« HONEYMOON 2005~SWISS | トップページ | HONEYMOON 2005~ÖSTERREICH PART 2 »

2011年11月20日 (日)

HONEYMOON 2005~ÖSTERREICH PART 1

私たちは、ザルツブルク(SALZBURG)へ行くため、ホテルを後にしてチューリヒ駅へ向かいます。そして、駅のボードを見上げてみると・・・。“österreich zug fallen aus (austria train falling out)”とドイツ語と英語でザルツブルク行き列車のところに書かれていて、乗り場の案内は出ていません。fallen aus=falling outは、【抜け落ちる】などの意味らしいのですが、このときの意味はドイツ語講座の人に後日聞いてもはっきりとわかりませんでした。私たちはミュンヘン行きの列車が数分後に発車することを知り、それに飛び乗りました。そして、検札の際に持っていたチケットを見せて「ザルツブルクへ行きたい」というと車掌さんはしばらく考え込み、「このルートは遠回りだから、別途チケットが必要。あとで回ってくるから私からチケットを買うように」と言われ別途39ユーロのチケットを買いました。本来、まるまるザルツブルク行きのチケットは無効で、車掌さんが配慮してくれたのかどうかはわかりませんが、とても親身になって協力をしてくれたのだと思っています。

P1010183

列車では、とぅじさんが1人で食堂車に行きました。なぜ私も行かなかったのか、理由は不明です。

P1010184_2

とぅじさんが「さすがはドイツ」と関心したシーン。昼間からビールを飲んでいます。でも、私なんかも飲める状態なら飲んでいますから、それは「ドイツだから」ではないのでは。smile

P1010185

ほんの数十分だけ滞在したミュンヘン中央駅(MÜNCHEN HBF)。

ザルツブルクでは1泊だけであるため、大きな荷物はロッカーに預け、1泊だけの荷物を持ってホテルまで行きました。そして、夜はとぅじさんの希望であるマリオネット劇場(MARIONETTENTHEATER)に行きました。

Sn3s0808

この日の演目は、モーツァルトの「フィガロの結婚」(LE NOZZE DI FIGARO)です。35ユーロ、結構するものですね。

Sn3s0809

正直言うと、ここに行くまでは「どうしてここまで来て人形劇などを?」と思っていたのですが、実際に見てみると、動きも細やかだし、本物のオペラを見るよりは気軽だし、いや、実に素晴らしいものでした。

この日の宿は、「一泊だけ贅沢を」ということで、この旅唯一の5つ星、ザッハー(SACHER)

です。

Epsn0060

Sn3s0810

マリオネットを見終えて部屋に戻ると、枕の上に支配人からのメッセージとザッハートルテが置かれていました。この心憎いばかりの演出。もう参りました。

Epsn0068

部屋のバルコニーからは、ホーエンザルツブルク城と旧市街が一望できる最高のロケーション。

Epsn0069

Epsn0070

ちょっと外に出て乾杯wine

Epsn0067 

ホテルのすぐ下には、カラヤンの銅像があります。後ろに伸びた影も計算されているのでしょうか。

ザッハーでの朝食は、ザッハートルテが置かれていましたが、朝っぱらから甘甘のケーキを食べる気にはならず、2人とも食べませんでした。今思うと、なんてもったいない。bearing

Sn3s0811

この日は朝から小雨。でも、ゲトライデガッセは朝からご覧のような人通り。

Epsn0077

ホーエンザルツブルク城からの眺め。霧のようなものがかかってちょっと幻想的な風景に。

Epsn0079

とぅじさん、井戸か貯水タンクのようなものを発見、俄然テンションがあがります。

Epsn0078

マリオネットを実際に操ってみるとぅじさん。

Epsn0082

午後からはパノラマツアーでザルツカンマーグート観光へ出かけます。これも35ユーロ、マリオネットと同じ料金です。

Epsn0084

この日、突然気温が下がり寒くなったので、いつもビールの私も珍しくホットチョコレートなどを飲みます。5つ星ホテルだから、と持ってきたブレザーが防寒で役に立つとは思ってもみませんでした。

Epsn0083

とぅじさんも、まっ赤なトレーナーを買い込みます。

ザルツブルク市内に戻ってきたバスを、駅で降ろしてもらってザルツブルクの旅も終わり、いよいよ最終目的地ウィーン(WIEN)へ向かいます。

|

« HONEYMOON 2005~SWISS | トップページ | HONEYMOON 2005~ÖSTERREICH PART 2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HONEYMOON 2005~SWISS | トップページ | HONEYMOON 2005~ÖSTERREICH PART 2 »