんやねん!という噺を展開、会場は爆笑につつまれました。

Img002
休憩を挟んでまずは鶴瓶さんの落語。「青木先生」という自分の学生時代の先生を題材にした創作落語です。先生の授業でいたずらを繰り返す様子や、先生の口癖、表情のまねにまたまた会場は大爆笑。ここはテストに出ると、ついうっかり言ってしまったのに、テストの平均点が一番低く一番ダメなクラスだったが、今日はどんなことをしてくれるのか毎回このクラスでの授業が楽しみだったという先生の言葉に私の高校時代のやんちゃな連中の姿がだぶり、ほのぼのとなりました。

次は鶴瓶さんのお弟子さんが「手水廻し」(ちょうずまわし)という噺を披露しました。お客に「手水を廻してくれ」と頼まれた宿の人が手水とは何かわからないために引き起こすドタバタ劇です。

そして、最後はまた鶴瓶さんの「錦木検校」(にしきぎけんぎょう)という噺。検校とは、室町時代以降、目の不自由な人に与えられた最高の官名で、専用の頭巾や衣服、杖などの所持が許されたのだそうです。この噺の中身に簡単に触れますと、バカ殿と言ってバカにされているお殿様の次男で角三郎という男のところに錦木という全盲のあんまが揉みにきて「骨組みが普通ではない。これは殿様になる骨組みだ」と言い、角三郎は「もし自分が殿様になったらおまえを検校にしてやる」と約束をします。あるとき、角三郎が本当にお殿様に。病気で長いこと寝込んでいたいた錦木はそれを聞き、殿様のもとへ。殿は「大名になった。おまえは本当に名人だ。あんま錦木、今日ただいまより検校である」と宣言するもそのとき錦木は息絶えていて、「おまえはわしを大名にしておいて、なんでわしがおまえを検校にささんつもりや!わしを恩知らずにするつもりか!」と絶叫するという人情噺。ラストのあたりでは鶴瓶さんの目が潤んでいるのがはっきりわかりました。鶴瓶さんの落語はCDDVDで発売されていないそうで、この噺は柳家喬太郎さんのCDで発売されているそうです。興味のあるかたはこちらをどうぞ。

鶴瓶さんは昼の部と夜の部では違う演目をやったとのことで、両方観た方でも十二分に楽しめたと思います。また来年も沖縄に来るような口ぶりでしたので、また次を楽しみにしたいと思います。今月は、志の輔さん、鶴瓶さん、と有名なお二人の落語に接することができました。落語って、本当にすばらしい世界に誇れる話芸です。

| | コメント (0)

2014年7月20日 (日)

渡名喜島の旅

7月13~14日は、渡名喜島に行ってきました。2週間前の粟国島も初めての訪問でしたし、今回の渡名喜島も初めての訪問。

Sn3s0514_3

島の散策に役立つのはこのエコカー。一人乗りで、1泊2日で1500円でした。時速30km/hくらいは出るようです。

Sn3s0435

お昼のおそばを食べて、いざ集落めぐりに出発です。

Sn3s0446

Sn3s0445
まずは、山の中腹に湧くという湧き水と水田を見に行きます。

Sn3s0432

集落は砂地の細い道が入り組んでいて、両サイドに植えられたふくぎ並木が涼しさを演出します。

Sn3s0462

風車を銜えたシーサーも気持ちよさそう。風が吹くと勢いよく回っていました。

Sn3s0433

今回お世話になったのは民宿ふくぎ。古民家を改修した宿で、それぞれ独立した建物なので、他のお客さんと一緒になることはありません。ただ、食事は一ヶ所で行うため宿泊場所から数分歩かねばならず、それが苦にならない人にはお勧めです。

