« 東京散歩~神楽坂界隈 | トップページ | 女尊男卑? »

2011年10月13日 (木)

震災の爪痕

関東某県に研修に行ったついでに、福島へお墓参りに行くことにしました。震災後、お墓の近くに住む親戚から家屋・人的な被害はなかったことを聞いてはいましたが、お墓がどうなっているのか、放射能の騒ぎが収まらない中親戚はまだそこに住み続けているのか、実際に見てはいないのでとても不安でした。

Epsn0328_2 

これは2009年の5月に撮った写真です。

Sn3s0602

それがこんなことに。一番左のお墓は後ろに落ちそうになり、真ん中のお墓も同様。一番右のお墓は見るも無惨に崩れています。余震も完全に収まるまで修繕を行わない人も結構多いそうです。

Sn3s0600

3.11の震災直後に修繕した人は、直後の余震でまたやられてしまったのだそうです。幸い、私のところのお墓は無事だったのですが、修復までには時間もお金もかかりそうです。

Sn3s0593

親戚の家の目の前にある神社でも、石碑が移動していました。

Sn3s0594

石積みも若干崩れました。

Sn3s0596

なによりも、先の台風12号の豪雨で、これだけ広い川幅を持つ阿武隈川が手を伸ばせば水に触れるほど増水し、危うく決壊しそうになったのだとか。

こんな危機を乗り越えた生き物がいました。

Sn3s0598

猫です。

Sn3s0599

人なつっこくきれいで、痩せてもいないので、人に飼われているのでしょう。

P1010054

無事でなによりです。また来年会いましょう。

|

« 東京散歩~神楽坂界隈 | トップページ | 女尊男卑? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京散歩~神楽坂界隈 | トップページ | 女尊男卑? »