« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

小さい秋が届きました

今日の夕方、突然のお届け物が。
アマゾンは頼んでないし、何か当たった? その前に、何か応募したっけ?
思い当たるふしのないまま受け取りに出てみました。すると・・・。

P1010228
ショパンの好きなものじゃないです。

ショパンはちょっと残念そう。中味は、
P1010229
栗と、にんにくと、銀杏の詰め合わせ。にんにくは、大玉が6つ。
P1010230
贈り主は、熊本の森さん。

森さんとは、私がまだ闘士(?)だった頃に出会いました。森さんが沖縄の伝説のロックバンド、紫のファンだったということから、急速に親しくなったのです。

実は昨日、仕事帰りにスーパーに寄った際、栗の商品を手にしたのです。でも、買いませんでした。買わんでよかった。沖縄も朝夕は涼しくなってきた昨今。小さな秋を味わってみたいと思います。

森さん、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2009年9月27日 (日)

衝撃の事実~復活への道

 我が家の女王様として君臨するショパン。
P1010174
その堂々とした風格はさすが。
ご飯のときだって、
P1010130
トラッキーが先に来ていようとも、我先にご飯にありつきます。
トラッキーは、いつだって、文句も言わずにショパンが食べ終わるのを待っています。なんてけなげな。
P1010133
なんか悪口言ってます?
あ、いや、そういうわけじゃ・・・。
先日、2人仲良く(?)並んで食べている姿を見て、愕然としました。
P1010187
サイズがほとんど同じなのです。
P1010189
トラッキーの方が、男の子である分少し大きいようですが、それにしてもショパンのここ最近の膨張ぶりは、久しぶりに訪れた義母ですら、「太ったんじゃない?」と言うほど。先日の結膜炎での通院の際、体重が5キロもあることが明らかになったばかりです。

これではいかん。そう思い、
P1010207
買ってきました、猫じゃらし。
これまで、ねずみのおもちゃが中心でしたが、これだとショパンが遊びたいときに遊ぶだけなので、少し強制的に遊ばせようと思います。
P1010191
おろ? あれはなんだ?
P1010192
ひょい。
P1010195
つ~かま~えた~。
P1010196
こいつ、こいつ、こいつ。
なかなかよく遊んでくれています。
ではトラッキーにも試してみましょう。
P1010202
なんですか、これは?
P1010203
これはおいしいものじゃないですよね? トラ、興味ありません。
う~ん。ダメですか。じゃあ、再びショパンにやってみましょう。
P1010208
す、少しお休みをさせてくださいまし・・・。
食べることには際限がないショパンですが、遊びには少し飽きっぽいようです。
スリムなショパンに戻る道のりはまだまだ相当険しいようです。

| | コメント (0)

2009年9月24日 (木)

ハッピーバースディどんちゃん

今日9月24日は、どんちゃんの四十ウン回めの誕生日。年は非公表なのですが、生まれた年の翌年には、東京オリンピックや新幹線開通という事柄がありました。
今日は、自宅でのパーティです。
P1010178
昨日、北海道物産展で買ったイクラと、今日スーパーで買った北海道産鮭のほぐしによる、海鮮親子丼。北海道産トマトとポテトのサラダ、これも北海道のたまねぎ揚げ。北海道限定ビール。そして、ゆうおねいさんに影響されて作ったラフテー。北海道産昆布も入っています。
P1010179
そして、デザートは、義母からのプレゼントである桃と、昨日のベルギーチョコレートケーキ。
北海道産をメインに沖縄産もプラスした、満腹のディナーでした。

過去の誕生日をどう過ごしていたのか、ちょっと考えてみました。

去年は、雅のお寿司と、横浜のウィーン菓子の店、ノイエスのシュトゥルーデルでお祝い。

2年前は、入院中でした。くも膜下出血から退院したのに、激しいめまいに襲われ嘔吐。

またまた救急車で病院に運ばれて即入院と相成ったのです。

Epsn0011

3年前は、プラハにいました。とぅじさんとどんちゃんママという、ドキドキの顔ぶれ。2人が内心どう思っていたのか知るよしもありませんが、お互い、うまく付き合ってくれたようです。

Epsn0012

これは、ペンション桐淵さんの近くにあるレストランで、誕生祝い。

P1010024

長旅でやっと着いたばかりのプラハで、疲れを癒しながらの食事となりました。プラハは、なんと言ってもビールがうまい、そして安い!

P1010027

日本のピッツァよりもかなり怪しい(笑)プラハのピッツァ。これをピッツァと呼んでいいのか、どうなんだか。

そして、ちょうど10年前には。

P1010181

ヨーロッパアルプスの最高峰、モンブランの麓にあるシャモニーにいました!9月は、7,8月に比べて旅行代金も安いし、まだまだ暖かくて季節的にもいいし、ということで、この時期に旅行に行くことが多かった私。

このときは、高校の同級生であるS君との男2人旅。ボロネーゼを食べながらの一杯。澄んだ空気の街での夕飯、とっても気持ち良かったのを覚えています。早いもので、あれからもう10年になるのですね・・・。またいつか再現できることを夢見て・・・。

| | コメント (0)

2009年9月23日 (水)

やっぱ北海道だべさ

今日は、那覇市のデパート「リウボウ」で開催されている、北海道物産展に行ってきました。先月の旅以来、未だに北海道熱から冷めていない私たち。私は、ずっと昔に一緒に行った高校の同級生と、どこに行った、どんなことがあった、などと思いだしながらメール交換をしています。

今回の物産展の一番の目的はこちら。
P1010163
ババン。釧路和商市場内の水野商店が出している海鮮弁当です。
カニ、イクラ、うに、さけ、ほたて。新鮮な海の幸がぎっしりです。
イクラは、それまでの私は特に好きなものでもなかったのですが、北海道で食べて「今まで食べていたのはホンモノではなかったのかも知れない」と思うほど、すっかりイメージが変わりました。
P1010160
お値段はそれなりにしますが、やはりおいしい。
こうした物産展は際限なく買ってしまいそうになるのがコワイところなので、いくらまで、と上限を決めて臨みました。
とうじさんが買ったのはこちら。
P1010172
何はなくとも、六花亭のバターサンド。
P1010166
じゃがいもとかぼちゃ。とぅじさんの北海道出身の友人が、北海道物産展ではじゃがいもを買う、と言っていたそうで、それをマネしてみます。北海道産のじゃがいもなんて、普通にスーパーに売られてはいるのですが、鮮度、品質など違うのかも知れません。
P1010170
そして、明日の私の誕生日用に、五島軒のベルギーチョコレートケーキ。
私はと言うと。
P1010169
明日の自分の誕生日用に、北海道限定ビール。
P1010167
そして、いくら。これで、100g1300円はちょっと高いような気もしますが、釧路で買えなかった心残りが、これで少しは癒されるような気がします。

木彫り商品もあるのかと思っていたので、もしかしたら、阿寒湖畔の人たちと会えるかも、という淡い期待もあったのですが、今回は食品だけでした。
ウィンナーやラーメンは次回に繰り越し。なので、近いうちに今度は三越でやらんかな~。

| | コメント (0)

2009年9月21日 (月)

お兄さん、寄ってかない?

台所で仕事をしていると、何か「悪」の気配がしました。
振り返って見ると・・・。

P1010087_2

ショパンです。さすが、沖縄市の銀天街をうろつく札付きのワルだったショパンの目つき、迫力があります。なんて言っているのか、近くに寄って聞いてみましょう。
P1010090

「お兄さん、寄ってかない?」と、飲み屋の呼び込みのお姉さんのようでもあり。

P1010089

「兄ちゃん、金持ってんだろ? くれよ」と街の不良がからんでいるようでもあり。

P1010091
でも結局は、かまぼこを要求しているだけなのでした。

| | コメント (0)

2009年9月12日 (土)

清志郎だぜ、ベイベー

忌野清志郎さんが亡くなって早や4ヶ月が過ぎました。80年代は「変なメイクをした気持ち悪いやつ」と大嫌いだったのですが、亡くなってから購入したCDはほとんど毎日聴いています。
Kiyoshirou2
それが、今現在、我が家のヒットチャート1位を守り続けている、このアルバム。

先の北海道旅行でも、彩りを添えてくれました。メロディだけでなく、詩の世界も実に深くて引き込まれます。昨年の遠藤賢司さん共々、詩の意味を考えながら聴いています。

そんな私にとぅじさんがプレゼントしてくれたものがこちら。
P1010062

「忌野清志郎の世界」。かなりぶ厚い本で、素晴らしい絵のセンスの持ち主でもあったことがわかります。が・・・・。この厚みがトラッキーにとってちょうど枕代わりにいいようです。ちょっと前までは、その横にある黄色いよしもと新喜劇クッションがお気に入りだったのですが・・・。

では、ちょっと角度を変えて。

P1010063

さらにまた角度を変えて・・・。

P1010066

では今度はもう少しアップで。

P1010067

Epsn0230

扇風機の土台を枕代わりにしていることもあります。

ちなみにショパンはと言うと。

Epsn0019

さすがはショパン。大きな背当てクッションを枕代わりにしています。

清志郎だぜ、ベイベーなどと言いつつ、ねこ枕の話題でした。

| | コメント (2)

2009年9月 6日 (日)

夏の終わりのしゃかり

もう1週間前のことになりますが、残波岬ロイヤルホテルのてぃんがーらガーデンに、しゃかりのライブを観に行きました。

P1010055
しゃかりは、ディアマンテスのバックボーカルを務めていたちあきさんがディアマンテス脱退後に結成したグループ。

P1010073

写真は、ディアマンテス時代のちあきさんやほかのメンバーと私。

P1010074

酔っぱらって寝てしまった同僚に対して、こんなことをするおちゃめな一面も。

抜群の歌唱力を誇るちあきさんの脱退は、ディアマンテスファンには大きな衝撃と落胆をもたらしました。でも、アルベルトという絶対的なボーカリストの陰にいるより、ちあきさんが中心となるグループができることは、むしろ喜ばしいことだったのではないでしょうか。

P1010061 このてぃんがーらガーデンでのライブは、リゾートホテルで行われることもあって、観光客向けの選曲となっていて、オリジナル曲よりも有名な民謡などが歌われるのは仕方のないこと。でも、この日歌われた数少ないオリジナル曲に、「心の声」が披露されたことは大きな喜びでした。私も、とぅじさんもこの曲が大好き。ゆったりとした、ちょっとセンチなメロディが心に響きます。

P1010059

とぅじさんは、ビギンの「イヤサッサ・・・」にはしっくりこないものを感じるそうですが、ちあきさんの歌にはそれを感じないそうです。民謡もポップスも歌いこなす素晴らしい実力があるのでしょう。有り余る才能を生かして、ぜひ近いうちに大ブレイクしてほしいものです。

この日のライブをもって、今年のライブスケジュールはすべて終了。南国沖縄にも、少し涼しい風が吹いてきました。

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »