« はっぴ~ば~すでぃトラッキー | トップページ | 夏バテの予感 »

2008年7月 2日 (水)

あれから1周年~死の淵からの生還

 今日7月2日は、私がくも膜下出血をやってからちょうど1年です。1年前のこの日、夕飯を済ませて「鶴瓶の家族に乾杯」を見ながらバランスボールによりかかってくつろいでいた私の後頭部を、突然激痛が襲いました。痛みにのたうち回っていると今度は吐き気が。トイレで吐いていると、妻がこれは絶対おかしい、と判断し、救急車を呼びました。そして、我が家の近所である浦添総合病院に運び込まれたのです。

運び込まれたばかりのことは覚えているのですが、次に気付いたときは、すでに手術を終え、運びこまれて2日もたったあとでした。集中治療室で長いこと過ごし、約2週間後に一般病棟に移ったのですが、治療中に「水頭症」を発症してしまいました。頭に水がたまり、記憶障害や失禁(つまり、おもらし)を発症する病気で、確かにその頃は記憶があいまいだったり、トイレは、便意をもよおしてからでは間に合わないことも多々ありましたので、おむつ生活でした。記憶のことは、認知症と同じような症状で、1日の中で覚えていること、いないことが混在しています。40日近い入院生活を終え退院したのですが、それから少しして今度は左手に麻痺が起きました。ご飯をこぼし、それを拾おうとしたのですが、うまくつかめません。何日か同じようなことが続き、念のため医者に連絡したところ、すぐ検査入院ということになりました。そして、検査の結果は、最初の手術のときに処置ができなかった動脈瘤が大きくなってきて神経を刺激している、とのことで、すぐにまた手術をすることになりました。沖縄県ではトップクラスと言われる先生が琉球大学から来て、手術をやってくれました。

よく、人から「大変だったでしょう」と言われるのですが、本人はそれほど大変なことだったとは認識していないのです。こんなことを言うと、家族に叱られますが。

入院中の主な出来事と言うと。

①自民党大敗。安倍総理やめるのやめないのの大騒ぎ。

②朝青龍事件。処分が下り、モンゴルに帰るの帰らないのの大騒ぎ。

③時津風部屋力士死亡事件。親方に責任があるのないのの大騒ぎ。

④阿久悠死去。

そして、小島よしおを知ったのもこの頃でした。大騒ぎ事件が立て続けに起きて、ワイドショーなどは話題には困らなかったはずですが、ほとんどTV見放題状態に私にとっては、どのチャンネルも同じ話題なのでいささか退屈でした。

Epsn0046

この写真は、まさに倒れる2時間くらい前に撮った写真です。

Epsn0179

そして、これが1周年の今日の写真です。あの日と同じような、きれいな天気です。

Epsn0180

そして、真ん中奥に見えるのが、命の恩人、浦添総合病院です。

Epsn0063

頭の傷は、こんな感じでした。手術直後は、病院内で面会に来た方からも、その傷はどうしたの?と聞かれるほどのひどい傷でした。

くも膜下出血は、高血圧が主な原因で、高血圧は、肥満やストレスによって引き起こされるそうです。確かに数年、血圧の下が高い状態は続いていたのですが、倒れる数ヶ月前からはストレスを抱えていました。一度、後頭部に強い痛みが走ったことがあり、整形外科に行ったことがあったのですが、今思えばこれが前触れだったような気がします。退院してからは、毎日血圧を測り、記録し、グラフ化しています。妻も、食事には気を配り、塩分やカロリーなどを考えながら料理をしてくれています。東京からわざわざ駆けつけてくれた高校時代からの親友S君、直接会いには来てくれなくても物心両面からいろいろと気を遣ってくれた職場の仲間達。その他、妻の友人達、両親にまで心配をかけてかけてしまいました。

でも、医師をはじめ病院のスタッフにもめぐまれ、妻の献身的な看病も受け、ずっと減らなかった体重も入院中に10キロも減り、健康への意識が格段に高まったのですから、感謝、感謝、感謝です。

今思えば、幸せな人生です。1年前に死ななかった、ということだけじゃなく。

|

« はっぴ~ば~すでぃトラッキー | トップページ | 夏バテの予感 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

1年経ったのですね。お会いしたときはこんなに大変な状態だったとは想像もできないくらいお元気でしたね!!ぐしともさんからのご報告でも大変な様子は伝わりましたがどんちゃんさんがこれをいい機会ととらえて感謝している様子に感動しました。こういう気持ちがあれば病気もきっとこわくないんですね…しないにこしたことはないけれど…。夏バテくも体からの休憩のサインと思ってリラックスして過ごしてくださいね!!

投稿: ゆう | 2008年7月 6日 (日) 18時17分

ゆうさんへ
コメントありがとうございます。先生からは「(破裂した場所が良かったので)運が良かったんだよ」と言われましたし、知人からは「生命力の賜だ」と言われました。自分では自分の生命力って言われてもわからないので、まあとりあえず運がよかったということにしておきましょう。でもホント、今回の病気には感謝しているんですよ。

投稿: どんちゃん | 2008年7月 6日 (日) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はっぴ~ば~すでぃトラッキー | トップページ | 夏バテの予感 »