« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

今日の一枚⑥~CAMEL・DUST AND DREAMS

今日の一枚は、CAMELの“Dust and dreams”。

Camel

1991年発売のこの作品は、解散後10年近く経ったCamelが再結成後に出したもので、Camelの全盛期のことなど全く知らず、ただ音楽雑誌に載っていたレビューを読んで手にしたアルバムです。John Ernst Steinbeckのアメリカ文学を代表すると言われる「怒りの葡萄」にインスパイアされて作られたこのアルバムは、実に美しいロックアルバム。Camelのことも、怒りの葡萄のことも、何も知らずに聴いたこのアルバムで、私はCamelのファンになり、過去の作品をすべて買い集めました。もし最初に買ったのが他のアルバムだったら、全部買いそろえるくらいファンになっただろうか・・・? そう思えるくらい重要なアルバムです。

| | コメント (0)

2010年9月29日 (水)

今日の一枚⑤~ASIA

私が高校生だった頃、その衝撃的なアルバムが発売されました。

スーパーロックバンド、ASIAのデビューアルバム。邦題は、「詠時感(これで「エイジア」と読ませるそうです)~時へのロマン~」。日本語タイトルってどうしてこんなにセンスがいいんだろか、と関心させられます。

Asia

VocalとBassにUKやKing Crimsonで活躍したJohn Wetton、GuiterにYesのSteve Howe、KeyboardにBugglesやYesのGeoffrey Downes、DrumsにEL&PのCarl Palmerという、ビッグネームばかりが名を連ねたことで、寄せ集め的な批判もありましたが、そのアルバムの完成度の高さは比類なきものです。プログレの御大たちの結集ではあるものの、完全なプログレアルバムではなく、プログレの要素をふんだんにちりばめつつ、コマーシャルな音作りに挑戦した画期的なアルバムです。このアルバム発売当時、UKやKing Crimson、YES、EL&Pなどのプログレバンドはほとんど聴いていなかった私ですが、この作品の内容に狂喜乱舞したのを覚えています。

メンバーのみなさんもあれから相当お年を召して、ライブアルバムなどを聴くとかなり危なっかしい感じすらします(特に、Howeさんのギターが、ね)けど、今も現役で頑張っておられるのは嬉しい限り。 また来年あたり、新作が聴けることを心待ちにしています。

| | コメント (0)

2010年9月28日 (火)

今日の一枚④~GLORIA ESTEFAN・ALMA CARIBENA

今日は、Gloria Estafanの“ALMA CARIBENA”。正式なスペイン語での綴りは、最後から2番目のNの上に~(波線)が入るのですが、うまく入力できませんでした。

Gloria

これは、全編スペイン語で歌われる作品。私はかねてから、彼女は英語で歌うよりもスペイン語で歌った方がいいな~と思ってはいましたが、まさに、この作品を聴くとその思いが増してきます。ある年の夏休み、高校時代の友人が私を訪ねて沖縄に来て、その友人にとって初めての石垣島へ行こう、と計画をしていたのですが、結局台風の接近で行くことができず、やむを得ず本島内をドライブしていたときに、BGMを聴いていたのがこの作品です。いかにも中米らしいノリの曲、ゆったりとしたリズムの曲、これらが、ちょっと残念だった夏休みの思い出として今も心に残っています。

| | コメント (0)

2010年9月27日 (月)

今日の一枚③~GENESIS・DUKE

今日の一枚は、GENESISのDUKE。言わずと知れた、PHIL COLLINS率いる、ブリティッシュプログレバンドです。PHIL COLLINSは知ってるけど、GENESISってどんなバンド? という人も多いかと思いますが、とりあえず、知っている人向けに話を進めます。

Duke

今からこれも30年も前に発売された作品です。GENESISのことをよく知らず、興味を持ったもののどれがいいのかわからず、当時の最新作品がジャケットもかわいかったので買ってみた、というのが真相なのですが、これが大当たりでした。

オープニングから3曲がつながっていて、音の洪水とでも言うべきキーボードの音と、変幻自在のリズムに、完璧にノックアウト! Peter Gabriel在籍時のコアなファンからは、POPになりすぎて到底受け入れられないとは思いますが、これがGenesisを知った最初のアルバムである私にとっては、最高傑作!の称号を与えたいと思います。

“Duke's travels”~“Duke's end”につながるエンディングも、長編映画を見終わったような心地よい疲労と感動が広がります。

| | コメント (0)

2010年9月26日 (日)

今日の一枚②~BOSTON

今日の一枚、続いては、BOSTONのデビューアルバム。1976年の作品です。これも私が中学時代の作品です。

Boston

邦題は「幻想飛行」。この邦題を考え出した感性、今更ながらに素晴らしいと思います。

さらに、このアルバムからヒットした曲、“More than a feeling”に至っては「宇宙の彼方へ」という邦題が。本当に、宇宙の彼方へ飛んで行ってしまいそうな、奇才Tom Scholzのなめらかなギターソロには、脱帽ものでした。

サウンド的には、2ndの“Don't look back”の方が好きではありますが、衝撃という点ではこの作品の方が上でしょう。なにせ中学生だった当時の私は、まだ海外のロックというものを聴き始めたばかり。そんな時期にこんな作品を聴かされたら、それはもう人生を変えてしまうくらいのインパクトがありました。

| | コメント (0)

2010年9月25日 (土)

