« 埼玉の女子高生はコワイ! | トップページ | 島原湧水の旅~その1 »

2008年10月 5日 (日)

ヨーロッパ音楽紀行

 私がヨーロッパ好きなのは、風景などとは別に、音楽への興味もあります。ハードロックから演歌、民謡まで幅広い音楽の趣味を持つ私は、クラシックもかなり好きなジャンルの一つではあります。今日は、ヨーロッパで出会った音楽のある風景を紹介してみたいと思います。
P1010002
まず最初は、ウィーンのムジークフェライン。ここの黄金ホールと呼ばれる大ホールは、毎年ウィーンフィルニューイヤーコンサートが開かれる会場として有名です。
P1010012
夏の期間は、モーツァルトオーケストラなどのコンサート会場となります。
P1010399
ウィーンの国立オペラ座。私たちが訪れたときは、モーツァルトの魔笛が上演されていました。
Epsn0091

ウィーンフィルとウィーン少年合唱団という夢のような競演が見られる、王宮礼拝堂でのミサ。

Epsn0148
シューベルトのめがねです。
P1010332
ハイリゲンシュタットにあるベートーベンの胸像です。
Epsn0067
カラヤンの故郷、ザルツブルクにある、カラヤンの銅像です。影の伸び方は計算されてのものでしょうか。
Epsn0075
ザルツブルクの街角で見かけた、ロシアっぽい音楽をやっていた人たちです。

049

ザルツブルクの街中で、車いすに乗ってキーボードを弾いていた少女です。とても寒い日でしたが元気。私も少しばかり募金してきました。

Epsn0146
クラシックのイメージが強いウィーンですが、もちろんクラシックばかりじゃありません。街には、U2のポスターも。U2は、現存するバンドでは世界一だと思います。
P1010270
これは、ブダペストの市場のレストラン入り口脇でバイオリンを弾いていたおじさんです。こんな姿も絵になります。

172

パリのオペラ座です。♪ジャーン、ジャジャジャジャジャーン~とオペラ座の怪人の曲が聞こえてきそうです。

P1010124
最後は、スイスのリギ山山頂でアルプホルンをやっていた人たちです。澄みわたる青空と空気にとけ込むアルプホルンのメロディーは、今も忘れられない思い出です。

|

« 埼玉の女子高生はコワイ! | トップページ | 島原湧水の旅~その1 »

旅&音楽」カテゴリの記事

コメント

スイスのこの風景ってまるで映画の中の世界ですね…
って全部が素敵な映画の一部みたいです!
街のあちこちでバイオリンの音が聞こえたり
生活の中に普通に楽器が入ってるのが
とてもいいですよね♪

投稿: ゆう | 2008年10月 5日 (日) 21時39分

ゆうさんへ
日本では街中での音楽って言ったらたいていはギター1本だったりしますけど、あちらではバイオリンとか多いですよね。それでまた結構上手だったりしますからね。ところで、開くのに要する時間は短くなりましたでしょうか?

投稿: どんちゃん | 2008年10月 6日 (月) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 埼玉の女子高生はコワイ! | トップページ | 島原湧水の旅~その1 »