« ジャンケンしよっ! | トップページ | 花火とショパンと女の子 »

2009年5月 6日 (水)

英国王給仕人に乾杯!

  昨日は、桜坂劇場に「英国王給仕人に乾杯!」を観に行きました。

この映画を観た理由は、とぅじさんが好きなチェコの作品であること、予告編が楽しそうだったこと、などによります。

Photo

だけれども、実際に見てみると、結構重い。軽いタッチで描かれているのでさほど重くは感じないのですが、出てくるシーン一つ一つは結構重いのです。

お金、女、権力、富、戦争。そうしたものに翻弄され、富や名誉を得たとたん仕事を失い、どんでん返しを何度も味わいながら生きていく主人公のヤン。やっと百万長者になったと思ったら・・・。

Photo_2

この映画を観てみると、本当の幸せってなんだろうと、考えさせられます。幸せも不幸も紙一重のところにあるんだな~と思います。今上映中なのであまり詳しくは書けないのですが。

Epsn0046

歴史に弱い私たち夫婦、少し歴史も勉強してもう一度、映像の意味やセリフの意味などを考えながらじっくり見てみたい映画でした。ヨーロッパの歴史、チェコとドイツの関わりくらいおおまかにわかっているとずっと理解力が深まる映画だと思います。

|

« ジャンケンしよっ! | トップページ | 花火とショパンと女の子 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャンケンしよっ! | トップページ | 花火とショパンと女の子 »