今日の一枚①~ABBA・ARRIVAL

私のこれまでの人生に大きな影響を与えてきたCDやLP、そんな忘れられない作品の数々をご紹介したいと思います。

Abba

まず最初の登場は、ABBAのARRIVAL。オリジナルは1975年の発売ですから、今からもう35年も前のこと。私はまだ中学生でした。

このアルバムには、“Dancing queen”や“That's me”など、今もPOPS史上に燦然と輝く曲が収録されていますが、私が特筆したいのは、オープニングとエンディングの素晴らしさ。

“When I kissed the teacher”の透明なアコースティックギターとコーラスで、ミディアムテンポで幕を開けますが、すぐにアップテンポへとなだれ込み、最高のノリのいい曲となります。

そして、エンディング間近のロックチューン“Tiger”から、叙情的なインスト“Arrival”で幕を閉じる。それこそ、「盤がすり切れるほど」聴きまくった、私の人生の中で5本の指に入る素晴らしいアルバムです。35年経った今でも、輝きを増しても色褪せることの決してない最高のアルバムです。

| | コメント (0)

2010年9月18日 (土)

キーツマンゴー

先日伊江島のNさんからいただいたキーツマンゴー。

P1010008

本当に大きなマンゴーです。まだ少し早く、しばらく置いてから食べてね、と言われたので数日間常温で置いておきました。

そして、少し色づき芳香が漂い食べ頃となったらしいので。

いない、いない・・・。

Photo

ばあ! (←ゆうさんのように芸術的写真も撮れず、結局なんの変化もなし)

あまりに大きいので、1回で食べきるには無理があり、2回に分けて食べることにしました。

味は、濃厚な甘さに若干刺激的な酸味が入り交じるなんともいえないおいしさ。

こんなおいしいものをいただけるなんて、なんという幸せ。送っていただいても受け取る心の準備はできておりますので、これを読んでいる皆様、ぜひぜひ、ゆたしくうにげーさびら。

| | コメント (0)

2010年9月10日 (金)

いただきものあれこれ

このところ、我が家には贈り物がたくさん。

P1010004

まずは、先週、とらにゃんこ生活のゆうおねいさんから、お手紙と、アラカルトが届きました。

P1010011

紅茶とパウンドケーキ、

P1010012

そして、こちらは外国のお菓子。とぅじさんは、右側にあるPOP ROCKSというお菓子についていたTATTOOを腕につけて遊んでいましたが、残念ながらすぐに落ちてしまいました。

P1010005

でも、ショパンはちょっと不満そう。「だって、ショパンが食べても嬉しいものじゃないし」。

P1010008

そして、今週は伊江島のNさんから。キーツマンゴーとドラゴンフルーツです。ご自分で作ったものだそうです。

P1010005_2

またまたショパンがやってきました。「今度こそショパンが嬉しいものですよね?」

P1010007

「え? 違うの~?」

あ、行ってしまいました。

P1010009

は~あ、やってられないわ~と、ふて寝をするショパンです。

ショパンは放っておいて、少し果物のお話しを。

キーツマンゴーは、普通に出回っているアーウィンマンゴーよりもおいしいといいますが、収穫時期が少し遅く、お盆やお中元に間に合わないために、あまり一般的に出回らないと聞いたことがあります。あと、ドラゴンフルーツは、丸いのが赤肉、細長いのは白い果肉なんだそうです。

P1010030

確かに、これは細長いので白い果肉。味は淡泊でさっぱりしているので、サラダに入れても、食後のデザートにもいいかも知れません。ちなみに、キーツマンゴーは少し早かったためまだ食べてはいませんが、一体どんな味なのか、今から楽しみです。

P1010045

そして、今日は、私たちの5回目の結婚記念日&どんちゃんママ75回めの誕生日。毎回恒例の、雅のお寿司と、ビール(もどき)。金曜の晩の一杯は格別です。happy02

P1010044

トラッキーとショパンにもお裾分けです。smile ね~、いいことあるでしょう~。

そして、食後更にいただきものが。

P1010049

高校時代からのいちどぅし、S君からお花の贈り物です。今年のお花は一段と大きく、もう感謝、感謝、感謝です。

P1010051

では最後にショパンから。「来年は、ショパンが嬉しいものをどなたかください」。こらこら!

ゆうさん、Nさん、S君、本当にありがとうございました! (ショパンの言い分など気になさらずに! ショパンの嬉しいものを与えるのは私たちの義務ですから・・・)

| | コメント (2)

2010年9月 4日 (土)

1週間で2つの台風

今年は、全然台風の接近がなかったのですが、この1週間で2つも接近しました。

ひとつは6号。先週の火曜日、バスも止まり、学校もお休み。多くの職場が自宅待機となりました。私が住む中南部は風雨ともたいしたことがなかったのですが、職場のある北部地域はかなりひどく、数万世帯が停電、翌日は、公園駐車場に折れた木々が散乱。

P1010001

そして、今日、またまた台風9号が接近。一時的な風雨では、6号よりもひどいのでは、と思うほど。

P1010002

おかげで、とぅじさんフレンズとの本島北部湧き水ツアーが延期となってしまいました。

これまでの台風は、日本の遥か南で台風になり、1週間とか10日くらいかけて日本に接近していたものですが、今年の台風は、本島の近くで突然台風になり、翌日には本島に影響が出ます。

心の準備もなんもできん、ちゅうねん!

| | コメント (2)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »