« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月29日 (土)

ひさしぶりに泣きました

今日、あるDVDを観て、久々に泣いてしまいました。

51jwkmwbdwl_2

観たDVDとは、USA FOR AFRICAのWE ARE THE WORLDです。

516dvg9t1ml__sl500_aa300_

この映像は1985年のものですから、今からもう30年近くも前のことになるのですね。飢餓に苦しむアフリカを救おうと、アメリカの超一流ミュージシャン達が立ち上がったのです。その中には、今は亡きRay CharlesやMichael Jacksonもいます。私は、Michael JacksonとDiana Rossの二人がボーカルをとる高く美しい声が大好きです。今日なぜこのDVDを観ようと思ったかと言えば、Bob Dylanのライブ映像を見ていたからなのでした。あの、うまいんだか下手なんだかわからない歌い方を観て、久々にUSA FOR AFRICAを観てみたくなったのでした。

この映像、初めて観るわけではないんです。ただ、久しぶりではありましたが。参加しているミュージシャンのみなさんの満足そうな笑顔、真剣な録音の様子、そんなものを観ていたら、自然と涙があふれてしまいました。80年代の音楽には、本当にいいものがたくさんあります。

泣くと言えば、聴くたびに泣いてしまう曲があります。それは、さだまさしさんの「親父の一番長い日」です。お嬢さんを僕に下さいと言ってきた若者に対して父が、「わかった娘はくれてやる そのかわり一度でいい うばっていく君を 君を殴らせろ」と言った父の気持ち。この部分でいつも泣いてしまうのです。“街頭テレビのカラテチョップ”など、昭和の30年前後と思われる光景が目に浮かぶような歌詞も大好きです。Always 三丁目の夕日を観ているような、そんな感覚にしてくれます。

| | コメント (0)

2014年3月22日 (土)

春の便りが届きました&沖縄のおいなりさん

昨日午後、荷物の配達がありました。何が来たの?全然予想がつきませんでした。

受け取ってみると・・・。

Sn3s0850
とらにゃんこ生活のゆうさんから、いちごの贈り物です。

Sn3s0851

いちごは、とちおとめ。沖縄で売られているいちごはほとんどが九州産で、あまおうやさがほのかなど。傷みやすいいちごは、近場の物以外ほとんど手に入りません。

Sn3s0852

Sn3s0855

しかも、大粒できれいないちごです。とっても美味で、しかも沖縄では手に入りにくいいちご、とちおとめ。ごちそうさまです。ゆうさん、ありがとうございました!

ところで今日は、夕飯前に買い物に行って、そこで急遽おきなわいなりを夕飯にすることが決まりました。「沖縄いなり」って何がどう違うの?と思っている方、以下に簡単に紹介しましょう。

Sn3s0864

Sn3s0865

Sn3s0866
沖縄のおいなりさんは、皮が薄い黄色。沖縄以外の地域で普通に売られているものは、茶色というか、黄金色というか、そんな感じですので、それが当たり前だと思っている人にはかなり違和感があると思います。味は少し薄目の味かも知れません。私は、どっちのおいなりさんも好きです。

Pap_0001

余談ですが先日、大東島の名物、大東寿司を食する機会がありました。八丈島の人たちが開拓した南北の大東島なので、八丈島の流れをくむ漬けのお寿司で、ネタはさわらかまぐろなんだそうです。北大東島出身の方が、「単なる漬け寿司を“大東寿司”と称して出している店があるが、このお店のものはおいしい」と言っていたので食べてみると、確かに、ちょっと強めの酢飯が主張する、絶妙の味。お店側が「ほっぺたを落としてみせる」と豪語するだけあって、絶品でした。年に数回、大東島へ行く用事があった係から異動してしまい、なかなか行く機会がなくなってしまったので、市内で食べることができることを知ったのは大きな収穫でした。





| | コメント (0)

2014年3月18日 (火)

座間味島に行ってきました

今日は、座間味島に行ってきました。

Sn3s0795

那覇の泊港、座間味行きの高速船、クイーンざまみです。

Sn3s0796
出港から約1時間、座間味港に到着。どうでしょう、この風景の移り変わり。

Sn3s0799
映画「マリリンに逢いたい」のマリリンの像がありました。港から左側へ、阿真(あま)集落へ向かう途中にあります。

Sn3s0805

Sn3s0804
天気が良くて海もきれいなので、ちょっとおやつにしました。カレーパンです。

阿真の集落へ行くのに、g××で距離やルートを検索したら、海側の道ではなく山を横断するルートが検索されたので、それならその道を通ってやろうじゃないか、ということで山道を通って座間味集落へ戻ることにしました。

Sn3s0807
どうやらこの道のようです。行ってみましょう。ちなみに、時間は11時36分。

Sn3s0808

写真では少しわかりづらいのですが、結構な急坂です。車のタイヤのあともありますし、ときどき車も通るようです。

Sn3s0811_2
途中までは舗装された道だったのですが、下り坂はずっとこんな感じです。道(?)の半分に亀裂が入り車など通れそうにもありません。

Sn3s0813

一部、ざっくりとえぐられている箇所があります。Sn3s0814_5
やっと、座間味の集落に戻ってきました。到着時間は11時53分。所用時間は17分でした。

Sn3s0820
港のすぐそばでお昼にします。近所の商店で買ったお弁当、500円。

食べ終わって、さて、と思ったところ、上着がない! 暑かったので途中で脱いで、肩にかけたカバンに引っかけていたのでした。歩いてきた道を引き返して探し、とうとう山道まで来てしまいました。帰りの船まで時間もあるし、阿真まで再び歩いてもいいという気持ちで山道を上ると、途中にありました。

Sn3s0821
こんなところに落ちていました。もしそのままだったら、誰かに拾われることもなく朽ち果てていたのでしょう。

Sn3s0826
途中、阿嘉島に寄ります。どうでしょう、この海の美しさ。

Sn3s0827
阿嘉島にはもう10年以上昔に来たことがありますが、記憶がありません。

日帰りの旅でしたが、少しのんびりすることもでき、美しい海も満喫した楽しい旅でした。
















| | コメント (0)

2014年3月 8日 (土)

恩納村のカーを見てきました

先日は、恩納村山田にあるカー(湧水)を見てきました。以前から気にはなっていたものの、カーの名前や故事来歴などがわからないため、まずは、恩納村博物館に行ってみます。

Sn3s0739

たまたま、応対してくださったのが文化財担当の方で、そのカーは前ガー(めーがー)と言う、ということを教えてくれました。そして、山田区の方で字誌を作っているので公民館に行った方が詳しい話が聞けるかも知れない、と言われるのでそちらにも行ってみました。

Sn3s0740

Sn3s0742_2

(カーの上にアヒルが3羽いました。)

Sn3s0741
山田区公民館では字誌をいただくことができ、区長や書記さんからいくつかお話をうかがうことができました。それらによると、このカーの前面に使われているのは船の碇石で、この石から推定される船の大きさは200~300t規模にもなるそうで、14~16世紀頃の大交易時代の歴史を物語るものとして学術的にも非常に貴重なものであること、碇石は県内では4つしか見つかっていないこと、カーの上の方には、後に座喜味城城主、中城城主となる護佐丸が居城していた山田グスクがあり、その当時から簡易水道が普及するまで大いに利用されたカーであること、水道普及後もお正月の若水汲みなどに利用されていて、現在も区ではカーざらい(カーのお掃除)を行っていること、とのことでした。また、山田グスク周辺はカーを含めたエリアが史跡に指定されているとのことでした。

Sn3s0744

沖縄の主要幹線である国道58号からちょっとそれただけでこんなにも緑深い地域があり、歴史的にも非常に貴重なものがあることが発見できたことは幸いでした。

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »