« チェコのペンション桐淵 | トップページ | 2ヶ月ぶりの江洲ファーマーズマーケット »

2008年11月 1日 (土)

まぼろしの邪馬台国

 今日11月1日から全国ロードショーが始まった、「まぼろしの邪馬台国」を観てきました。
私たちが先日訪れた島原を舞台にした映画です。
Mabotai1
主人公は、島原鉄道の元社長であり、島原の子守唄の作者であり、郷土史研究家でもある宮崎康平とその妻、和子。このふたりを、竹中直人と日本を代表する大女優、吉永小百合が演じます。
Mabotai2
破天荒でいったん走り出したら誰も止められない、そんな康平を、竹中直人が過激に演じます。

Yamataikoku

私たちが何よりも楽しみにしていたのは、先月島原を訪れたばかりであり、まだおみやげのお菓子も手つかずで残っているものがある中で、訪れた場所がいくつか映画に登場するということ。そして、かんざらしやら具雑煮やら、食したものもいくつか登場し、それを発見するのも楽しいひとときでした。

島原鉄道100周年の年に、しかも映画が公開になる数週間前に島原を訪れたことなど、これ以上ないタイミングでした。

映画のエンディングは、島原の観光名所めぐりと言えるような風景が目白押し。

まだまだ島原の記憶は遠ざかりそうにもなく、来年の桜の時期にでも再度訪問することができたらな~などと、ちょっとだけ遠い未来に思いを馳せております。

|

« チェコのペンション桐淵 | トップページ | 2ヶ月ぶりの江洲ファーマーズマーケット »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チェコのペンション桐淵 | トップページ | 2ヶ月ぶりの江洲ファーマーズマーケット »