Sn3s0471
夕飯です。クーブイリチー、そうめんのおつゆ、もずく酢、グルクンのから揚げ、とうがんと豚肉の煮つけ、刺身。

Sn3s0474

夕暮れどきになると集落の主な道がライトアップされます。

Sn3s0475

Sn3s0476

Sn3s0479

Sn3s0481

とっぷりと日が暮れてしまう前の風景が特に美しいです。

Sn3s0483
2日めの朝。宿の前にある沖縄のマッターホルンと呼ばれる(ウソです)山が美しくそびえたちます。

Sn3s0487

朝食前、集落を散歩するとチキシと呼ばれる石を見つけました。50~70kgもある石で、この石を地面にたたきつけて悪霊払いをしたのだそうです。

Sn3s0502

朝ごはん。味噌汁、のり、サラダ、卵焼き、魚フライ。

Sn3s0436

下水のふたマニアである私(ウソです)、今回は沖縄のマッターホルンデザインのふたを見つけました。

Sn3s0347

先日のブログにも載せた、粟国のふた。ソテツの島だけあって、ソテツデザイン。

Sn3s0822

そして、クジラがデザインされた座間味のふた。

確か、闘牛が盛んなうるま市では闘牛デザインだったと記憶していますが、写真が見当たりませんでした。

Sn3s0507
帰る前にもう一度水田の方に行ってみます。海が美しいです。

Sn3s0525

ちなみに、右奥に見えている島は、NHKのテレビドラマ、「ちゅらさん」のオープニングに写っていた島なのだそうです。今は米軍の訓練場となっていて立ち入りはできないとのことでした。こんな近くに訓練場があるなんて知りませんでした。事故などは起きないのでしょうか。国民の皆さんは中国やロシアには盛んに文句を言いますが、アメリカには文句を言わないのはなぜなんでしょうか。

Sn3s0529_3

こうして、約24時間の滞在はあっという間に終わりを告げ、帰りの船が入港してきました。帰りは、来るときほど船も揺れず、また、寝られる場所を確保できたので快適な船旅となりました。粟国も良かったし渡名喜もよかった。こんなにいい島になぜ今まで行ったことがなかったのか不思議です。今度またゆっくり訪れたいと思います。




















| | コメント (0)

2014年7月 8日 (火)

志の輔らくご

7月5日は、志の輔らくごが開かれ、観に行ってきました。場所は、日本で3ヶ所しかないという国立劇場おきなわ。

Img003_2

第一部では、お弟子さん2人(一人は立川志ぃさー(藤木勇人))と志の輔さんの創作落語「買い物ぶぎ」。万能洗剤に遭遇した専用洗剤の立場は、おいしい猫缶をおいしいと決めたのは誰か、等々お客の質問がドラッグストアの店員を悩ませる。便利なものに囲まれながら忙しいを繰り返す現代社会を描いた噺です。

第二部では、三味線と志の輔さんの古典落語。帯久(おびきゅう)という演目だそうです。呉服屋と帯屋の金の貸し借りを発端に大岡越前の裁きを・・・・という1時間を超える長い演目。火付けの罪に問われた呉服屋さんはどうなってしまうのか・・・と話にグイグイと引き込まれ、時間を全然感じさせないお噺でした。

聴くたびに、どんどん志の輔さんのファンになっていきます。また沖縄で聴けるのは1年近く先か・・・。パルコ劇場にでも行ってみるか。

| | コメント (0)

粟国島の旅

6月29日~30日、初めてとなる粟国島への旅をしてきました。

1404630851969

この旅をアシストしてくれる電気自動車。

Sn3s0284

宿から見た風景です。左側はすぐ港です。

Sn3s0291

まずは、港のすぐそばにあるシヌルーと呼ばれる湧き水に行きます。案内をしてくれたのは、東区長の仲間さん。

Sn3s0299

このあとは、東ヤマトゥガーに行きます。海がとても美しいです。

Sn3s0300

Sn3s0301

Sn3s0304

1959~1960年に高等弁務官資金により作られたこのカー。貯水タンクこそ壊されてしまっていますが、今もしっかり水が湧いています。

Sn3s0316

Sn3s0315

トゥージと呼ばれる貯水のための水瓶が残されている家にも行きました。人と比べてもかなり大きいです。

Sn3s0319

Sn3s0317

海水淡水化施設にも案内してもらいました。

Sn3s0329

Sn3s0330

宿の夕飯です。質素ですがおいしかったです。

夕飯後、事件が発覚しました。宿泊者の若い女性2人組が夕飯時間を過ぎても戻らないのです。夕方から雷雨となり、どこかで雨宿りしているうちに日が暮れて迷ったのか、標高100mくらいの断崖もあることから転落でもしたのか。どこかでお酒でも飲んでいるならいいけれど、事件・事故にでも巻き込まれてはいないか。宿泊者も巻き込んでの騒ぎとなりました。結局、23時半頃に無事に戻ってきて事なきを得ましたけど。ダイビングショップの人に誘われてお酒を飲みに行っていたらしく、「宿に連絡はしなくてもいい」などと言われたため連絡しなかったそうです。ダイビングショップの人は無責任だとの非難の声もありました。

Sn3s0336

Sn3s0335

Sn3s0337

翌朝、少し早く目が覚めたので集落を散歩してみます。この生き物は見たことがあるようなないような。名前も知っているような知らないような。

Sn3s0339

これは朝ご飯です。さけが二切れなんて経験ありません。

Sn3s0341

食後、民宿波止場の新城ツル子さんから、お水に関する昔の話を伺います。

Sn3s0344

失礼ながらお年を伺うと、「16歳」と言っていました。観光協会の方が「おそらく86歳じゃないか」と言っていましたが、真相は不明。

Sn3s0347

下水道のふたも地域によって違うのでそれを見るのもおもしろいです。粟国はそてつの島なので、そてつがデザインされています。

Sn3s0822_4

これは座間味島のふた。春先にくじらがやってくることから、くじらのデザインです。

Sn3s0361_2

Sn3s0358_2

午前中、有名な「粟国の塩」の工場見学をさせてもらいました。とても手間暇のかかる作業工程、お値段もそれなりになることを実感しました。ちなみに、「質の悪い塩があるから塩分すべてが悪いように言われるがそうではない」ということを教えていただきました。

Sn3s0365_2

出発前、最後の食事です。そば定食。民宿波止場は港から歩いても近いし、3食付いて5000円です。豪華な食事やリゾートライフを希望の方にはお勧めしませんが、ほっこりとした旅をお望みの方はぜひ。

Sn3s0369_2

船の上から民宿波止場の方面を望みます。中央やや右、濃い青の建物の向こう側です。

1泊2日で24時間程度の滞在でしたが、中身の濃い楽しい旅になりました。今回お世話になった皆様大変ありがとうございました。お陰様で大変有意義に過ごすことができました。












| | コメント (2)

2014年7月 6日 (日)

笑福亭鶴瓶落語会

Img002

6月28日は、7月26日に桜坂劇場で行われる笑福亭鶴瓶さんの落語会のチケットを買いに行きました。なんでも、鶴瓶さんが沖縄で落語会をやるのは初めてなんだそうです。

Sn3s0281

会場である桜坂劇場に問い合わせると、予約は受け付けていない、問い合わせがかなり多い、即日完売の可能性あり、とのことだったので、発売開始の2時間前、7時半に会場に行きました。順番は8番め。かなり期待できそうです。

Sn3s0282

発売開始直前にはこれほどの長い列が。40~50人ほどはいるようです。300名ほどのキャパシティがある会場で2回の公演、この劇場がどれほどのチケットを持っているのか知りませんが、一人4枚までの購入が可能ということで、並んだ人すべてにチケットが行きわたるのでしょうか、他人事ながら気にかかります。そして私は、最前列のチケットを手に入れました。今からとても楽しみです。

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »