« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月27日 (水)

SAKURAZAKA ASYLUM 2013

2月23~24日は、SAKURAZAKA ASYLUM 2013というイベントが桜坂劇場周辺で行われました。音楽だけでなく、文化や食など、いろいろなものが結集しました。

私たちは24日に出かけました。それは、JI MA MAやSAKISHIMA MEETINGのライブがあるからです。

3時からはJi ma ma。

Ji_ma_ma

「でいご」や「大丈夫」など、以前「誰も知らない泣ける歌」という番組で取り上げられたことがあるJi ma ma。久々に観ますが、過去に何度か観ているだけあって安心して観ていられます。

その後のSAKISHIMA MEETINGまで時間が空いてしまうので、勢理客(「じっちゃく」と読みます。)オーケストラとマルチーズロックを観ることにしました。

勢理客オーケストラは、ちょっと前衛的な感じのするオーケストラで、KING CRIMSONのような香りがプンプンとしました。衣装がバラバラだったので、もう少し衣装に気を配ればもっといいと思いました。

Photo

マルチーズロックは写真前列中央のもりとさんを中心とするバンド。この写真では小奇麗に映っていますが、実際は目があっただけで謝ってしまいそうなくらいガラの悪そうな風貌(失礼!!)、そしてヘビーなだみ声が売り。でも、もりとさんの書く詩はとても深くて重い。バンドも、サックスやトランペット、馬頭琴などを入れるなど、音楽性も高いものがあります。

そして、夜8時からはSAKISHIMA MEETING。SAKISHIMA~は、宮古島出身の下地勇と石垣島出身の新良幸人という異なる音楽性を持つ2人のユニット。あまりにも音楽性が異なることから、長いこと持たないよ、と言われていたようですが、もう結成して8年目になるそうです。

Sakishima

以前のブログにも書きましたが、大人数で歌って踊る音楽が幅を利かせている現代、「音楽とはこういうものだ」と言っているようにも聴こえます。心に沁みるメロディ、のびやかな新良幸人のボーカルは絶品です。SAKISHIMA~だけでも3000円はするのに、Ji ma maやマルチーズロック、勢理客オーケストラも観られて3000円は超お得。興味のある人は、You tubeでも観られるのでそちらをどうぞ。





| | コメント (2)

2013年2月11日 (月)

名護市営球場に行ってきたで~

昨日2月10日は、名護市営球場に、日本ハム対阪神の練習試合を見に行ってきました。この試合には、阪神の藤浪選手と日本ハムの大谷選手という二人のゴールデンルーキーが出ると噂されていました。数年前、日本ハムの中田選手がルーキー時代に阪神との練習試合に出場した際、道路が大渋滞し、試合に間に合わなかったとぅじさんのお友達がいました。今回も普通に出かけたらそんなことになるだろうと試合開始2時間前の到着を目指して家を出ましたが、名護市で大渋滞に巻き込まれ結局到着は1時間前。おまけに、入場料内野席500円などとなっていて、一体どこからこんな汚い商売を覚えてきたんだ!と怒りモードでしたが、外野席は無料でしたのでしっぽを振りながら外野に行きました。

Sn3s0938_2

写真は、キャッチボールをする日本ハム中田選手。

Sn3s0941
同じく阪神マートン選手。

Sn3s0945_2

試合中、ダッシュを繰り返すマートン選手とコンラッド選手。

試合は、序盤で阪神が6-0とリードしましたが、7回裏、日本ハムが稲葉選手の2ランホームランで2点を返しました。私たちは渋滞を避けるためこの回で球場を後にしたため結果は知りませんが、8回にも阪神が追加点を挙げたようです。

Sn3s0948

名護は日本ハムの本拠地ですが、公式戦を彷彿とさせる応援団がやってきた阪神に対し、日本ハムはくまのプーさんみたいな着ぐるみを着たおじさん(もしかしたら「お兄さん」かも知れない!)が1人いただけで、ちょっと寂しい感じがしました。しかもなぜに着ぐるみ?? そして、噂されたゴールデンルーキーも私たちがいた間姿も見せず。まあ、キャンプもまだ序盤で体も満足にできあがっていない時期、無理をさせて出場させてもいいことないかも知れません。

去年の成績は、パリーグ優勝の日本ハムに対して、セリーグ5位だった阪神。昨オフ、大幅に新しい血を入れた阪神、去年は巨人に大きく差をつけられましたが今年は期待ができそうです。10月頃においしいお酒を飲ませてくれたらうれしいです、和田監督。

ところで、名護市に入ってからの大渋滞は、球場に近づくにつれて解消され、名護勤務時代にも経験したことのない大渋滞は、一体なんだったんだろう。

| | コメント (0)

2013年2月10日 (日)

JICAに行ってきました

昨日は、市内にあるJICA(沖縄国際センター)の食堂に行ってきました。

食堂の名前はOIC食堂(「オイシー食堂」と読みます)で、Okinawa International Centerの略だったような。間違っていたら教えてください。

JICAが市内にあることは昔から知っていましたが、食堂等を一般でも利用できることを知りませんでした。

1360382911049

私が頼んだのは、キーマカレー。ナン付き、スープ、サラダ、コーヒーなどはフリーです。

1360382904964
そして、とぅじさんが頼んだのが、トマトチーズカレー。

どちらも本格的な味なのですが、お値段がびっくりするほど安い。

1360382896731

食堂には見慣れない調味料もあり、興味津々。

外国の研修生が寝泊まりする施設でもありますので、外国人のお客も多く、異国情緒満点。研修生の出身国の独立記念日などでは特別メニューもあるそうです。今後、時間があればのぞいてみるのも楽しそうです。










| | コメント (0)

2013年2月 3日 (日)

絶海の孤島への旅

1月30~31日、絶海の孤島、南大東島へ出張してきました。

南大東島は、那覇から飛行機でおよそ1時間、北大東島とともに、ぽっかりと浮かぶ、まさに絶海の孤島。南大東は、北大東と違って、集落らしいものもあり、飲食店もあるにはあります。

Sn3s0895

お昼はこれ。ホテルの向かいにある富士食堂の、大東寿司とおそばのセット、1000円。

大東そばは、コシが強く太めの縮れ麺。大東寿司は、マグロかサワラの漬け寿司で、八丈島から伝わったものだそうです。

この日は夜9時頃まで仕事、ちびってしまいそうなまっ暗な道が延々と続くところを往復し、10時すぎに眠りについたのでした。

翌朝、昨晩訪ねたお宅をまた訪問、その帰り道、帰りの飛行機まで時間があったので近くの海に行ってみました。

Sn3s0899_2
遠くに北大東島が見えます。

あっという間に帰りの飛行機の時間となり、そう簡単には来られない大東島とお別れです。

そうそう、これを忘れちゃいけません。

Sn3s0920
空港売店で売っている大東寿司。1パック550円。大東寿司は沖縄本島でも買うことができますが、ここで買うものが一番おいしいと評判なのです。沖縄本島に帰ってきてから、我が家で大東寿司を囲んで夕食、これがお決まりとなりつつあります。前日、着いたときに売店に寄ってみると、前の日に魚が釣れなかったらしく売っていなかったので、ちょっと心配ではありましたが、この日は無事に買うことができてよかったです。

1359626936830

ショパンがやってきました。なにかおいしいものがあるに違いない、そう思ってクンクン、とニオイを嗅いでいます。

Dsc_1106

トラはお行儀よく手をそろえてお待ちです。漬けなので、ちょっとだけ食べましたが、トラはあとで吐いちゃいました。

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »