« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月10日 (土)

ふしぎなもの

昨日外回り中に、国際通り近くの浮島通りで、有名ブランドのpaul smithに不思議なものを見つけました。

通りに向けたウィンドウに、おしゃれな帽子がひとつ。そして、その横に横たわっているものは・・・。

Sn3s1524

ちょっと見にくいのですが、「ココア」の紙パックが・・・。

どういう理由で、show windowの中に、それも高級そうな帽子(そもそも、paul smithで売られているものに高級ではないものはないと思う)の横に、飲干して空になったココアの紙パックが置かれているのでしょうか。理由をご存じの方がいらっしゃれば教えていただきたいです。

| | コメント (0)

2013年8月 1日 (木)

夏季休暇東京紀行

火曜~水曜は所用で上京していました。

火曜日は朝イチで上京、午後から日比谷で用事があったため、お昼は、私が東京勤務時代からごひいきにしている銀座デリー。私の東京勤務時代など、すでに30年も昔のことなのですが、このお店はそんな昔から、現在に至るまであり続けているありがたい存在なのです。

Sn3s1518

この日食したのは、タンドリーチキンと、極辛のカシミールカレーのセット。

思い返せば、就職したばかりでまだ酸いも甘いも噛み分けてはいなかった純真なこの私が先輩に連れられ、極辛カレーカシミールの洗礼を受けてしまったのでした。それ以来、「辛くなければカレーじゃない」をモットーにしつつも、醜いアヒルの子であるカレー界の邪道・黄色いカツカレーなどにも平等に愛を与え、今日を迎えております。

翌日は完全フリー。この日は午前中に明治神宮の清正の井戸を見に行こうと思っていたのですが、ものの本によれば拝観まで3時間待ちとのこと、初老の体にはとても耐えられそうになったため、断念。幸い、同じ用事のために沖縄から来ていた人がこの日に行くという話だったので、改めて話を聞いて再度計画するかどうか考えたいと思います。

午前中はホテルでしっかり休養して、午後からは東京に住むどんちゃんママと合流、この日ひとつめのメイン行事である青山にあるオーストリアのケーキと料理の店、ノイエスに行きました。このお店は昔は横浜にあったのですが、数年前にここ青山に移転してきました。シェフの野沢さんは「ウィーンフィルニューイヤーコンサート」にゲストとして出演したことがある方。ちなみに、調べてみると出演は2008年で、プレートルさん指揮の年だったようです。

Sn3s1525

この日食したのは、ヴィーナーシュニッツェル。ま、早い話がウィーン風とんかつ(豚じゃなくて牛の場合もある)です。ハプスブルク家の血をひく私たちにとって(ウソです)祖国の懐かしい味です。テレジアばぁばやアントワネットばぁばも食べていたのでしょうか。食後にザッハートルテを注文したのですが残念ながら切らしていて、代わりに頼んだシュトゥルーデルも季節のお菓子ということで、これも断念せざるを得ませんでした。

食後は、東急線に乗って等々力渓谷へ。カラータイマーの点滅していたカメラはここで力尽き、あえなく戦力外となり、あるだけ邪魔な存在へと成り下がったのです。この日二つ目のメイン行事は気の毒にも「写真なし」となってしまいました。

数年後には80歳になるどんちゃんママを長時間引き回すわけにもいかず、この後渋谷で別れ私は羽田空港へと向かいました。帰りの飛行機では、とぅじさんの昔の職場にいたMディレクターと一緒になり簡単にご挨拶。とぅじさんの元職場関係者とは頻繁にいろいろな人と会い、不思議な縁を感じます。

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »