« 離島の旅宮古編VOL.4~アガンニャ!言葉の巻 | トップページ | カレーのない人生なんて~火金はカレー曜日だ! »

2010年2月14日 (日)

ji ma ma ライブ

10日水曜日は、ji ma maのワンマンライブに行ってきました。場所は、今や私たちの行きつけとなりつつある桜坂劇場。
ホールAはこの劇場で最も大きなホールで、200名程度の収容力があります。この日のチケット前売り分は完売。ji ma maの人気ぶりがうかがえます。
この日の席は前から2列め。MCの最中に少し言葉に詰まったとき、目が潤んでいたことまではっきり確認できるくらいの近さでした。
Jimama1
これまで、「でいご」やTVCMに使われた「大丈夫」「想い~ウムイ~」などヒット曲を連発し、人の心にじわじわとしみこんでくる歌声で魅了してきたji ma ma。彼女のハートウォーミングな歌声もそうですが、木訥としたしゃべりもまた魅力の一つ。
Jimama2
ライブの最中、こんな話がありました。
曲の歌詞を巡って、バンドのメンバーと大論争になったとのこと。
それは、「想い文」という曲のこんな詩についてです。

「たまにはすべて忘れて 公園の芝生で美味しいお酒でも飲みましょ」

こんなこと普通しないだろ!とバンドのメンバーから突っ込みが入ったというのです。
実は、私たちもこの部分の詩について、話をしたことがありました。最初は、北海道の阿寒湖から戻る車の中。そして、この日のライブ会場へ向かう車の中でも。
公園の芝生で美味しいお酒でも、って○○(○○の中には特定の地域名が入ります)の人じゃあるまいし。と言って笑っていたのです。まさか、このことがバンドでも議論になっているとは・・・。
確かに、野球の試合が終わったら反省会と称して芝生の上で飲酒、ということは過去何度か経験があります。でも以前、仕事で訪れた先のすぐそばの公園で薄汚れた格好で昼間から飲酒している人がいて、ちょっと恐かったりしたこともあるので、やっぱり公園で飲むのはやめましょ。そういうことは高校生に任せておきましょう(こらこら)。高校生もダメですからね~、飲酒は。
Jimama3
ji ma maの実妹が作った映画「アンを探して」が外国で賞を受賞し、ますます活動の場が広がりそうなji ma ma。今後、桜坂劇場のような小さなホールで観ることはできないのかも・・・と思うとちょっと複雑ですが、ますますの飛躍を期待しています。

|

« 離島の旅宮古編VOL.4~アガンニャ!言葉の巻 | トップページ | カレーのない人生なんて~火金はカレー曜日だ! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 離島の旅宮古編VOL.4~アガンニャ!言葉の巻 | トップページ | カレーのない人生なんて~火金はカレー曜日だ! »