« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月28日 (日)

土曜のできごと

順番が逆になってしまいましたが、おととい、土曜日の話です。

土曜日は、車の修理のため、近くのHONDAに行きました。完了まで1時間半の予定。しばらく新聞などを読んで待っていましたが、最近できたばかりのハッピータウン内のブルーシールに行くことにしました。夏と言えばアイスクリーム、沖縄でアイスクリームと言えばブルーシール、と相場が決まっているわけでして、男が1人でアイスクリームを食べるのか?という声を無視して出かけたのであります。「男がチョコレートとか買わん」。そんなことをぬかしてけつかる人がいらっしゃいましたが、なんでそんな見栄を張るのか理解できません。

「“雪だるま”っていう新商品があるらしいですよ」。HONDAの営業の方にそうオススメをいただいたものの、結局食したのはこれ。

Sn3s1444

「トロピカルマンゴー」。なんと、560円もします。

Sn3s1442

ちょっと、いや、かなり高いですが、ブルーウェイブスプラッシュアイスがおいしかったと思います。(←だったらそれだけ食べればいいやん。)

夜はてだこ祭りの花火が彩ってくれました。いつものように、部屋からの鑑賞です。

Sn3s1485

Sn3s1452

Sn3s1481

部屋からいろんな祭りの花火を見ることができて、とてもラッキーです。











| | コメント (0)

漁協フェスティバル

今日は本島中部の平安座島にある与那城町漁協セリ市場へ行き、一般開放セリが行われる漁協フェスティバルに行ってみました。

休日の10時半からのセリ開始という早い時間にもかかわらず、会場は大変な熱気。

Sn3s1493

セリにかけられる魚は

Sn3s1491

大きなエビや巨大なアバサー(ハリセンボンのことです。角野卓造じゃねーよ。)が並べられ、いくらが相場なのかまったくわからず。

Sn3s1492

結局、「相場がわからないため、他者との競り合いに熱くなって不当に高い値段で買うこともありうる」ため、今年も「見てるだけ~」な私たちなのでしたが、私の上司は3件落札して抽選券も3枚しっかりゲットしていました。そう、このフェスティバルは、落札ごとに抽選券が配られ、セリ終了後に抽選会が開かれるのです。昨年は「那覇から来た」というだけで賞品がもらえた人もいたくらいユルい抽選会なのですが、かなり時間がかかるため、私たちは遠方からの参加による賞品ゲットのチャンスも放棄して別用に向かってしまいました。





| | コメント (0)

2013年7月20日 (土)

ピースフルラブロックフェスティバル2013

もうかれこれ長いこと“ピースフル”には行っていなかったのですが、「ロックの日」のイベントに足を運んだことでもうとっくに死んだと思っていた私の中のロック魂が息を吹き返し、たぶん十数年ぶりに行ってみました。2daysで開かれたフェスティバル、初日はHYやORANGE RANGE、かりゆし58など若手が中心。これらのバンドに興味がないわけではないのですが、ファン層で浮いてしまいそうだったので、仕方なく(?)2日めに行くことにしました。

会場に到着したのは3時半頃。ちょうどフィリピン人バンド、PRYZMが出演している時間帯。その後、KENICHI&KING VOICES、CINNAMON、かっちゃん&RAINBOW、JET、Freddie Eto&Queeness、そして紫。

私の一番の注目はかっちゃん&RAINBOW。かっちゃんは、昔はそんなに好きな存在ではなかったのですが、今では円熟した真のエンターテイナーだと思っています。その昔、ライブハウスCANNONにいたところ、酔ったかっちゃんがステージに乱入、客席最前列にいた私の靴を脱がしてステージに上げ、脱がした靴にビールを注いで私に飲ませました。私もその場のノリで飲んでしまいましたが、かっちゃんに対して怒っている人もいました。まあ、今となってはいい思い出ですが。

Sn3s1426
そして、そんなかっちゃんが出番直前に会場でこんな余裕を見せてくれました。出番では、ふつうに現れないことで有名な(?)かっちゃんが客席後方から現れ、拍手喝采を受けました。そして、曲の合間にはステージ前に駆け付けたファンに対して「ノるなよ、ばか!」と発し、お客を笑わせました。

Queenessは、Freddie Etoさんがどう見てもフレディマーキュリーには似ていないし、声が似ているわけでもないのですが、歌はすごくうまい。のびやかなボーカルには魅了されました。You TubeでQueenessのテレビ出演した際のライブの模様が見られます。興味のある方はぜひ。

ちなみに、Led Zeppelinのコピーバンド、CINNAMONは好きになれませんでした。

この日一番の収穫はJETのスペシャルゲスト、伊舎堂さくらさん。まだ14歳の少女ですが、圧巻のドラミングを聴かせてくれました。曲が始まって“ボン”といった瞬間、あ、すげ~と思ったのですが、なんとボーカルまで披露してくれました。リンゴスターやドンヘンリー、ピータークリスなどボーカルもとれるドラマーは数多くいますが、あのフィルコリンズはドラムを叩きながら歌うことはしません。理由はわかりませんが。まあ、いずれにせよ、沖縄ロック界期待の超新星、今後の活躍から目が離せません。

| | コメント (0)

2013年7月10日 (水)

オリオンナイターの夜

昨日は、阪神タイガース初の沖縄での公式戦観戦に行ってきました。

那覇へ向かう国道は大渋滞、球場にほど近い駐車場に車を止めて歩きましたが、試合開始には間に合わず。

Sn3s1379

これまで、甲子園へは何度か行ったことがあり、勝利の六甲颪を歌ったこともありますが、ここ数年は球場へ足を運ぶどころか、阪神の成績の悪さも手伝ってテレビ観戦もろくにしないこともありました。しかし、愛猫にトラッキーと名付けるほどのこの私が、地元沖縄での試合を見ないわけにはいきません。

Sn3s1381

相手はここ数年、分の悪い中日。しかし、ローテーションを考えれば第一戦は能見投手だろうと読んで、この日の観戦に決めたのです。

Sn3s1383

ここは沖縄、しかし阪神ファンはどこでも熱い。

Sn3s1393

キャパの関係上、甲子園と同じボリュームというわけにはいきませんが、負けず劣らずの応援が展開され、トランペットの人は「おじー自慢のオリオンビール」を演奏します。

Sn3s1396

阪神は序盤からリードし、終始阪神ペースで試合が進み、いよいよラッキーセブン。

Sn3s1409
お隣にいた母娘にもジェット風船を分けてあげ、勝利への願いを込めて大空へ飛ばします。写真を掲載してませんが、お隣の娘さんも会心の笑み。

Sn3s1416

試合は多少ヒヤヒヤする場面もあったものの、6対2で阪神の完勝。勝利の六甲颪のとき、トラッキーが登場。

Sn3s1417
トラッキーのアクロバットも見られ、スタンドから大声援。

Sn3s1418
普段は10時には寝る品行方正な私。この日は12時半頃の就寝となってしまいましたが、こんな気持ちのいい夜、たまにはいいよね。

Sn3s1419

ちなみに、今日もここまで5-0とリード。中日ファンの皆さんには申し訳ないですが、今日もいただきます。










| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »