« ji ma ma ライブ | トップページ | 長崎の観光と物産展 »

2009年2月22日 (日)

仲間樋川の話

 昨日、私たちが住む浦添市の仲間樋川(なかまふぃーじゃー)と呼ばれる湧水の発掘現場見学会に行ってきました。通常、樋川のことは沖縄では「ひーじゃー」と呼んでいますが、ここは「ふぃーじゃー」と呼ぶのだそうです。主催は、浦添市教育委員会。
老若男女、50~60人ほどが集まる盛況ぶりでした。水への関心の高さがうかがい知れる集まりとなりました。
Photo
仲間樋川は、住宅街に今もひっそりとたたずむ井泉で、昭和10年に水タンクが作られ、1731年の「琉球国旧記」に記述が出てくる大変歴史の古い湧水だそうです。
Photo_2
興味深い話としては、自宅の井戸の中に井戸の水汲みに使う道具を落としてしまったが、数年後にこの仲間樋川から出てきた、というものです。主催者がこの話をしたら、参加者から「それ(道具を落とした人)は私の母です!」との声が。周りから驚きの声があがりました。その方によれば、浦添市ではここ仲間と伊祖に湧水が多いのだそうです。どちらも昔、お城が近くにあったことを考えると、納得のいく話です。
Photo_4
今後の開発の状況によっては、将来的に水が枯れる可能性にも言及していましたが、これからも未来永劫守っていくつもりで水脈を傷づけないように注意を払ってほしいものです。

|

« ji ma ma ライブ | トップページ | 長崎の観光と物産展 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ji ma ma ライブ | トップページ | 長崎の観光と物産展 »