« 絶海の孤島への旅②~南大東島の大東犬 | トップページ | 水の旅 in 南城市 »

2008年5月 1日 (木)

ヨーロッパ水紀行

 今日のブログは、リベラのロクスイステをBGMにお送りします。

ヨーロッパ水紀行は、BS日テレで放送されている、我が家の人気番組。ヨーロッパの美しい街並みと水のある暮らしが紹介されています。

003

ロンドンのテムズ川と、その向こうに見えるビッグベンです。テムズ川は川幅が広くて、荒川とか隅田川を思い浮かべました。

Photo

モーツァルトやカラヤンの生まれ故郷、ザルツブルクの新市街と旧市街の間を流れるザルツァッハ川と、水面に映る旧市街の夜景です。

P1010330

ウィーン郊外にある、ハイリゲンシュタットのベートーヴェンの小径を流れる小川です。ベートーヴェンは、この辺りを歩きながら曲想を練ったと言われています。

P1010345

そして、ベートーヴェンの遺書の家裏手にある井戸。もしかしたら、ベートーヴェンもここで水汲みとかしたんだろうか?などと考えただけで楽しくなってきます。ちなみに、残念ながら水は枯れていました。

064

ノルウェーの港町、ベルゲンの様子です。フィヨルドの残る所として有名です。

080

ベルゲンからフィヨルド観光の途中にあるショースの滝。電車はここで5分ほど停車します。089

フィヨルドを巡っていると、無数の滝に出会います。名前のない滝などもたくさんあるのではないでしょうか?

107

ベルゲンからオスロへ向かう途中の駅前です。湖以外になにもありません。

133

スウェーデンのストックホルムです。向こうに国会議事堂があります。水からにょっと手が出ていて、一瞬びっくりしました。この手には一体、どんな意味が?

139

ストックホルムの街並みの美しさには、ホントに涙が出そうでした。

086

パリのチュイルリー公園の池を泳ぐ鳥。非常に慌ただしいパリですが、別世界のようにのんびりとしています。

106

スイスのシャフハウゼンにあるライン川の滝です。近くに行くと、ものすごい水量に圧倒されます。

P1010382

ウィーンの王宮内にある水汲み場(?)です。

P1010383

上の写真のアップです。

P1010173

チェコのチェスキークルムロフにあった湧き水(?)です。動物(犬?)の口から、チョロチョロと水が出ていました。上の文字は、「飲むな」とか書いてあるのでしょうか?

P1010086

プラハのプラハ城内部にあった水汲み場です。

P1010258

ブダペストの温泉ホテル、ゲッレールト前です。飲めるのかどうかよくわからず、「飲めるのかい?」と聞いてきた人もいましたが、とりあえず飲んでも平気でした。

P1010220

ブダペストの漁夫の砦付近にもこんなものがありました。温泉の街だけに、水道水なのか、温泉なのかよくわからないところが残念ではあります。

|

« 絶海の孤島への旅②~南大東島の大東犬 | トップページ | 水の旅 in 南城市 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 絶海の孤島への旅②~南大東島の大東犬 | トップページ | 水の旅 in 南城市 »