« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月15日 (土)

久米島旅行記

2月12~14日は久米島に行ってきました。何をしに行ったのかは言えません。言うと命にかかわるので。

12日は、天気もあまりよくなく、予定されていた楽天の紅白戦も中止になったようです。

13日は、夕方から、宇江城にある堂井(ドーガー)に行きました。

Sn3s0603

大きすぎて、全体を写すのが大変です。ここは今もきれいな水がこんこんと湧いています。

Sn3s0625

夜は近くの居酒屋で軽く飲み会です。握りセットは、握り5カン、鉄火巻き、もずくの酢の物、ゴーヤーチャンプルー、クルマエビのから揚げ3匹。これで1400円は大変お得です。

Sn3s0594_3

Sn3s0628

Sn3s0629

今回お世話になったマリンテラス久米島の部屋、朝食、外観です。イーフビーチホテルのすぐそばで、周りにコンビニや居酒屋もありますので、大変便利です。

Sn3s0627

その、イーフビーチの向こうに見える日の出。

Sn3s0630

Sn3s0663_2

春季キャンプのこの時期。楽天は昨年日本一に輝いたのですから、島中に歓迎ムードが溢れます。道端には楽天歓迎ののぼり旗がはためき、空港職員は楽天のユニホームを着用していました。

Sn3s0642

最終日は、朝食後に宇江城城跡に行きます。ここは、沖縄で最も標高の高い位置にある城跡です。標高は309mだそうです。

Sn3s0639_2
Sn3s0640_2

晴れた日には、沖縄本島まで望むことができるそうです。

Sn3s0644

Sn3s0645

このあとは、近くの比屋定バンタへ。風が強く波も高い状態です。フェリーは数日間欠航しており、街中のAコープにも行きましたが、精肉鮮魚の棚はほとんど空っぽで、1~2パックほどあるだけでした。前日の昼も、お魚を注文しようとしたら「ない」と言われました。物資はフェリーに頼ることが多いらしく、島の生活も大変であると実感しました。

Sn3s0649

比屋定バンタのあとは、阿嘉のひげ水へ。前回訪れたときは見られなかったのですが、今回は見られました。まん中あたりに白く煙のように見えるのがそれです。岩の切れ目から水が流れ出てきて、それが強風であおられて上に煙のように舞っていくのです。

Sn3s0657_3

そして、畳石。バーデハウスに近接しています。

Sn3s0675

そして、五枝の松。ものすごく立派な枝が左右に伸びています。

Sn3s0670

Sn3s0671

Sn3s0673
 
この五枝の松は、敷地内にウフガーなる湧水があります。松に気を取られていると見逃しそうです。

Sn3s0679
最後に行ったのは、おばけ坂。ここを通る人に長い髪の女性が近づき、車に乗せて振り向くといない・・・っていうわけではなく、下り坂に見えるのに、車をニュートラルにすると後ろに下がっていく、というもの。要は、目の錯覚、っていうことですね。

久米島は一周しても40分ほど、主要な観光地には道に案内も出ていますので、非常にわかりやすいです。

Sn3s0680

Sn3s0682

少し早目に空港に行くと、楽天の選手が空港にいました。中央の大きな人物は、ファルケンボーグ投手のようです。そういえば前日、ホテルそばのコンビニにも来ていたような気がします。今年の楽天、田中投手が抜けてどうなるでしょうか。健闘を祈ります。







| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »