« みちのく家族旅~前編 | トップページ | みちのく家族旅~番外編 »

2008年5月20日 (火)

みちのく家族旅~後編

 お墓参り当日。私たちは、“餃子の街”宇都宮で、母・兄と待ち合わせです。まずは、餃子像を探しました。ビーナスをモチーフに大谷石で造ったものらしいのですが・・・。凡人にはよくわかりません。

Epsn00971

少し待ち時間があったので、みんみんで餃子を食べることにしました。

Epsn00991

焼き餃子と

Epsn01001

水餃子です。オープンの10時にはすでに行列ができているほどの人気店ですが、私にとっては普通の味でした。

お墓参りを済ませ、今回のお泊まりは、三春駒で有名な三春町の若松屋旅館です。

P10102201

温泉旅館が林立しているような地域ではないので、逆に落ち着いていい感じです。

三春町は、桜、梅、桃の3つの花が同時に咲き、春が3つ同時に来るということで「三春」と呼ばれているのだそうです。とってもほのぼのとします。今後、市町村合併などがあっても、この地名だけは残してほしいと思います。P1010242

城下町の名残のある中心部は、趣のある建物が続きます。

P10102461

郵便ポストの上には、三春駒が鎮座(?)しています。

P1010241

これはお寺か何かの門かと思いきや、三春小学校の校門でした。

私の兄は、目的地までの行き方や所要時間といった基本的なことを調べるのは苦手ですが、「行きたい」という欲求をかなえる行動力はかなり旺盛です。昨年も、突然「喜多方ラーメンが食べたい」と言いだし、会津から行ったまではよかったのですが、どの店に入るか、店選びにも時間がかかり、結局、墓参り後、親戚の家に上がることもなく南下するハメになったのです。あげくは、スピード違反で検挙されるというおまけ付きです。今年も、「あぶくま洞に行く」と言いだし、道路標識だけを頼りに行くハメになりました。

Epsn01401

あぶくま洞は、山の中腹標高400mほどのところにあり、空気も少しひんやりしていました。

Epsn01421

1本だけあった桜が、風になびいて花びらがひらひらと舞っています。沖縄の桜しか見たことのないとぅじさんにとっては、初めての経験でした。

洞内の気温はだいたい15℃、沖縄の冬並みの寒さです。

Epsn01471

所々にライトアップされ、YESやASIAのアルバムデザインを手がけるロジャーディーンの世界のような、幻想的な世界が広がります。

Epsn01481

ここから磐越道~常磐道を経て羽田に向かい、無事、2泊3日の旅を終えました。

最終便だというのに到着が遅れ、どっと疲れてしまいました。

|

« みちのく家族旅~前編 | トップページ | みちのく家族旅~番外編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みちのく家族旅~前編 | トップページ | みちのく家族旅~番外編 »