« 谷根千の旅② | トップページ | 宿泊地 浅草 »

2010年5月19日 (水)

谷根千の旅③

丁子屋さんを出たあと、やっと目的地「芋甚」へ。
P1010018
ここのアイスモナカはテレビでも紹介されたし、ガイドブックにも載っているほど有名なのです。
P1010019
さほど大きくはありませんが、ささっと食べるにはちょうどいいサイズ。110円なので、気軽に食べることができます。
P1010020
根津神社を経由して、「谷根千」の「千」、千駄木にある飴細工の店、吉原へ。
P1010026
お恥ずかしながら、ここもテレビで紹介されていたお店。
私は、トラッキーとショパンのお世話をしてくれているYさんへのお土産に「とんぼ」を作ってもらうことにしました。
Yさんは、とんぼ研究の第一人者と言ってもいいくらいの人なのです。
P1010027
色を決めると、さっそく飴をこねます。
P1010030
手早く作業をしないと飴がどんどん固くなってしまいます。
P1010032
作業時間はおよそ3分が限度なんだそうです。まさしく時間との闘い。
P1010034
できました。
P1010035
こんな顔した怪獣、ポケモンに出てきませんでした?
P1010122
私用には、猫を買いました。
P1010123
残念ながら移動中に落として尻尾が欠けてしまいました。
P1010124
形もさることながら、表情もステキです。
P1010128
これは、なんですか。ショパンのお友達ですか。

おっと、写真撮影中にショパンが乱入です。
P1010129
おいしいものですか?
P1010130
な~んだ、ショパンの好物じゃないや。
ごめんね、ごめんね~。

その昔、寄席で実際に紙切りを見たことがありますが、それと共通するものがあると思います。このお店のご主人はテレビで「廃れゆく文化」などと謙遜されていましたが、どうしてどうして、素敵な文化だと思います。お値段は決してお安くはない(安いもので1本500円ほど、高いものは1000円超)ですが、染め物同様、今後も残していってほしい文化だと思います。

|

« 谷根千の旅② | トップページ | 宿泊地 浅草 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 谷根千の旅② | トップページ | 宿泊地 浅草 »