« ゆうおねいさんからの贈り物 | トップページ | 何コレ珍百景沖縄版 »

2009年10月25日 (日)

片岡鶴太郎展に行ってきました

  今日は、台風接近のあいにくの天気ではありましたが、浦添市美術館で開かれている「片岡鶴太郎展’09」に行ってきました。
Photo
そんな天気の悪い日に、なぜ今日なのか?

それはサイン会が開かれるからなのです。
鶴太郎さんと言えば、私にとってはたけし、さんまと並ぶコメディアンというイメージが強く、画家としての印象は皆無ではありました。なので、サインは欲しいけど、絵は見なくてもいいかな~?などと思っていたのです。

でもでも、実際に作品に触れてみると、実に素晴らしくて感動したのです。
Sichifukujin
これは、「七福神」。
Neko
「仔猫」。
Photo_2
そしてこれは「子猫」。前のものとは、「子」の字が違います。白い部分があるところはショパンに、全体のトラ模様はトラッキーに似ています。

私が一番惹かれたのは、これです。
Photo_3
「ししとう」。こんな、重要でもない、目立たない野菜を主役に選ぶこの感性。やっぱり、私のような凡人は、感性の部分が芸術家にはまだまだ及ばないと思うのです。当たり前かも知れませんが。こういう、さりげないものに注がれている愛情、慈しみの気持ちみたいなものが強く感じられるのです。

絵をひととおり見終わったあとは、いよいよお目当てのサイン会です。鶴太郎さんが登場すると盛大な拍手が。
P1010345
ごらんのような人だかりができました。ちなみに、サイン会では写真撮影はしないでほしい、とのこと。それは、ご本人から「ひとりひとりの方に心を込めてサインをしたいので、サインをすることに集中したいから」なのだという説明がありました。なので、写真撮影を許されたのはサイン会後なのです。

200人もの人へのサインなので、ひとりあたり10数秒なのですが、ひとりひとりに会釈をして、そして左手でサインをし、右手で握手、何名かの方に声をかけられても丁寧に応じていらっしゃいました。サインは、画集購入者先着200人に限られていたのですが、購入者だけでなく同伴家族にも握手をしてくださいました。また、親に抱かれた幼児にも、自ら手を差し出して握手をしていました。ファンを大切にする気持ち、痛いほど伝わりました。
P1010376
そして、これが画集にしていただいたサイン。「鶴」という字を鶴太郎さんが書き、隣の人がスタンプを押し、更に隣の人がサインを乾かす、という一連の流れ作業。
P1010354
サイン会のあとのトークショーでは、絵の解説などを中心に話をされていました。
P1010349
若い頃はお酒と女性しか興味がなかったけれど、40歳を前にしたある日、人知れず咲いている椿の美しさに強く感動したことが絵を描くきっかけになったことや、サザエさんの実写版で波平さんの役をやったことなどなどを30分ほどに渡ってお話しをされました。
P1010374
実際の鶴太郎さんはホントに華奢な方で、ご本人も言われたとおり、少し手が冷たい人でした。トークショーの最後の方では、「ちょっちゅね」も軽くやってくれました。
P1010375
控え室へ戻るところを一枚撮りましたがぶれてしまいました。

今日のサイン会も、とぅじさんが行くなら一緒について行ってもいいけど、くらいの気持ちでいたつもりだったのですが、昨日、なぜかトラッキーを「トラちゃん」と呼ぼうとして「鶴ちゃん」と呼んでしまいました。
何を隠そうミーハーな私。実はサイン会に行きたいと強く思っていたのは私の方かも知れません。

|

« ゆうおねいさんからの贈り物 | トップページ | 何コレ珍百景沖縄版 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆうおねいさんからの贈り物 | トップページ | 何コレ珍百景沖縄版 »