« NAHAマラソンの応援をしてきました | トップページ | 20年ぶりの津堅島 »

2009年12月11日 (金)

PARIS MUSETTE IN OKINAWA

パリの街とアコーディオンの音色。なんとも素敵な組み合わせです。
私が以前、パリを旅していたとき、地下鉄の車内でアコーディオンを演奏している方がいました。ベサメムーチョを弾いていたのですが、なんともパリっぽくてすごく素敵でした。でもその直後、乗り込んできた地下鉄職員に取り囲まれていましたので、もしかしたら違法行為だったのかも知れません。
161
そのときの写真。一番向こうの左端の人です。

フランスは、私の人生初の海外旅行のスタート地点でもあるし、新婚旅行のスタート地点でもあるし、さらに、遠縁の(ホントか?)アントワネットおばさまが嫁いだ先でもあり、少なからずゆかりのある土地です。しかし、知っている言葉はメルスィとボンジュールとボンソワールとウィの4つだけ(あいさつだけやん!)でよく旅行ができたもんだと、我ながら関心している今日この頃。しかも、語学力的には十数年前とほぼ変化なし!

前置きが長くなりましたが、フランス生活の長かった私は昨日、通好みの音楽や映画でおなじみの桜坂劇場に、
P1010235
ダニエル・コランさんのアコーディオンを中心としたミュゼット&シャンソンのライブを観に行ってきました。
Daniel
ミュゼット(musette)とは、1880年代から1940年代にかけてフランスで流行したアコーディオンを前面に出したポピュラー音楽のことなのだそうです(wikipediaより)。ウィーンやザルツブルクでは音楽会に足を運んだことのある私ですが、パリではシャンソンのライブハウスに行こうとして道に迷い、道も暗かったので不安になって結局断念した経緯があり、それ以来の念願が叶いました。

私がコランさんのことを知ったのは、1年ほど前のとある病院の待合室。たまたま手に取った雑誌に、コランさんのライブ&CDのことが載っていたのです。そのときすでにそのライブは終わっていたのですが、CDを購入して対面を心待ちにしていました。こんなに早く初対面が実現するなんて、きっと私とコランさんは出会う運命だったのですね。

ライブは2部構成で、1部は、このコランさんを中心としたミュゼットです。にこにことずっと笑顔で演奏するコランさんの表情がとても素敵でした。フランスの香り全開です。

2部はこれにボーカルのクレール・エルジエールさんが加わり、シャンソンの名曲が披露されます。シャンソンの知識は全くないに等しいのですが、1曲目の「さくらんぼの実る頃(Le temps des cerises)」の切ないメロディに早速のめり込んでしまいました。後で調べてみると、もう140年も前に書かれた曲なのだそうです。その頃のフランスの風景ってどんなだったのかな~と当時のフランスに思いを馳せてしまいます。

アンコールは「パリの空の下(Sous le ciel de Paris)」。私の大好きな曲です。私の世代以上なら多くの方がご存じであろう、山口百恵主演ドラマ「赤い疑惑」で、パリのおばさま役(実際もそうですが)の岸恵子さんが登場するシーンに流れた曲です。3大テノールがエッフェル塔とオーケストラをバックに歌ったあれも最高ですが、こんな風に、ギター、ピアノ、アコーディオンによる演奏も、勝るとも劣らない魅力があります。

2度めのアンコールは、「プチ・パパ・ノエル(Petit papa noel)」というフランスでは有名だというクリスマスソングが披露されました。ステージ脇に置かれていたツリーの電飾が灯され、一気にクリスマスムードに。ほぼ全員のコーラスで、感動的なフィナーレでした。

ライブ終了後は、通好みなのにミーハーな私のお目当て、サイン会です。
P1010239
エルジエールさんのCDは持っていなかったので購入しましたが、サインの順番がまわってくる直前、舞い上がってCDを落とし、ケースを破損させてしまいました。
P1010240
ボーカルのクレール・エルジエール(Claire Elzière)さん。フランス独特のけだるさをもちながらも力強いボーカルを聴かせてくれました。
P1010241
アコーディオンのダニエル・コラン(Daniel colin)さん。お年を感じさせないエネルギッシュな演奏を披露してくれました。
P1010242
ピアノのグレゴリー・ヴー(Grégory Veux)さん。ちょっとシャイなフランス青年といった感じ。私は、「かもめ食堂」に出てくる“トンミヒルトネン”を思い出しました。似てない?
P1010243
ギターのドミニック・クラヴィック(Dominique Cravic)さん。味のあるボーカルも披露してくれました。
P1010244
皆さん、ビールを飲みながらのサイン会で写真撮影もOK。鶴太郎さんの「心を込めてサインをしたいので写真撮影はあとにしてくれ」という姿勢とは正反対ですけど、こんな気軽なサイン会もフレンドリーで大好きです。
P1010248
CDのレーベルにサインをしてもらい、さらに、チラシにもサインをしてもらいました。
Musette
このチラシは、汚れないようにラミネート保存したいと思います。

帰宅してからもまだ少し興奮気味で就寝時間が遅くなってしまいましたが、本当に本当に素敵な夜をありがとうございました。

あ~またパリに行きたくなった~。

|

« NAHAマラソンの応援をしてきました | トップページ | 20年ぶりの津堅島 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NAHAマラソンの応援をしてきました | トップページ | 20年ぶりの津堅島 »