« ヘンなもの発見 | トップページ | 初戦突破だ! がんばれ浦添商業 »

2008年8月 2日 (土)

うたの日カーニバル~その後

 うたの日カーニバルが終わり、もう早いものでひと月が過ぎました。何かと影響されやすい私は、琉球チムドン楽団のCDを3枚、大城クラウディアのCDを1枚、かりゆし58のCDを2枚購入しました。イベントが無料になったのはいいのですが、あとあとの出費が増えたような気がします。ところが、私の高校時代からの親友であるS君が「心の貯金だから」というようなことを言ってくれました。う~ん、いいこと言うねえ・・・。
Kayiyusi

このかりゆし58、ライブを聴いて一気に好きになりました。モンゴル800あたりと音楽的は近いような気がしますが、軽快なロックナンバーでもメロディがどことなく切ない。歌唱力は決して高いとは思いませんが、一生懸命に心からの思いを伝えている、という気持ちが伝わってきます。ヒットした「アンマー」も詩の内容がいいけれど、私は特に「ウージの唄」が好きです。

♪少女は泥だらけの素足で この道を歩きました

 大切な人たちを守る為 鉄の雨に打たれました

 それでもウージは唄う 「憎むより愛せ」と

 悲しみの上に立ち 強く優しく 誇り高くあれと唄う

 嵐の中静かに 生きることの喜びを唄う


という詩のこの曲を聴いたとき、うるうるしてしまいました。

ところで、うたの日カーニバルで、このかりゆし58が登場する際、新里酒造のCMに使われた「そろそろかりゆし」という曲が流れたのをみなさんはお気づきだったでしょうか。私たち夫婦は、「え? この曲ってかりゆし58の曲なんだ」と思いました。あとになってかりゆし58のCDを探してみると、「そろそろ、かりゆし」というタイトルのアルバムがあるので早速買って聴いてみたけど、この曲が入っていない・・・。昔、この曲のCDを見たとき、2人だったような気がするんだけど、かりゆし58って3人だし・・・などといろいろと疑問に思い調べてみると、あの曲はACKEE & SALTFISHという、名古屋出身の双子のデュオの曲だということがわかりました。どうしてあのとき、まったく別の人たちの曲が流れたのか。かりゆしつながりで使わせてもらった、とか、スタッフが間違えて流してしまった、とか、いろんな仮説を述べあっていますが、どれも釈然としません。どなたかおわかりの方がいたら教えてください。

|

« ヘンなもの発見 | トップページ | 初戦突破だ! がんばれ浦添商業 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘンなもの発見 | トップページ | 初戦突破だ! がんばれ浦添商業 »