« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月26日 (土)

なんで??

沖縄県名護市に不思議な名前のお店を見つけました。

Dscf0960

サロンリビア。なぜリビア? パリでもロンドンでもなく。

普通、都市名や国名を使う場合、ヨーロッパとか洗練された都市名などを使うケースが多いのではないかと思うのですが・・・。

Dscf0961

ママがリビア人とか、ママの旦那がリビア生まれとか、あるいはカダフィ大佐がこっそり亡命して経営しているお店とか。う~ん、ドアを開けたらカダフィ大佐が「いらっしゃーい!」って日本語で機嫌良く迎えてくれるのなら、それはそれで面白いとは思いますけどね。サロンリビアの秘密を知っている人、情報を求む!

| | コメント (0)

2011年3月25日 (金)

お昼にしましょ♪~本部町・ハコニワ

今日のお昼は本部町にある人気の古民家カフェ、ハコニワです。名護から伊豆味を通る幹線道路から少しはずれた場所にある、木々に囲まれたカフェです。

Sn3s0017

駐車場から見た外観はこんな感じです。よく晴れた日が気持ちいいのは当然のこと、しっとりと雨に濡れた日も風情がありそうな建物です。

Sn3s0007

玄関前にはよく慣れた犬がいました。

Sn3s0008

犬の前には、井戸が。いや、井戸じゃないのかも。溜まった雨水を汲む手押しポンプかも知れません。

Sn3s0009

コワハニ? いえ、ハコニワです。こんな看板(?)もかわいらしいです。

Sn3s0010

店内の様子です。古いのは確かですが、きれいに掃除がゆき届いていて、快適です。家具などにもセンスの良さが感じられます。

Sn3s0014

本日のプレートのメニュー。写真ではわかりづらいのですが、チキンのソテーマスタードソース、ほうれん草の白和え、きんぴらごぼう、マッシュポテト、ハンダマ酢じょうゆ、黒米、プチケーキ、アーサのスープと書かれています。

Sn3s0012

そして、実物がこれ。飲み物付き900円。食したNによれば味はなかなかよかったそうです。

Sn3s0011

そして、私とAが食したのが、このチキンカレー、飲み物付き900円。ちょっと辛めの本格的なインド風のカレーです。男には量的に少ないかも?との噂だったのですが、いやいや、これくらいあれば満足です。

Sn3s0016

なにかと忙しい現代人に好まれているのがわかるような、のんびりしていただきたいカフェ。時間帯によっては混み合うこともあるようです。時間に余裕をもって訪れていただきたいお店です。

| | コメント (0)

2011年3月24日 (木)

お昼にしましょ♪~恩納村・マリブハウス

沖縄本島でも有数の観光地、恩納村に珍しい名前の食べ物があります。

2011_03_10_12_22_58

それがこれ。イチローカレー。村の南部、ルネッサンスリゾート近くにある、マリブハウスのメニューです。

Photo_2

このチラシによれば、イチロー選手の食生活等に感銘を受けたお店のオーナー(?)が、根菜類をじっくりと煮込んで完成させたカレーであるようです。イチロー選手にも食べてもらいたい、とのことでイチローカレーと呼ぶそうです。食したNによれば、味は普通だが食感は一風変わった感じがするとのことでした。イチロー選手が食しているという通称:イチローカレーとは別物のようです。

2011_03_10_12_23_14

で、カレー命の私が食べたのはなぜかハンバーグステーキ。デミグラスソースでもなく、ケチャップでもなく、初めて味わうような、味噌風(?)のソース。あ、でも今HPを見てみると、ソースはデミグラスソースと書かれています。そもそも、デミグラスソースとは何を使って作るものなんでしょうか? わかる人がいたら教えてください。

店内は所狭しと映画のポスター等が飾られ、まるで博物館のよう。古い洋画のファンにとってはたまらない内装だと思います。また、外には美しい海が広がっています。

| | コメント (0)

2011年3月20日 (日)

ステーツサイズ~ROAD TO NAMANUI

まずは、この度の震災で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。今は、募金という形でしか貢献はできませんが、できることをやっていこうと思います。震災に遭われた方々、つらいでしょうが気をしっかりと持って一つ一つ乗り越えて行ってください。

今日は、ステーキハウスの老舗、“ステーツサイズ”に行きました。

私がステーツサイズの「閉店」を知ったのは、先のやちむんのライブにて。ステージの合間に流されたビデオで、やちむんの奈須さんがこの店を訪ねるシーンがあり、その際に壁に「6月で閉店します」と書かれた紙が写り、ナレーションでもそのように言っていたのです。

6月というのは今年なのか、ビデオの作製は数年前なのでもう閉店してしまったのか。一抹の不安と、かすかな期待を胸に那覇市辻に行ってみると・・・。もうすでに店はありませんでした。

ジャッキーや88など、有名なステーキハウスが立ち並ぶ那覇市辻で私が一番好きだったステーツサイズ。もう食べることはできないのだと諦めていました。

ところがっ!

先日の「秘密のケンミンショー」で、沖縄風すき焼きを紹介するシーンがあり、その中で、この店ですき焼きを食べる外国人の姿が放送されたのです。

え?ステーツサイズ?閉店したんじゃないの?と、早速、パソコンに向かって調べてみると、場所を変えて営業していることがわかったのです。今日は午後からとぅじさんがこの近くで用事があるため、二人揃って、しかもBGMにやちむんの“ROAD TO NAMINOUE”をリクエストし、向かってみました。

P1010041

新しいステーツサイズは那覇市の泉崎交差点近くにありました。しかし、STATE SIDEと書いてステーツサイズと読むんですかね? どうでもいい話題ですが。

P1010039

玄関の前には、少し洗練された感じのボードが。上の方に、問題の(?)すき焼きもあります。何が問題なのか、沖縄で直接確かめていただけると大変嬉しいです。ちなみに、とぅじさんは沖縄風すき焼きは大嫌いだそうです。

P1010034

とぅじさんはCランチ、500円。とんかつとハンバーグの組み合わせです。どんだけ肉好きやねん?というところ。ちなみに、Aランチ、Bランチも、肉、肉、揚げ物、肉、です。「ランチ」なのに、夜も食べられる不思議な代物で、これは「ランチ」がある沖縄のほぼすべての店に当てはまる現象です。夜までやっているシェーキーズのランチタイムと同等と考えていただけばいいでしょう。

P1010033

私はステーキランチ、1200円。

P1010035

食べることもそうですが、あのやちむんのビデオに出てきたジュークボックスは存在するのか!?、そして、やちむんの“ROAD TO NAMINOUE”を作るきっかけとなった“ROAD TO NAMANUI”のレコードはどうなっているのか?という大きな疑問があり、早速店内を散策してみると、あの曲名の書かれたジュークボックスがありました。

“ROAD TO NAMANUI”とは、ナミノウエと発音しにくいアメリカ人がナマヌイにしてしまったとのことですが、しっかりとジュークボックス、レコード共に存在しました。

しかし・・・。

P1010038

現在は使われていないのか、上に荷物が置かれていました。

P1010040

閉店と言ったにもかかわらず、どうして今も場所を変えて営業しているのか、一体いつからなのか別に怒っているわけじゃないんですが、閉店と聞いて流した涙の代償weepはどないしてくれますのん?ということです。) そうした疑問は本日は解消されませんでした。おまけに、無人駐車場で、他の人の駐車料金を払ってしまうという失態も演じてしまいました。crying  weep   そして、今日のステーキランチではちょっと不完全燃焼。昔のように、ジュージュー言った鉄板で大きなステーキが食べたい! 私に再チャレンジする口実を与えてしまったのは私の最大の誤算でした。

| | コメント (0)

2011年3月 2日 (水)

お昼にしましょ♪~名護市・パパダム&南部・curry 087

今日のお昼は名護市のパパダム。

Dscf0069

ここはインド風カレーの専門店です。

Dscf0066

メニューは週替わりを入れて5つ。お一人で運営をされているようなので、そんなにたくさんの種類はできないようです。

Dscf0067

でも、飲み物は充実。

Dscf0065

辛い物好きの私は、このお店で一番辛い辛口チキンカレーを頼みました。

Dscf0063

大盛りは無料という嬉しいサービスも。また、パーパルだったか、インドのおせんべいも付きます。インド風カレーではありますが、インド料理ではないところが、日本人にもなじみやすいのかも知れません。

そして先週、1年ほど前に毎週通ったcurry 087(「オハナ」と読むそうです)に久々に行ってみました。平日の南部にしか現れないカレー屋さんです。

P1010188

北部に通っている現在、なかなか行く機会に恵まれなかったのですが、今回、久々に近くに行く機会があったのです。

P1010230

ここのカレーはどれもおいしいのですが、「バターチキン」と「レモンカレー」は絶品。

087

新しいチラシをいただきました。

先日も、買って食べて帰る頃行列ができていました。

今後も、ますます頑張ってほしいと思います。

| | コメント (0)

2011年3月 1日 (火)

芋洗坂係長参上

先日、「湧き水fun倶楽部」主催の講演会で今帰仁に行ってきました。

Dscf0493

講師は今帰仁村歴史文化センターの仲原館長。

Dscf0508

講演のあと、本部町具志堅にあるフプガーを一緒に訪ねてみました。ここは、とても大きな水溜があり、相当豊富な水量を誇ります。ここでも、仲原さんのお話しは続いていたのですが、気を取られるできごとが。なんと、芋洗坂係長参上です。

Dscf0517

ジャン。この方たち、収穫したばかりの田芋を、足で踏んで洗っていたのです。(「あの方」を想像してしまった方、すみません。)

手前の方はネットに入れたあとにかごに入れてそれを踏みつける。

後ろの方はネットのみの使用ですが、椅子を持ってきて座りながらの作業です。

Dscf0514_2

こすられて落ちた芋の皮は、豊富な水量により下流に流されていくので、みるみるうちに芋がきれいになりました。

Dscf0516

講演会の参加者も、昔ながらの光景に興奮ぎみ。なかなか、実際にこうした光景に出会えることって少ないですからね。

Dscf0519

いつの間にか、人だかりができました。また、この方たち、お元気で、とても明るい。

今回のカテゴリーは「文化・芸術」にしたのですが、まさにそんな光景でした。そして、「何が豊かなのか、カーを通して語れる豊かさを共有したい」というこの日のテーマに合致する光景でもありました。

Dscf0535

ちなみに、この歴史文化センターには、受付猫のみーちゃんがいます。

P1010065

すごく人にも慣れていておとなしい猫なのですが、平成7年頃の生まれと聞いてびっくり。トラッキーよりも年上だったのです。すみません、浮気しちゃいました。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »