« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月21日 (土)

女優田中律子と行く! 絶海の孤島・南大東島の旅

19日(木)~20日(金)、絶海の孤島、南大東島へ出張してきました。

お昼時間帯に仕事の予定が入っており、到着後すぐに空港で大東寿司を買い、移動中に食べるという悲しい状態。ちなみに大東寿司とは、簡単に言ってしまえば、サワラなどの漬け寿司です。本島でも売っているところはあるのですが、ここで買ったものが一番おいしかったのです。

Sn3s0109

仕事の合間、ちょっとホテルに戻る時間があり、その時間を利用して大東そばを食べに行きました。

Sn3s0108

おにぎりや大東寿司などしか食べていなかったため、ホッとできる汁物です。麺はこしがあり、ツヤツヤしています。

Epsn0015_2 

ちなみに、5年前に訪れたときはお休みでした。看板が新しくなっていて、「元祖」の文字が消えています。

Sn3s0110

ところで、街中を歩いているとき、こんなお店を見つけました。カラオケハウス「すずめの学校」。かわいらしいネーミングです。

翌日も朝から走り回りますが、その途中でまたまたこんなものを見つけました。

Sn3s0231

バリバリ岩。どんなところか全く知らないのですが、興味がそそられ、ほんのちょっとだけ寄ることにしました。

Sn3s0228_2

駐車場に案内板があるのですが、ちょっと日本語がイマイチで、意味がよく伝わりません。

Sn3s0230

「南大東島は、フィリピン海プレートに乗って1年間に7cm北東方向に移動している。その証拠となるのが、バリバリ岩で、岩間の下から村木ビロウがそびえ立つ秘境探検の地である。」とあるのですが、バリバリ岩と北東に7cm移動しているという証拠とがどのように結びつくのか、結局これを読んでもわかりませんでした。

朝の予定をこなしてホテルに戻り、チェックアウトをしようとしたとき、フロントの人がレストランの人にサイン色紙を見せて談笑していました。

私:これは誰のサインですか。

フロントの人:田中律子さんです。

レストランの人:昨日、あなたたちの奥に座っていた人達ですよ。

お~、あのときの。似ているな~と思いつつ、背中をこちらに向けて座っていたので横を向いたときの横顔しか見えずはっきりはわからなかったのですが、やっぱりそうでしたか。というわけで、タイトルに「女優田中律子と行く!~」などと書いてしまったのですが、単に同じホテルに泊まって、奥のテーブルで食事をしているのを見かけただけなのでした。大東へ来たときの模様は、田中律子さんのブログにも記載されていますが、JTAの機内誌「CORAL WAY」の仕事だったそうです。ということは、一番奥に私の方を向いて座っていたのは写真家の垂見健吾さんだったのでしょうか。垂見さんと言えばCORAL WAYのカメラマンでもあるようです。

Sn3s0234

1泊2日の島の旅は慌ただしく終わりを迎え、空港に向かった私たちです。空港ではこんなかわいい絵のハガキを見つけました。

Sn3s0235

まるで絵本の挿絵のようです。

Sn3s0236

ちなみに、この、クレーンで引き上げられる港の様子は、田中律子さんのブログにも記載があります。

Sn3s0232

今の仕事では年数回大東島を訪れることがありそうです。ディープな大東島にますますはまりそうです。

Epsn0085

5年前に出会った大東犬のだいちゃん。今も元気かな。

| | コメント (0)

2012年4月17日 (火)

わが街の落語会

4月15日、「第三回わが街の落語会」が那覇市のわが街の小劇場で行われました。

出演は、北山亭メンソーレさん一人。

Sn3s0086

この劇場を訪れるのは初めて。詰めても約40名ほどしか入れません。

Sn3s0087

メンソーレさん、寄席が始まる前に出てきて少しおしゃべり。写真撮影は、本題に入る前ならOK、飲み食いも原則OKということでした。

Sn3s0090 

Sn3s0089

先週の志の輔さんのように大きなホールで観るのもいいものですが、こんな小さなハコでまさしく手作りの催しもまた乙なものです。また、いくらハコが小さいとは言え、ほぼ満杯の状態だったのもよかったです。

Sn3s0092

Sn3s0094

ちなみにこれはテーブルの上に布きれをかけたものだそうです。7時開演で2席、9時までたっぷりと笑わせてもらいました。

メンソーレさん、これでアマチュアなのがもったいないような気もするのですが。

| | コメント (0)

2012年4月 8日 (日)

志の輔らくごに行ってきました

今日は、浦添市のてだこホールに、志の輔らくごを見に行ってきました。

Photo

弟子2人が出てきたあとに、やっと志の輔が登場、休憩を挟んでTVドラマ「ちゅらさん」でもおなじみとなった藤木勇人(志の輔の弟子だそうです)、そして最後のシメにまた志の輔。新作の創作落語のあと、最後は古典の「井戸の茶碗」。これは多分昨年だったか、全日空寄席で放送されて、面白くてずっと機内で聞いていた記憶があります。創作落語は45分ほど、古典落語は1時間ほどしゃべっていたのですが、そんなに時間を感じさせない、とても楽しい時間でした。

志の輔さん、ホント最高です。

| | コメント (0)

2012年4月 5日 (木)

足の傷(Wound of a foot)

家の中では半ズボンを履くことも多いのですが、困ったことも多々あります。

Sn3s0075

足には傷が。(Wound of a foot.)

Sn3s0076

トラッキーがひざの上に乗ってくるのはいいのですが、ずるっと滑り落ちそうになることがあり、足に傷ができます。

Sn3s0077

これからどんどん暖かくなってくるのがコワイです・・・。

| | コメント (0)

2012年4月 4日 (水)

冷蔵庫の中にカップ麺!(Cup noodles in a refrigerator!)

職場の冷蔵庫に不思議なものを見つけました。

Sn3s0074

カップ麺です。(Cup noodles in a refrigerator.)

誰が何の目的で入れているのかはわかりません・・・。

Sn3s0073

お茶カウンターに目をやると、「クリープ」の文字が。中身は本当にクリープなのでしょうか。

以前、職場の職員・来客用の買い出しをしに行った人にある人が「クリープはマリームにしてね」と言いました。この人は「クリープ」とはコーヒーに入れる粉ミルクの総称だと思っているのではないかと思われますが、クリープとは商品名です。なので、クリープはマリームに、という言葉は全く意味がわからないのですが・・・。

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »