« かしこいショパン | トップページ | つつじ祭 »

2008年3月21日 (金)

2度めの一人旅

 某年11月、2度目の一人旅をしました。国内旅行では高校時代に九州一人旅の経験がある私ですが、海外も行ってみれば意外と平気なもんだな~などとのんきな感想を持ちました。行った国は、スイス。しかも、たったの3泊4日でした。チューリッヒ1泊、ブルンネン2泊という日程です。

Photo

まずは、ライン川の滝、シャフハウゼンに行きました。人がまばらで寂しく、雪も降ってきたので心細かったのですが、滝の迫力に圧倒されました。人目を気にせず、キスをしているカップルがいます。

Photo_2

そのあと行ったのが、ブルンネンです。日本人観光客にはあまり馴染みがないかも知れません。ホテルの入り口にも、「zimmer frei」(空き部屋あり、の意のドイツ語)と、ドイツ語しか書かれていなかったのです。外国人が訪れるのも珍しいのかも知れません。家族経営らしいホテルの奥さんは英語を話しましたが、ご主人はドイツ語しか話せない感じでした。目の前の湖から、船でルツェルンに行くこともできます。

Photo_3

ブルンネンの駅からはこんな風景が見られます。双子の山だったか、そんな呼び方をされていたかと思います。

Eiger2

ブルンネンから1時間ほどで、アイガーなどのベルナーオーバーラントが望める、ピラトゥスに行くことができます。この日も、遠くてわかりにくいのですが、アイガーが見えています。

1581

ピラトゥスに上る、ゴンドラです。まっ赤な色が銀世界に映えます。

Pilatus

ピラトゥス山頂から、左下にルツェルンの街を望みます。

Photo_4

あまりに寒くて、格好のことにこだわっていられませんでした。あとで見ると、なんて恥ずかしい格好!と思うのですが。

Photo_5

ルツェルンの街です。初めてここを訪れて、すぐに好きになりました。一目惚れです。こんなに美しい街があるのだろうか?と思えるくらい、美しい街です。

このときの旅は、あまり公にせずに行ったためか、奇妙な夢を見て熟睡できませんでした。でもまた、事情が許せば、一人旅なんてものをしてみたいものです。

|

« かしこいショパン | トップページ | つつじ祭 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

1枚目の迫力の写真にしばし見入ってしまいました…。どの写真もなんというか…迫力がありますね!標高が高そうですが呼吸とか体調とか大丈夫なものなのでしょうか?!
ルツェルンの町、白鳥がいていかにも素敵!私も行ってみたいです!

投稿: ゆう | 2008年3月23日 (日) 21時07分

ゆうさんへ
シャフハウゼンの滝は、夏の方が水量が多く迫力があるそうです。ピラトゥス山はせいぜい2千メートルくらいなので特に何もありませんでしたよ。ルツェルンは、本当に美しい街でした。次行くことがあればぜひここで泊まりたいと思っています。

投稿: どんちゃん | 2008年3月23日 (日) 22時00分

ゆうさんへ
追伸:ピラトゥス山では、カラスが観光客の頭に止まったりしてましたよ。

投稿: どんちゃん | 2008年3月23日 (日) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かしこいショパン | トップページ | つつじ祭 »