« ヨーロッパの地方空港? | トップページ | 東京散歩~神楽坂界隈 »

2011年9月23日 (金)

南風原町文化センターに行ってきました

今日は、南風原町にある文化センターに初めて行ってきました。

主な目的は、福島県いわき市から避難してきた鈴木さんという方の展示会を観るためです。

この展示会のことは昨日のTVで知りました。福島にお墓があり、母の従兄弟も阿武隈川沿いに住んでいるため、福島の方々の支援をしていきたいと考えています。

鈴木さんのブログはこちら。(こちらの展示会では写真は失礼かと思い、写真は撮りませんでしたが、ブログに展示会の様子などが掲載されています。)作品からは、原発への不安や恐怖、怒りなどが伝わってきました。

http://blog.g-sougei.com/

南風原町は先の大戦の傷跡を多く残す地域。義父も、戦争中にこの界隈を歩いたことを記憶しています。そして、常設展示では、戦争に関するものが多くあります。

Sn3s0528

軍病院の様子。あまりにリアルでちょっと怖いくらいです。

Sn3s0529

Sn3s0530

負傷した兵士も寝ていて、これは本当に動き出しそうで怖かったです。これら木のベッドには、体験コーナーがあって実際に寝てみることができるのですが、怖くてできませんでした。しかしそうは言ってもこれらは模型。この奥には本物が展示されています。

Sn3s0520

ラッパ。

Sn3s0521

水筒と飯ごう。もうかなりボロボロです。

Sn3s0524

軍靴。

Sn3s0525

銃弾で穴の開いたカバン。

Sn3s0526

Sn3s0522

忠魂碑の模型もありました。

Sn3s0523

説明書きによれば忠魂碑とは、戦意高揚の場に利用されたようです。

Sn3s0527

そしてM4A2戦車。

現代に生きる私たちは、これらの遺物をきちんと語り継ぎ、過去のものから蘇らないようにすることが重要です。

|

« ヨーロッパの地方空港? | トップページ | 東京散歩~神楽坂界隈 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヨーロッパの地方空港? | トップページ | 東京散歩~神楽坂界隈 »