« クリスマスチキン | トップページ | 正月料理 »

2014年1月 2日 (木)

2013年末~2014年始

新年があけました。おめでとうございます。

去年の大みそか(と言ってもおとといの話)から今日にかけての出来事を記しておきます。

大みそかは、年越しそば(沖縄そばではなく、近所の日本そば店の日本そばです)を食したあと、北谷で開かれるディアマンテスのカウントダウンライブに行きました。

Epsn0018

こんなときに北谷に行くのは初めてでどの程度の混雑なのか想像もつかなかったのですが、メインの駐車場は満杯。うろうろしている間に開演時間が迫り、どうにか空きを見つけてお店へ。しかし今度は、地理に詳しいこの私が、店の場所がわからず迷う羽目に。ここもどうにか見つけて店内に入りましたが、ドリンクオーダー中に演奏がスタート。

ライブは、私が「この人が正式メンバーになればいいのに」と思う、イクマあきらさんをゲストに迎え、オールスタンディングでノリノリに進んでいきます。でも、私はイマイチ乗り切れていませんでした。それは、ライブそっちのけで記念撮影などをしている連中がいたからか、スタッフの中に天敵がいたからか、あるいは、アルベルトさんが(私も含めて)、ターボさんを失った悲しみからまだ立ち直れていないのか、理由はわかりません。でも、一緒に行ったとぅじさんも似たような感想をもったようなので、私の個人的なことは関係ないかも知れません。

Epsn0015
ちなみに、「スタッフの中に天敵」とは、その昔、宮永英一氏のコンサートのお手伝いをしていたときのことです。コンサートが終わり、後片付けをしていた私たち。次はどれを運ぼう、と指示があるのですが、機材の名前で言われても素人の私にはよくわからない。下手に触れないものも多いのです。すると、怒声が私に向かって飛びました。「お前、見てないで手伝えよ!」と。私はあなたに雇われたわけではないし、完全無償のお手伝い。だからと言って見ているだけのつもりは毛頭ありませんが、素人に手伝ってもらっているくせに、(しかもタダで)その言い方は許せません。的確な指示というものも素人相手には必要なのです。

まあ、そんな古い話はもうどうでもいいのですが、無事に新年を迎えてライブも終演。店を出るとまだまだ道路には人が溢れていて、駐車場はとんでもない混雑。30分くらいたってもほんの数メートルしか進まない状況です。私たちはしばらく車の中に滞在し、仮眠をとっていました。やっと渋滞も解消され帰宅したときは3時をまわっていました。

そして昨日、とぅじさんの実家に新年のご挨拶に行ったあと、首里城で昨年国頭村の辺戸大川で汲んだお水で点てたお茶がふるまわれるとのことで首里城に向かったのですが、ここも渋滞。駐車場はどこも一杯。あきらめて、今日2日の午前中に再度行くことにしました。

Sn3s0434
この日は穏やかな天気で、首里城はご覧のような賑わい。観光客の中にはノースリーブの人もいたくらい温かく、この写真にも半袖半パンの人が写っています。肝心の茶は、無料配布はあるにはありましたが、国頭で汲んで来た水で点てたお茶ではなく、普通のさんぴん茶でした。お茶を配っていた人に聞いてもやっているのかいないのかすらわかりませんでした。

Sn3s0435

大みそかの北谷も初めてでしたが、新春の首里城も初めて。首里城では有料区域で様々な出し物があったようですが、昨日わけあって行けなかった初詣に行くことになっていたため、ここで首里城をあとにしました。

今日の初詣では、昨年トラッキーが天に召された日に切れた数珠(こんなタイミングで切れることなんてあるんでしょうか)をお返しするべく小袋に入れたのですが、ショパンがそれを見つけて欲しそうに手を伸ばしていました。また、今日新しい数珠を買って帰ると、またしてもショパンが私の足の上に乗っかり手を伸ばしてきたのです。数珠にトラッキーの魂でも宿っているんでしょうか。ちょっと不思議な光景でした。

|

« クリスマスチキン | トップページ | 正月料理 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスチキン | トップページ | 正月料理 »